FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

『We』165号は明日発送

『We』165号は、定期購読のみなさまあて、明日(4/1)東京より発送です。

特集:自分が生きやすい社会をつくろう
We165号【インタビュー】稲葉 剛さん
住まいの貧困の問題でつながる
【講演録】白崎一裕さん
オカネは基本的人権だ─希望の原理としての所得保障[1]
【インタビュー】川崎那恵さん
人との出会いが、自分の生きていく力になる
【インタビュー】田中喜美子さん
駒尺喜美─希代のわがまま者の魅力
買いたい方は表紙をクリック
この号だけの購入もOK! 1冊800円(送料80円)。
お近くの方はウチからも買えます。

くわしい目次はこちら
「乱読大魔王日記」は、斉藤道雄さんの『治りませんように─べてるの家のいま』(みすず書房)を紹介。
スポンサーサイト



催しいろいろ

「ブックマーク」73号の最終頁“みんなのしおり”でもご案内の催し:

中畝治子 中畝常雄 日本画 二人展
  中畝治子 中畝常雄 日本画 二人展
会期:2010年3月31日(水)~4月5日(月) 13 時~19時(最終日は17時まで)

BIJNの集会で手に入れた本や資料など

26(金)、27(土)のBIJNの集会で手に入れた本や資料など。
BI_books.jpg
Genre : 日記 日記

いまここで、生きていく。 力と工夫とつながりと(3/20、南方)

3月20日に、もと南方人権文化センターであった「いまここで、生きていく。力と工夫とつながりと」は、釜の紙芝居劇「むすび」「かま凹バンド」が目当てで行った。

100320.jpgそのパフォーマンスや歌のほかに、倉田めばさんくびくびカフェのお二人の話、そして栗原彬さんを交えてのトークも、舞台に置かれたコタツでみかんを食べながらというゆるさもあいまって、よいものだった。

前の日の晩につくられたという手作り看板が、舞台にはかけられていて、そのもとで、トークがあり、紙芝居劇があり、音楽があった。いい感じの場だった。

たまたま前日の19日に、「グローバル・コミュニケーション」というのと手話通訳がつくという興味で見物にいったみんぱくのイベント「ベリーダンスが世界をゆらす」が、カネをしっかりかけた看板がかけられ、これもカネがかかってそうなファイルに挟んだ資料を渡される、という場だったのとひじょうに対照的だった。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ