FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

江戸猫 浮世絵 猫づくし(稲垣進一、悳俊彦)

江戸猫 浮世絵 猫づくし江戸猫 浮世絵 猫づくし
(2010/05/15)
稲垣進一、悳俊彦

商品詳細を見る

国芳一門の浮世絵を中心に、「猫づくし」の一冊。暁斎の猫もちらり。切手になった猫の絵も(「名所江戸百景 浅草田甫 酉の町詣」)。

芳藤の「しん板 猫のあきんどづくし」が、江戸の町を往来していたあきんどの姿もほうふつとさせて、おもしろかった。同じく芳藤の「しん板 猫尽両めん合」という、切り抜いて裏表を竹ひごなどはさんで貼り合わせて遊ぶためのおもちゃ絵もなかなか。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ