FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

拉致対論(蓮池透、太田昌国)

蓮池透さんの『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』のあと、この対談集も読んでみたいと思って借りてきた。

拉致対論拉致対論
(2009/08/29)
蓮池 透、太田 昌国

商品詳細を見る
スポンサーサイト



大誘拐(天藤真)

映画「大誘拐」を最初に見たのはいつだったか、もうだいぶ前のことだが、(オモロイ映画やったなあ)という印象は強く残っていて、こないだ同居人がなにかで録画した「大誘拐」を見るというので、私も「見る!見る!」と珍しくテレビの前へ。手は編み物しながら見た。

和歌山の金持ちのばあさん(北林谷栄)が三人の小せがれどもに誘拐される話、というくらいはかろうじておぼえていたが、話の細かい筋やどんな役者が出ていたか、もうまったく忘れていた。登場人物の髪型や服装がなつかしすぎる。これはきっとバブルがはじける前の映画であろう、と、見終わってから調べたら、1991年作品だった。もう20年近く前である。あたりまえだが井狩本部長役の緒形拳が若い。風間トオルの怪しい関西弁もおかしい。

前に映画を見たときは原作があるなど全く気づかなかったが、これにはすごい原作小説があった。映画を見終わって、わー原作あるで、と図書館で借りてきた。先に同居人がすごい集中力で読み切ってしまい、私もつい読みはじめたら、イッキ読みしてしまった。

大誘拐―天藤真推理小説全集〈9〉 (創元推理文庫)大誘拐―天藤真推理小説全集〈9〉
(2000/07)
天藤 真

商品詳細を見る

私が読んだのは古い古い(1979年の)徳間ノベルスだが、一番新しい文庫は、創元推理文庫のこれらしい。

『夏の力道山』+『愛情日誌』-「催花雨」(夏石鈴子)

確定申告のために、去年の領収書の山をひっくりかえして整理していたら、なるべく買わないように、本はほとんど図書館で…のつもりでいたが、それにしては本や雑誌をかなり買っていることが、領収書の枚数からわかってしまい、われながらおどろく。むかし、ほんまにアホみたいにばかすか本を買っていた頃に比べれば、かわいい額ではあるが。

そして、木曜の晩に、図書館が月末休館日なので本屋へ立ち寄ったら、夏石鈴子の新しい文庫が出ているのを見つけてしまい、しばし迷うが買ってしまった。

この文庫、棚から引き出して表紙を見て、え、これは「夏の力道山」やろ?なんで「愛情日誌」なん?は?と思った。

 これが文庫本     これが単行本   これが単行本
 『愛情日誌』      『夏の力道山』   『愛情日誌』
 愛情日誌 (角川文庫)  夏の力道山  愛情日誌
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ