FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

今朝子の晩ごはん 嵐の直木賞篇(松井今朝子)

松井今朝子というと私が知っているのは『非道、行ずべからず』(ヒドウ ギョウズベカラズ、とよむ)だけ。これも、その昔、雑誌『鳩よ!』に連載されていた。

私が『鳩よ!』を定期購読していたのは別の連載めあてだったけれど、まわりの連載も読んでいたから、まったく知らなかった書き手の文章を読んだり、名前くらいは知っていても読んだことのなかった作家の作品を読んだり、雑誌の定期購読はその「雑」というところがオモロイよなーと思う。

で、『非道、行ずべからず』のほかは、まったく知らずにいた松井今朝子の、小説ではなくて、晩ごはんネタの本。図書館で、ぶらぶらーっとしていて、手にとってみた。これは松井がほぼ毎日書いているという同名ブログをまとめたものだそうで、ちょうど松井今朝子が直木賞をとった前後の半年分である。(松井今朝子が直木賞をとっていたのを初めて知った。『吉原手引草』という作品だそうである。)

今朝子の晩ごはん―嵐の直木賞篇 (ポプラ文庫)今朝子の晩ごはん
嵐の直木賞篇

(2008/10)
松井 今朝子

商品詳細を見る

これがおもしろかった。
スポンサーサイト



 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ