FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

すっぴんは事件か?(姫野カオルコ)

すっぴんは事件か?すっぴんは事件か?
(2008/11)
姫野 カオルコ

商品詳細を見る

雨の降り続くなか、借りてきた本を次々読む。この本は、出た頃にタイトルは見ていたが、わりと次々に借りられていったりしていて、そのうち忘れていた。そういや、こんな本あったなーと、今日書架をぶらぶらしていて思い出す。

パラっと「はじめに」を読んだら、ちょっと読もうかという気になって、借りてくる。
▼…すっぴんや化粧や美容について首をかしげるのではない。
 「そういうことになっていること」について首をかしげる、これはそんなエッセイ集です。(p.3)
スポンサーサイト



結婚ぎらい(田辺聖子)

結婚ぎらい (光文社文庫)結婚ぎらい
(2009/09/08)
田辺 聖子

商品詳細を見る

雨が降り続くなか、図書館1へ行き、本を返して、図書館2へ行き、本を返して借りて、図書館1へまた戻って予約していた本を借りて帰る。

久しぶりに田辺聖子の小説を借りる。新装版と書いてあるから、前に出た本なのだろう。「男がキライなものをあつめてみた」という短編集。「オカルトぎらい」「結婚ぎらい」「人妻ぎらい」「家庭ぎらい」「処女ぎらい」「魚ぎらい」「サムライぎらい」。

いつやったか、コレ前に読んだなーという話もあったけど、また楽しく、うひうひと笑いつつ読む。

技法以前─べてるの家のつくりかた(向谷地生良)

技法以前─べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく)技法以前
─べてるの家のつくりかた

(2009/10)
向谷地 生良

商品詳細を見る

この本も医学書院のシリーズ「ケアをひらく」の一冊。帯に「私は何をしてこなかったか」とある、向谷地さんの本。「何をしてきたか」ではなくて「何をしてこなかったか」というところに、べてるの家のつくりかたがあるのだと思う。

どの章も、おもしろくてびっくりしてナルホドーと思ったり、ホンマかいなと思ったりする話が満載だが、そのなかでもとくに「プライバシー」のことと「質より量」のことを書いたところが私にはおもしろかった。

命いとおし 詩人・塔和子の半生(安宅温)

命いとおし―詩人・塔和子の半生 隔離の島から届く魂の詩命いとおし―詩人・塔和子の半生
隔離の島から届く魂の詩

(2009/01)
安宅 温

商品詳細を見る

塔和子の名は詩集『いのちの詩』で知っていた。数年前には、塔和子を描いたドキュメンタリー映画「風の舞」も見たことがある。

この本は塔和子の詩と半生を紹介したもの。子どもの頃にハンセン病感染がわかり、塔和子は瀬戸内にある島の療養所・大島青松園へ入った。家族や故郷との縁を切られてしまう患者が多かったときくが、塔和子のもとには父が何度となく見舞いに来てくれている。ただ、父と母は、和子のきょうだいには「和子は養子に出したのだ」という話をつくって聞かせていたから、塔和子が弟たちと会えたのは、父が亡くなる頃だったという。

療養所では、赤松正美と結婚している。ハンセン病の隔離療養所では、断種手術を結婚の条件とした。
▼伝染病であるからこそ、隔離をしたのに、断種手術をするということは、遺伝病でもあるという錯覚を庶民に植え付けた。(p.138)

ジェミーと走る夏(エイドリアン・フォゲリン)

ジェミーと走る夏 (ポプラ・ウイング・ブックス)ジェミーと走る夏
(2009/07)
エイドリアン・フォゲリン

商品詳細を見る

ヨソのブログで、ちらっと表紙画像を見て(走る話かなー)と思い、もしかして『ハートビート』みたいな話かなーとも思ったりして、近所の図書館にあったので借りてきて、積んでいた。

読みはじめは、訳文がビミョウに自分にあわないようで、ちょっとのらなかった(「翌朝」に「よくちょう」といちいちルビが振ってあるあたりがとくに)。おしまいまで読まずに返すかなと思いながら、しばらく読んでいると、だんだんやめられなくなってきた。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ