FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

限界集落 吾の村なれば(曽根英二)

限界集落限界集落
吾の村なれば

(2010/04/23)
曽根 英二

商品詳細を見る

ハンズオン!埼玉の西川さんが実家に戻ったときに図書館で借りて読んだそうで、私も図書館から借りてきて読んでみた。西川さんのうまれ故郷もそうだが、「中山間地域(ちゅうさんかんちいき)」、都市でも平地でもないところの話である。日本の7割は、この中山間地域。多くの場合、そこは過疎の村で、高齢化率はひじょうに高く、学校が閉じられていっている。

「心の過疎」の話が、ぐぐぐっときた。「何もない」と言い、子どもらに帰ってくるなと言い、住んでいる場所に誇りをもてない心。
スポンサーサイト



すれ違う背中を(乃南アサ)

すれ違う背中をすれ違う背中を
(2010/04)
乃南 アサ

商品詳細を見る

『いつか陽のあたる場所で』の続編。マエ(前科)持ちの女ふたり・芭子と綾香が主人公のシリーズ。「あそこ」にいたことは知られてはならないと日々緊張しながらも、ふたりはそれぞれ暮らしをたてていくため、はたらく。芭子はペットショップでのアルバイトで、ひょんなことからイヌの服づくりを始める。「あそこ」で身につけた縫製の手が、こんなところで身をたすける。綾香はパン屋ではたらきながら、自分で店をもつことを目標に倹約して暮らす。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ