FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

さくら(西加奈子)

さくらさくら
(2005/02)
西 加奈子

商品詳細を見る

こないだ社納さんが借りて読んでみたとブログに書いてはったので、私も図書館で借りてきてみた。私は図書館で借りたので帯などは当然なく、ペカッと光るブッカーにつつまれた単行本だったが、社納さんは人から借りたそうで、えらいうっとうしいような惹句がテンコモリの帯がついていたらしい。

これがけっこうな長さの小説で、布団で本を読んでいてついつい夜更かしする、というようなことが最近とんとなくなっている私は、途中まで読んでは寝てしまい、途中まで読んではまた寝てしまい…何日かかかって読んだ。一日でイッキ読みしたらまた違う印象になるような気もしたが、たらたらと長い小説やなあという印象が残った(単行本で400ぺージ近くある)。

じつに不思議な話。ある家族の、長い長い長い話。タイトルが何で「さくら」なのか、話に出てくる犬の名は「サクラ」なのだが、ひらがなとカタカナの違いは何やろうかと、そんなことが気になるのだった。

佳作だと思った。

ロボットのおへそ(稲邑哲也)

ロボットのおへそ (丸善ライブラリー)ロボットのおへそ
(2009/01/24)
稲邑哲也・瀬名秀明・池谷瑠絵

商品詳細を見る

こないだ同居人が購読してる『日経サイエンス』の古いのをもういらんというので、古雑誌の本の紹介ページだけぴらぴらと見た。ちょうど1年くらい前の号で、新人さん向けの本、というようなラインナップで本がばーっと紹介されていた中にこの『ロボットのおへそ』も載っていた。たまたまフェミックスのシャチョーと姓が同じ人が著者なので、そこのところがちょっと印象に残った。でもチェックしておいて借りてみようとまでは思わなかった。

その日、図書館へ行ったら、比較的新しい本が面出しされているところに、この本があった。お、あの『日経サイエンス』に載ってた本やんかと思い、めずらしく貸出カードに空きもあったので、これも何かの縁だろうと思い借りてみた。晩ご飯のあとに、ちょっと読みはじめてみたら、これがなかなかおもしろくて、その日のうちにしまいまで読んでしまう。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ