FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

カリンバ/紙芝居劇むすび

カリンバ
「紙芝居劇むすび」「ひきたま」さんのコラボ公演@パンと喫茶「松波」にでかけて、ひきたまさんが弾いていた楽器「カリンバ」の、小さいやつを、ひきたまさんのCDとどっちにするかさんざん思案のあげくショウドウ買い(それは衝動なのか?)。
スポンサーサイト
Genre : 日記 日記

自由のための文化行動(パウロ・フレイレ)

自由のための文化行動 (A.A.LA教育・文化叢書 7)自由のための文化行動
(1984/01)
パウロ・フレイレ

商品詳細を見る

つい先日、たまたま機会があって、ある小学校へ入ることができた(知人の手引きで、関係者の顔をして)。久しぶりに学校という場所へ入って、センセイって独特の存在感があるなあと思った。「前へならえ」と一声で、子どもはさっと手を伸ばし、「○年生、入りなさい」と言われると、ぞろぞろ子どもは動く。

こういう「関係」のなかで毎日まいにちを過ごしていると、そうでない「関係」のあり方って、なかなか出てこないやろうなーと勝手に思ったりした。

こんなことを思ったのは、私がちょうどパウロ・フレイレの本を読んでいたからかもしれない。『自由のための文化行動』は、大学にいた頃に読んだフレイレの本のなかで、私が図書館から何度か借りて読んだ一冊。里見さんの『パウロ・フレイレ「被抑圧者の教育学」を読む』を読むのと前後して、図書館から借りてきた(近所の図書館にはなくて、ヨソからの相貸できた)。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ