FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

生きなおす、ことば(大沢敏郎)

生きなおす、ことば―書くことのちから 横浜寿町から生きなおす、ことば
―書くことのちから 横浜寿町から

(2003/10)
大沢 敏郎

商品詳細を見る

『パウロ・フレイレ「被抑圧者の教育学」を読む』の巻末に、関連本がいくつか載っていたうちの一冊。そこに載っていた数冊のうち、里見さんの『学校でこそできることとは、なんだろうか』にも興味があるのだが、あいにく近所の図書館にはなく、所蔵のあった『生きなおす、ことば』を先に借りてきて読んだ。

大沢さんが、梅沢小一さんとのことを書いているところ。ここがいちばん心に残った。大沢さんの識字に対する姿勢を根底からくつがえし、ただしてくれたのが梅沢さんだという。

識字の時間のさいごには、書いた文章をそれぞれが読む。梅沢さんが書いたなかで、読みかたのわからなかった言葉があった。梅沢さんがその文章を読むのを聞いて、大沢さんは「おかさん」の読みかたを知る。

▼梅沢さんの涙声が、ピンとはりつめた部屋にひびき、十七枚目のその場面になった。大きく息をすいこんだ梅沢さんは、今、亡くなっていったお母さんを呼びもどそうとするかのように、机から身をのりだしてのぞきこみ、部屋が割れんばかりの大きな声で「おっかさーん」と叫んだ。全身のちからをふりしぼった長い余韻の叫び声だった。(p.29)

その梅沢さんの語りを聞いたあと、大沢さんは胸がどきどきして、「ああ、どう読むのかを聞かなくてよかった」と思った、と書いている。そして自分が受けた学校教育とはこういうものだったのだ、と書く。

夜露死苦現代詩(都築響一)

夜露死苦現代詩夜露死苦現代詩
(2006/08/30)
都築 響一

商品詳細を見る

「インタビュ-ズ」のインタビューの6人めに出てきたのが都築響一だった。この人は、ほれ、あれ、あの『誰も買わない本は誰かが…』とかいう長いタイトルの本の著者だ(ほれ、あれ、あの…『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』…ここから小沢昭一の放浪芸方面の本やCDに手を出したのだった)。

「インタビュ-ズ」に都築響一が出てきたなーという頃に本屋で文庫棚をみていると、ちくまの新しいのに『夜露死苦現代詩』があった。

「夜露死苦」で「現代詩」に手をのばす。ものすごく字が多い、厚い文庫だが、むらむらして買いそうになる。買う?買う?買う? しばし迷った末に、ひとまず図書館にあった単行本を借りてくる。お、文庫と装丁が違う。

インタビューズ(大阪旋風プロジェクト)

インタビューズ「インタビューズ」というフシギな冊子をココルームの上田假奈代さんに見せてもらったのは、3/20に行った「いまここで、生きていく。力と工夫とつながりと」の時だった。

ウサギとカエルの人がやってきてねー、とおかしげに話す上田さんの手に、そのウサギとカエルの人が表紙の冊子。上田さんほか6人の話が入っている。数があまりなくて、いま差し上げられないのということだったので、探してみようと思ったが、なかなかうまくめぐりあえず、そうこうしているうちに社納さんが、よぶんに手に入ったのでと4月の初めに「インタビューズ」を送ってくれはった。届いた日に、仕事の合間に上田さんの話を読んだあと、2日くらいですぐ読んでしまった。

仕事そっちのけで読みそうになるくらい、ヘンでおかしくて、おもしろかった。ヤスデ80匹こうてるという池内さんとか、家賃が破格値でボロボロの長屋を自分でいろいろさわって住んでる(彼女にはお化け屋敷みたいと言われてると)こんたくとごんぞさんとか…こういう人が大阪におるんやなあと思うだけでも、なんかほっとする。

これを読んだ人と、いろいろしゃべってみたいと思った。手に入りにくいならまわし読みしよかなーと思う。

ツイッターで、こんなん配信予定です

こんどの週末(4/24)に横浜でこんなんあります。
ぐるぐるしそうでキケンなので私はツイッターのアカウントは今のところつくってないのですが、アカウントがなくても配信は見られます。
私は、現地ではなく、画面のこっちから見る予定です。

『We』を応援する「Weの会」が、(財)横浜市男女共同参画推進協会とともに企画・主催するイベント、男女共同参画担当大臣と若い女性との対話「福島みずほさんとガールズの語る会」が近づいてきました。

日時:2010年4月24日(土) 14:30~16:00
会場が狭いので、当日はツイッターでライブ配信を予定しています。
http://twitter.com/forum_girl

若い女性の働きづらさ、生きづらさをこえて、みんなで新しい何かを創り出せる社会に☆という対話の場が実現。

若い女性たちの声、そして福島みずほさんとの対話。
ぜひ配信をご覧ください。
http://twitter.com/forum_girl
ツイッターのアカウントをお持ちでなくても、インターネットにつながる環境があれば、配信を見ることができます)

イベントの企画内容についてはこちら
働きづらさ、生きづらさに悩むガールズを応援しようという横浜市男女共同参画推進協会の講座・相談についてはこちら
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ