FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

不思議の天音/障害をもつ子と暮らして・母の奮闘(横浜)

大阪のなんば近くにある天音堂ギャラリーへ最初に行ったのは、中畝さんの二人展だったか、それともヒロミさんの銅版画展だったか。

マンション6階の一室をあてているギャラリーは、一見さんにはちょっと入りづらいかもしれないけれど、堂守の平明さんはテキトーにほっといてくれるので、すきなだけ絵をみていられる。本や、過去の展覧会のもようをうつした写真や、ヒロミさんと平明さんの著書(これは買うこともできる)もあり、もうちょっと近ければ、ちょくちょくと出かけたいところ。

ここしばらく天音堂にはご無沙汰しているが、ヒロミさんの銅版画展が横浜であり、29日のオープニングトークショーにはヒロミさん、中畝治子さん、そして野辺明子さんが登場するというので、私もその他の会議やら『We』仕事やらをくっつけて、29日の前後には横浜・東京方面へ行く方向で準備中。あ、期日前投票にも行っておかねば。

山口ヒロミ銅版画展 不思議の天音
2009年8月29日(土)~9月3日(木)pm1:00~7:00(最終日 5:00pm)
   hiromi.jpg

opening talk show「障害をもつ子と暮らして・母の奮闘」
8月29日(土)pm3:00~5:00
障害のある子を持つ母3人(野辺明子さん、中畝治子さん、山口ヒロミさん)の座談と野辺さんの朗読。 ※前もってお分かりの方はfaxで予約を。当日参加も大歓迎とのこと。fax 045-931-6548(中畝)

今日の収穫

ちょっとアタマのあたりが黄色くなりかけたゴーヤを収穫。ついでに似たようなサイズのを2本収穫。
goya_fruits_0818.jpg (8/18、ぜんぶ沖縄ゴーヤ)

晩に、ツナ缶、玉ねぎとあわせ、サラダにして食べました。
0818_meal.jpg

メインは「麻婆茄子風」?
生姜とニンニクのみじん切りを油の中でじょわじょわあたため、豆板醤をぼてっと入れてざっと炒めたら、茄子を投入。残りものの肉そぼろ(参考レシピ:唐辛子ペーストを使って その1)も入れて炒め、テンメンジャンをだらだらーっとまわしかけて合わせ、茄子がくたっとしたらできあがり。厚揚げを一緒に炒めてもよかったなと思うこっくり味。

山口昌男の手紙 文化人類学者と編集者の四十年(大塚信一)

この本はしばらく前にいちど借りたのだが、ちらっと中を見たあと返却期限がきて一度返した本。それをまた借りてきた。

山口昌男の手紙 文化人類学者と編集者の四十年山口昌男の手紙
文化人類学者と編集者の四十年

(2007/09/04)
大塚信一

商品詳細を見る

著者の大塚信一は、岩波書店の編集者(さいごは社長)だった人。若い頃から、ずっと山口昌男とつきあってきた大塚のもとには、ファイル4冊にもなる山口からの手紙があった。

この本は「無名の時代から世界を股にかけて活躍するに至るまで、山口氏の辿った軌跡は、戦後日本の知的世界において、間違いなく他に類を見ないダイナミックなものであった…私は、出版の仕事に関わった人間として、その記録を残す義務がある」(p.376)と考えた大塚が、「近代日本における稀代のトリックスターを対象に本を書く」(p.376)という無謀をあえて試みたものである。

しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩(はせみつこ編、飯野和好え)

『みえる詩あそぶ詩きこえる詩』の前に、こっちがあるというので借りてきて、ぴらぴらと、あっちこっちから、たのしくながめる。

しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩
(1995/03)
はせみつこ編
飯野和好え
商品詳細を見る

これ知ってるしィという詩もあるが、知らんワという詩もようけあるのだ。
『みえる詩あそぶ詩きこえる詩』と同じく、飯野和好の絵がイイ。
Genre : 小説・文学 

昭和史 1926-1945/幕末史(半藤一利)

半藤一利の『昭和史』が、ダウンサイジングでまた出ていて、よく売れているらしいのは本屋で見ていた。同居人の里にて、父上の読み終わった本のなかに、その平凡社ライブラリー版があって借りて読む。

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)昭和史 1926-1945
(2009/06/11)
半藤 一利

商品詳細を見る

うとうと昼寝をはさみながら1日かけて読む。
それから隣にあった『幕末史』も借りて読む。「持って帰っていいよ」と言われ、ありがたく帰りの特急で(目に悪いのは承知の上で)続きを読み、読み終える。

幕末史幕末史
(2008/12)
半藤 一利

商品詳細を見る

水曜の収穫

水曜の朝、同居人に収穫しておいてもらったゴーヤ。
0812goya_fruits_3.jpg (8/12、たしか沖縄ゴーヤ)

木曜の晩に食べました。
0813goya_meal.jpg
メインは、「ゴーヤと厚揚げの豆板醤&オイスターソース炒め」
ゴーヤ(大きめがよい)と厚揚げ(適当な大きさに)を、じゃおじゃお炒め、豆板醤を入れてあおり、最後にオイスターソースを適宜からめてできあがり。簡単、ピリ辛、ご飯の進む味。

ゴーヤの成長(15週間-1日)

ゴーヤも暑さに疲れ気味なのか、肥料が足らんのか、黄色くなる葉っぱがちょっと出てきた。
水曜朝は不在だったので、前日の火曜朝にいつものポイントで撮影。

14週間後(8月5日)→15週間-1日後(8月11日)
goya_0805.jpg   0811goya.jpg

陸ガメ

数年前にも一度預かったことがあるのだが、近所に住む後輩が10日ほど帰省するあいだ、カメを預かっている。久しぶりに見ると、前に預かったときよりずいぶんでっかくなっている。

kame.jpg 陸ガメ(クリックすると大きくなります)
小松菜やキャベツを食べる。寝ているように見えて、小松菜をむしって入れてやると、ハッと目を開き、小松菜にむかってくる。
ときどき水槽にゴンゴンぶつかってみたり、あっちへゴソゴソこっちへウロウロとしていたり。

月刊社会教育(2007年7月号)

アトム共同保育園の市原悟子さんが書いた「保育園は大人と子どもの社会教育の場」が載っているとおしえてもらって、図書館で雑誌『社会教育』の07年7月号を借りてきた。

月刊社会教育 2007年 07月号 [雑誌]月刊 社会教育
2007年 07月号


「月刊社会教育」編集委員会

商品詳細を見る

特集は「人が育ちあう地域へ」
これは、この号と前後して開かれた「第47回 社会教育研究全国集会」のテーマでもあったようだ。
Genre : 本・雑誌 雑誌

人の値うち(江口いと)

こないだ図書館で立ち読みした雑誌『部落解放』8月号に、江口いとさんの「人の値うち」という詩のことが書かれていた。

「差別体験をもとにしたコトバ―解放の詩人、江口いとさん死去」藤田 正

という記事である。部落解放詩集といえば『太陽もおれたちのものではないのか』(この詩集には、北代色さんの「夕やけがうつくしい」が入っている)。

解放の詩人、江口いとさん、というのに興味をもって、『人の値うち』という本を借りてきた。

人の値うち (明石ブックレット)人の値うち
(1998/01/15)
江口 いと
今野敏彦編
商品詳細を見る

ヒューマンライツ8月号

雑誌『ヒューマンライツ』の8月号(No.257)がでた。
今回の「頭のフタを開けたりしめたり」は、「詩をたのしむ」。

『We』161号ではシャロン・クリーチの『ハートビート』を紹介したが、『ヒューマンライツ』では、クリーチの『あの犬が好き』を紹介。

心の引き出しに好きな詩はありますか。


読みたい方は、所蔵のある図書館などで。買いたい方はこちらへ。
8月号の特集は「対話から始まる啓発活動」。

昨日の収穫

小さいゴーヤがうっすらと黄色くなりかけていたので、いそいで収穫。ついでにおデブのゴーヤをもうひとつ収穫。

goya_fruits_0808.jpg (8/8、左からアバシゴーヤ、沖縄ゴーヤ)

これも割って、種とワタをとって、扇風機で特急の風干し。昨日は「ブックマーク」の印刷発送+ありがとうお疲れさん!ご飯を外で食べたので、このゴーヤは今日の昼と晩に食べました。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ