読んだり、書いたり、編んだり 

「ブックマーク」73号ができました

「ブックマーク」73号「ブックマーク」73号が、半年ぶりにできました~

このミニコミのメインは、読者による「読んだ本・おすすめ本・これから読みたい本」のアンケート。73号では、小学1年生から大人まで、津々浦々のいろんな読者が、それぞれ好きに「本」を語っています。A5判のリソグラフ刷り。

読んでみたい方には、1部200円(送料込み)でお分けします(代金は小額切手の郵送でOK)。ご希望の方はこちらまで送り先をご連絡ください。
※定期購読の方には、週明けに届くと思います。
Genre : 日記 日記

目に温湿布

水曜はかなり目が痛くて、どないしようかと思ったが、木曜はちょっと運動してみたり、ときどき目に温湿布をしてみたりが多少は効いたのか、フェミックス財政のための請負仕事(某報告書づくり)を長時間こりこりとこなすことができ、一段落したのでちょっと安堵。

晩ご飯のあと、再びパソコンの前に戻って「ブックマーク」のために一文を書く。何を書こうかなかなか決まらず、仕事の合間にもうろうろしていたが、こないだの図書館での本ネタは楽しかったなーというのを思い出して書く。

夜中までかかって書き上げ、ふと本棚を見て、内田善彦の『ことばと音、そして身体』が目に入る。『詩と死をむすぶもの』から、『医療と言葉』をまた読もうと思っていたが、そういえばこの本もあったなと思い出す。

ことばと音、そして身体 内田義彦セレクション (2)ことばと音、そして身体
内田義彦セレクション (2)

(2000/07)

商品詳細を見る
Genre : 日記 日記

目が痛い

昨日の晩あたりから、
目が痛い。
今日は目薬をさしながら仕事。
それにしても目が痛い。やばーいやばーいやばーい

今日の大阪はぬくぬくで、昼間はちょっとあついくらいだった。
図書館で、前に読んだ『日本人が知らない恐るべき真実』の著者・あべさんの地域通貨の本を借りてみる。

ボクらの街のボクらのお金 だれでもわかる地域通貨入門―未来をひらく希望のお金

それから、図書館にない本『「健常」であることを見つめる―一九七〇年代障害当事者/健全者運動から』と、これも図書館になかった平田俊子の詩集『ラッキョウの恩返し』をリクエスト。

今日の手話サークルでは、前にNHKで放映された番組を録画したビデオ「手の言葉で生きる」を見た。たしか、放映された頃にもサークルで見た。

この社会でろう者が生きていくうえで、手話も必要、でも日本語も必要、その立場でつくられた番組。ろう者のことば「日本手話」で、異なる言語体系をもつ「日本語」を教える方法はまだ確立されていない。先生たちの試行錯誤、とくにこの番組に出てくる、ろうの加藤先生のその後の実践を知りたいなと思った。
Genre : 日記 日記

病の語り(ビデオインタビュー)

ほんのミニコミ「ブックマーク」平日にパソコンの前でかなりの時間を過ごして目を酷使しているため、土日はどちらかといえばパソコンに近寄らないようにしているが、「ブックマーク」をつくるにあたり、そんなことは言ってられないので、土曜も日曜も休み休みではあるが、パソコンの前にやってきて、編集作業をすすめる。昨晩も、第一部の「仕事」を店じまいして、晩ご飯を食べたあと、またパソコンの前に戻って、第二部の「しごと」。本のアンケートの書誌情報のチェックもすみ、「表紙のしおり」についてさらさらと書き、母の書いた古文書も入力し、その古文書についてのコメントも書いた。目がパシパシする。あとは自分の分を書くだけ。

今日は、こないだ読んだ『詩と死をむすぶもの』のエントリを読んだ人から、「病の語り」のビデオインタビューを教えてもらった。
Genre : 日記 日記

コミットメントの力 人と人がかかわるとき(三砂ちづる)

昨晩と今日の昼間は、「ブックマーク」本体の支度。読者のみなさんが送ってきてくれはる「こんな本を読んだ」「これが面白かった」「こんどこの本を読むつもり」といった本のアンケートを整理して、書誌情報(タイトルや著者名)の確認。ネット検索ができるようになって、だいぶ楽になった。時々、近いけど惜しい!タイトルに化けていたり、著者名がきわどく違っていたり、単に私が入力ミスをしていたりということがあるので、目はかなり疲れるが、順にチェックする。

「ブックマーク」の読者の中には、新しい号が届いたら「これを読みたい」という本をマーカーで(!)チェックして図書館へ予約するとか、メモを取って本屋へ行くという人もあるらしい(そのような便りをたまにいただく)。図書館の人や本屋の人はそれなりに本を探す力はあるだろうと思うが、どこもかしこもパソコンで検索、ポン、に慣れつつあるこの頃、一字でも違っていると検索にかからず、「ありません」と言われる場合もあるかもしれない。

「本を読みたい」キモチがしょぼぼんとしぼむようなことなく、図書館や本屋やその他のルートで「どんな本かな~わくわく」というキモチがふくらむといいなーと思う。

チェックが一段落して、散歩がてら図書館をうろうろしに行く。新着棚や、返却された本が並んだワゴンや、雑誌架をうろうろして、いくつか読む。

それから、ふらふらと階下の本屋をのぞき、文庫棚と新書棚を見てまわる。『太郎が恋をする頃までには…』が文庫になっていた。単行本で一度読んでる本だが、けっこう早く文庫になったなーと思い、ちらっと中を見ると「文庫版あとがき」があったので、そこを立ち読み。新刊の並びには、『わたしのマトカ』もあった。それに『戦争の世紀を超えて』も文庫になっていた(これはもうだいぶ前に単行本を買って読んだやつである)。

ダウンサイジングされて文庫になるタイミングも、いろいろやな~と思う。

帰って、図書館で借りてる本をぱらぱらと見る。三砂ちづるの『コミットメントの力』は明日にでも返して別の本を借りようと思い、貼ってた付箋を取りながら、そのあたりを眺める。
Genre : 日記 日記

「うどん屋のジェンダー、またはコルネさん」(『文學界』2月号)

津村記久子さんの短編が『文學界』の2月号に載ってるデと教えてもらって、ちょうど3月号が出ていたので、その前の号を図書館で借りてきた。

文学界 2010年 02月号 [雑誌]文学界 2010年 02月号
(2010/01/07)


商品詳細を見る

その短編は、「うどん屋のジェンダー、またはコルネさん」

再びの「ハンス・フィッシャーの世界」展(伊丹市立美術館)

いたずらもの『いたずらもの』
グリム童話より
ハンス・フィッシャー え
さとう わきこ やく
定価 1,575円(税込)
発行 小さな絵本美術館
発行日 2009年4月15日


こないだ一度見にいった「ハンス・フィッシャーの世界」展へ、今日は『We』も「ブックマーク」も読んでくれているNさんと、その子ども1(小5)、子ども2(小1)と一緒に再び見にいく。

大人の感想としては「ブレーメンのおんがくたい」も「いたずらもの」も「ながぐつをはいたねこ」もえらいことヒドイ話や、と思ったが、子どもらは、このお話をどう見るんやろ?どんなところがオモロイと思うやろ?と、勝手にわくわく。
Genre : 日記 日記

詩と死をむすぶもの(徳永進、谷川俊太郎)

昨晩はためこんでいた「ブックマーク」の会費入金のチェックをして、住所変更など名簿を整理して、えいやーと宛名シールを印刷。これでやっと苦手な作業が終わり、だいぶ気が楽になった。その都度その都度、できる人はできるのだろうが、何度か「こんどこそ」とやろうとしてみたものの私には無理だと自覚し、「ブックマーク」に関するものはココに入れておくという箱を決めて、とにかくそこへ入れる努力をしている。(見落としているハガキや封筒がありませんように…)

今日は帰ってきたら、送ってもらった「栞」が届いていて、「表紙のしおりの絵」を早速描く。これでまた少し気が楽になって、あと少し残っていた『詩と死をむすぶもの』を読んでしまう。

人間て、泣くか笑うかどっちかではなくて、泣くと笑うがごちゃ混ぜだとか、相反するものが共存してないと大切な空間はつくられないとか、ごちゃごちゃとしたことが書いてあって、読んでいてほっとする。

「聖地チベット」展/「絵画の庭」展

木曜は久しぶりに「平日オフ」にして、午前中はサエリさんにつくってもらった住所印をぺたぺた押してハガキを書いてみたり、「ブックマーク」の編集にかかってみたり。前の号を出してからもう半年にもなる「ブックマーク」を今月こそは作りたいと思っていたが、しだいに2月が逃げるにつれ(できるかいな…)とちょっと気弱になっていた。が、「いや、やはり今月中にガンバロー」とやる気を盛り上げ中。

久々に有休をとった同居人とともに、昼から、「聖地チベット」展@大阪歴博「絵画の庭」展@国立国際美術館をハシゴ。
Genre : 日記 日記

歌のお手紙をあなたに

『We』読者さんから教えてもらった「歌のお手紙をあなたに」というビデオレター。横浜のガールズ講座の卒業生、歌のコンシェルジュ「アメルフィ&マウンティ」さんの作品だそうです。

1分半ほどの小さな「お手紙」は、すごーくよかった。なんども、聴いて&見ています。

歌のお手紙をあなたに(youtube)
Genre : 日記 日記

ここしばらくの読書メモ(2)

 岩盤を穿(うが)つ kimura.jpg クク氏の結婚、キキ夫人の幸福 コミットメントの力―人と人がかかわるとき (NTT出版ライブラリーレゾナント)

消しゴムハンコ

このたびWe読者さんのご紹介で、サエリさんに消しゴムハンコで「住所印」と「ほんのミニコミ『ブックマーク』印」をつくってもらいました。ウキウキ

ほんのミニコミ『ブックマーク』
  
「ハート」のハンコ↑はおまけで入っていました。
住所印は、早速はがきにぺたぺた押して、投函してきました。ウキウキ
Genre : 日記 日記
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第40回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ