FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

「生きる」ために反撃するぞ!(雨宮処凛)

図書館で見かけて借りてきた。似たような本がいくつも出てる気がするのは、私がそういう本をわりとチェックしているからかもしれない。

ぱらぱらっと開いてみると、(似たようなのを読んだことがある…)感もりもり。なんやったっけなー、よく似てるなー………あの、黄色い表紙の本に似ている。……あれ、あれ、…『フリーター労組の生存ハンドブック』とよく似ているのだった。

「生きる」ために反撃するぞ!―労働&生存で困った時のバイブル「生きる」ために反撃するぞ!
労働&生存で困った時のバイブル

(2009/03)
雨宮 処凛

商品詳細を見る
スポンサーサイト



このようなやり方で300年の人生を生きていく(小川てつオ)

小川てつオさんの名を知ったのは、『We』160号のいちむらみさこさんのインタビューだったかな。都内の公園でテントで暮らし、「エノアール」(「絵のある」ということなのだろうが、このネーミングセンスに「メネデール」を思い浮かべる)というカフェをやってる人。その小川さんの兄がくびくびのお一人・小川さんだというのも、どっかで読んだ気がする。

こないだ「すわりこみ映画祭」へ行ったときにもらったチラシの一つがキョートット出版のもので、ここに兄・小川さんが関わっていることを知る。いちむらさんの『Dearキクチさん、―ブルーテント村とチョコレート』を出しているところでもあるのだった。

チラシを見たら、読んでみたくなり、図書館にリクエストして借りてきた。本はヨソの図書館からの相貸でやってきた。

このようなやり方で300年の人生を生きていく―あたいのルンルン沖縄一人旅このようなやり方で
300年の人生を
生きていく

(2005/08/15)
小川 てつオ

商品詳細を見る

阪急電車(有川浩)

有川浩のこの本は、『図書館戦争』シリーズの余波もあってか、図書館でものすごい"待ち"だった。『図書館戦争』シリーズも気づけば相当な"待ち"数だったが、かなり早い時期にめずらしく同居人が予約して、かなり早く借りることができ、私もそれを横から読んだのであまり待たずにすんだ。

奥付をみると、もう去年の初めに出た本である。ほとんど2年前。そんなに前の本やったっけと思うが、さすがにそれだけ時間が経ったおかげで、こないだふと見ると予約待ちが1人になっていたので、戻りを待って借りてきた。

阪急電車阪急電車
(2008/01)
有川 浩

商品詳細を見る
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ