FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

母ひとり、娘ひとり(大沢あかね)

母ひとり、娘ひとり母ひとり、娘ひとり
(2009/02)
大沢 あかね

商品詳細を見る

テレビをあまり見ないこともあって、大沢あかねが誰なのかもはっきりしなかったが、こないだ「インタビューズ」の読書会うち合わせのときに、大阪出身の人の話になって、この本のこともチラと出たので、借りてきて読んでみた。

「お父さんな、銭湯行ったまんま帰って来ぉへんねん」

二歳の冬、公団の団地の狭い風呂場で、ボカスカと大喧嘩をしていた両親の姿が、大沢あかねの最初の記憶だという。その翌朝から、父は銭湯に行きっぱなし。離婚という言葉を知るのはずっと後のこと。「お父さんは本当はどこに行ったんやろう?」と子どもながらにぐるぐる考えていたものの、お父さんの話題はタブーであると感じてもいたあかね。

…読みはじめた最初は、小説やと思いこんでいたが、著者の名前と登場人物が同じなので、これは自伝的小説ってやつかと思いながら途中まで読んで、ふと図書館のラベルを見たら778.2。芸術?映画?ともかくフィクションではないのだった。
スポンサーサイト



希望のがん治療(斉藤道雄)

希望のがん治療希望のがん治療
(2004/10/15)
斉藤 道雄

商品詳細を見る

「べてるまつり」に出かけた浦河では、『治りませんように―べてるの家のいま』の著者・斉藤さんの「いきだおれ荘」に泊めてもらった。

滞在中の食費などを払ったら、斉藤さんがどれでも本を一冊どうぞとおっしゃるので、本棚にたくさんあった『希望のがん治療』をいただいた。帰りのヒコーキの待ち時間に半分くらい読んで、大阪へ帰り着いてから読んでしまった。

「がん」というと、10年前に同居人が入院して手術した骨の腫瘍のことや(骨の腫瘍は、厳密には「がん」とはよばないらしいが)、亡くなったi先生のがんのことを思う。近いところでも、伯母さんのがん、伯父さんのがん、同居人の母上のがん、友人知人のがんなど、見聞きしている例はたくさんあるし、私自身も10年ちょっと前に小さいポリープをとって(今となっては、この切除手術はすぐしなくてもよかったよなあと思う)、その後もたまにがん検診をやられては「細胞の顔つきがちょっと…」てなことを言われていた。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ