FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

かあちゃん(重松清)

元同僚さんに「ぜったい読んで」とすすめられて、予約待ちして借りてきた。

かあちゃんかあちゃん
(2009/05/29)
重松 清

商品詳細を見る

重松清をそんなにたくさん読んでるわけではないが、これまで読んだのとあわせてみると、「重松清らしい」と思える連作小説。

幸いなるかな本を読む人(長田弘)

久しぶりに読んだ長田弘の詩集『世界はうつくしいと』がよかったので、比較的最近の詩集をもう一冊借りてきてみた。

幸いなるかな本を読む人 詩集幸いなるかな本を読む人
(2008/07/25)
長田 弘

商品詳細を見る

25冊の本をめぐる25篇の詩は、わるくはなかったけれど、私には『世界はうつくしいと』のほうがよかった。

女の気持ち 600字人生論(毎日新聞社編)

女の気持ち
『女の気持ち 600字人生論』を借りてきたのは、旧姓をもじったペンネームで母が書いた一文が収録されていることに気づいたからである。「2人だけの読書会」という母の一文は、「友だちのこと」というパートに収められている。

せっかく借りてきたので、ついでに全部読んでみた。「女の気持ち」は毎日新聞朝刊に設けられている投書コラムで、女性だけに開放されている(近年、男性向けということなのだろう「男の気持ち」というコラムができたはず)。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ