読んだり、書いたり、編んだり 

さようなら、那須のニキ美術館

世界でただ一つ、ニキ・ド・サンファルの作品だけを集めた、栃木県那須のニキ美術館の閉館が近づいています。

  we_200908.jpg  we_200906.jpg  we_200904.jpg  we_200604.jpg
  
  ニキ美術館は、2009年8月31日(月)で閉館です

この一週間ほどの収穫

この一週間ほどの収穫
0820goya_fruits.jpg 0824goya_fruits.jpg 0826goya_fruits.jpg
(8/20、アバシ2)    (8/24、沖縄3)     (8/26、奥から沖縄1、アバシ3)

晩ご飯
0820meal.jpg 0824meal.jpg 0826meal.jpg
左より
・8/20、さっと茹でたモヤシ、茗荷の千切り、ワカメとあわせた酢の物
 …ちょっと黄色くなっていたので、モヤシと茗荷をあわせカラフルにしてみた
・8/24、さっと茹でたモヤシとあわせたサラダ
 …メインはホイコーロー風(制作は同居人、参考レシピはコレらしいがピーマン忘れ)
・8/26、ゴーヤチャンプルー
 …椀に入ってるのは数日前のポトフ風の残り。いずれも制作は同居人。

(写真はクリックすると大きくなります)

アフリカのいまを知ろう(山田肖子編著)

近所の図書館では、リクエストの用紙が置いてあるカウンターの近くに、テーマを決めて本や資料が並べてある。こないだリクエストを書いたときに、ひょいと見たら、アフリカ特集で、この『アフリカのいまを知ろう』があった。

アフリカのいまを知ろう (岩波ジュニア新書)アフリカのいまを知ろう
(2008/03)
山田 肖子編著

商品詳細を見る

あ、これってカメさんがアフリカの手話のことを書いたのが入ってるやつよねと思って、借りてきた。ちょうど『山口昌男の手紙』を読んで、そこでもフィールドとしてアフリカの話が出てきたし、それでアフリカに目がいったのだと思う。

ほどらいの恋 お聖さんの短篇(田辺聖子)

『うすうす知ってた』がおもしろく、なんかもうちょっと田辺聖子の短篇読みたいナーと図書館をうろついていたら、「お聖さんの短篇」とサブタイトルについたこの文庫をみつけて借りて帰る。

ほどらいの恋―お聖さんの短篇 (角川文庫)ほどらいの恋
お聖さんの短篇

(2000/07)
田辺 聖子

商品詳細を見る

天人唐草(山岸凉子)

田辺聖子の『うすうす知ってた』の巻末に著者インタビューがついてると書いたら、「中島らものあとがきのために、『天人唐草』の文庫買っちゃったのよねー」という話を聞いて、「えー『天人唐草』の文庫って、らもの解説やったっけー?」と、なぜかもってるこの文庫を本棚から出してきてみたら、たしかにらもの解説やった。

天人唐草―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)天人唐草
自選作品集

(1994/03)
山岸 凉子

商品詳細を見る

ジャングルようちえん/街をこどもたちのジャングルに(ジャングルようちえん)

7月の終わりにアトム共同保育園へ行ったあと、共同の保育や自分たちで保育の場をつくるということを考えていた。

むかし、自分が共同保育所へ預けられていた頃の連絡帳を実家から持ち帰り、じっくり読んでみたり、父にほんの少し話を聞いたりしていて、そういえば長居公園で自分らで保育をやってるというのがあったなあと思い出して「ジャングルようちえん」のサイトを久しぶりに探してみると、20周年記念誌が出ていた。

その表紙の写真がよくて、サイトにある子どもたちの遊ぶ姿もよくて、何より「自分たちでつくった保育の場」の話を読んでみたくて、20周年記念誌『ジャングルようちえん』を取り寄せた。いっしょに、1987年にジャングルようちえんが誕生してからの6年をまとめた『街をこどもたちのジャングルに 手づくりようちえん奮闘記』もいっしょにお願いした。

 jungle_20.jpg  jungle_6.jpg
↑裏表紙の子どもの顔も、すごくイイ。

もうすぐ(橋本紡)

図書館で本を返したら、だいたい引き換えにリクエストしていた本を借りて帰ることが多いが、なんも届いてなかった日に、図書館をぶらぶらとして、橋本紡のこれを書架に見つけて借りる。

もうすぐもうすぐ
(2009/03)
橋本 紡

商品詳細を見る

これも、出たころに(ちょっと読んでみたいかな)と思っていたやつ。

トリエステ精神保健サービスガイド 精神病院のない社会へ向かって(トリエステ精神保健局)

これも、「なんか、フランコ・バザーリアのことを書いた本ありますか」と図書館で訊いたら、『自由こそ治療だ』に続いて出てきた本である。

トリエステ精神保健サービスガイド―精神病院のない社会へ向かってトリエステ精神保健サービスガイド
精神病院のない社会へ向かって

(2006/04)
トリエステ精神保健局
小山昭夫訳
商品詳細を見る

イタリアはトリエステの精神保健サービスガイドを訳したもので、たぶん日本でもたいていの役所で配られる「くらしのガイド」的なものだろうと思う。訳者によると、2年ごとに改訂があるそうで、これは2004年版のガイド(LA GUIDA AI SERVIZI di Salute Mentale)の全訳である。

街場の大阪論(江弘毅)

こないだ酒盛りの場で、この本の話がちょっと出た。
食うところ、あそぶところ、飲みにいくところ─いろんなとこが“消費”の場になって、お客さんとして行く場になってしまってること、消費者としての遊びの参考書は店や食いものやウマい酒というの大量のデータになったカタログ情報誌で、そういうのを見てあそびにいく、というのが拡がって、それが「まち」を変えたんかもなあ…というような話をした気がするが、飲みながらだったので、やや不正確かもしれぬ。

街場の大阪論街場の大阪論
(2009/03/04)
江弘毅

商品詳細を見る

この本は、出たときに「お、」と思っていながら読みそびれていたので、ちょうど図書館で空いてたし借りてくる。ついでに、こっちもまた読もかなと、前著の『「街的」ということ――お好み焼き屋は街の学校だ』も一緒に借りてきた。

うすうす知ってた(田辺聖子)

毎日のように図書館へ行く(近所の図書館は明日は休みだが)。そして返したり借りたり、うろうろしたり調べたり、メモをとったりトイレに行ったりする。

今日は1冊返して、2冊借りた。その帰りに、階下の本屋へふらふらと立ち寄る。ポプラ文庫のTanabe Seiko Collectionの5冊目が出ているのを見て手にとる。

うすうす知ってた―Tanabe Seiko Collection〈5〉 (ポプラ文庫)うすうす知ってた
(2009/08/20)
田辺 聖子

商品詳細を見る

人はなぜ本を読むのだろうか?

平日の10時半に開店する「ミシマガジン」(右下にもリンク)のトップはカレンダー式で、毎日その日の「記事」がオープンする。こんな"雑誌"もアリか~!と思うこころみで、平日まいにち楽しみに読んでいる。

そのカレンダーの下には「今日のひとこと」という欄があり、昨日(8/19)はミシマガジン編集長・大越さんの

「人はなぜ本を読むのだろうか?」

という一文だった。(これは日々読むもので、web上には"バックナンバー"はないもよう。なので今日はよめませんが。)

その大意は、

自由こそ治療だ イタリア精神病院解体のレポート(ジル・シュミット)

先月の終わりに読んだ『誰もが幸せになる1日3時間しか働かない国』は夢物語のようなキルギシアという国の話だが、その中で、キルギシアの名誉市民だというフランコ・バザーリアのこんなことばが引かれていた。
▼「白衣なんか着るもんじゃないよ。医者であることは、制服ではなく行動で示すべきなんだから」(p.66)

そのフランコ・バザーリアとは「バザーリア法を作って精神科病棟をドンドン閉鎖していったイタリアの精神科医の、あのバザーリアですよね」と教えられ、実在の人か!と知り、なんかバザーリアのことを書いた本はありますか?と図書館で訊ねたら、この本とあと何冊かが出てきた。

自由こそ治療だ―イタリア精神病院解体のレポート自由こそ治療だ
イタリア精神病院解体のレポート

(2005/12)
ジル・シュミット
商品詳細を見る

1985年に出た訳本が、20年たって再刊されたものである。
バザーリアとその共同者(という訳語で出てくるが原語は何やろう)たちがイタリアのいくつかの病院で実践したことが(失敗も含め)レポートされている。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ