FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

三人姉妹(大島真寿美)

タイトルだけで借りてきた小説(私も三人姉妹だからである)。2週間くらい前にちょろっとだけ読みはじめてみたが、そのまま寝るのを惜しんで読むほどにはならず、ちょっと積んでいて、あ~そろそろ返却期限やともう一度読んでみる。

三人姉妹三人姉妹
(2009/04)
大島 真寿美

商品詳細を見る

どうも一話目があわんというか、不思議な文章なのであった。第一段落(3行)が一文なのはまだいいとして、第二段落(7行)もほとんど一文、さいごの行で13字だけの二文目があるという、やたら長い長い文章で綴られている。そのあとも時折やたらと長い文がぶちこまれて、どうもこれが私の息継ぎに合わないようであった。

弟を殺した彼と、僕。(原田正治)

原田さんのこの本は、Weフォーラムの前にも一度読んでいた。Weフォーラムでは原田さんの分科会「赦す権利」に出てお話を直接聞きたいと思っていたのだが、受付まわりでバタバタしている間に終わってしまい、結局わたしは分科会に一つも出られなかった(泣

弟を殺した彼と、僕。弟を殺した彼と、僕。
(2004/08)
原田 正治

商品詳細を見る


次号『We』に原田さんのお話のまとめを載せたいということで、ここしばらくの間、テープ起こしをもとにまとめ作業を続けていた。そして、フォーラムで直接話を聞いていない人にも分かるよう、この本をもう一度読んで、部分的に補いもした。

障害児殺しの思想(横田弘)

横田弘対談集『否定されるいのちからの問い』を読んだあと、なにかほかに図書館にあるかなと探したら、この古い本『障害児殺しの思想』(1979年、JCA出版)があって、借りてきて読む。30年前の本だ。

1974年に横田が自費出版した『炎群』のあと、養護学校義務化、遺伝相談センターの設立、車イスの路線バスへの乗車拒否など、ますます拡がった障害者抹殺の風潮について、その状況を書き加えたもので、『炎群』の言わば新版であるという。

各章は順に、「障害者殺しの事実」「障害者殺しの思想」「「優生保護法」とは何か」「障害者はどのように生きたか」「われらかく行動する」「カナダのCP者たち」…
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ