FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

お母さんは、ここにいるよ 脳障害児・夏帆と過ごす日々から(河田真智子)

『お母さんは、ここにいるよ 脳障害児・夏帆と過ごす日々から』を知ったのは、中畝さんの本が出てすぐの頃に、河田真智子さんがブログに「友人夫婦が書いた本。おもしろい。」と書き込みをされていたのがきっかけ。
そのブログから河田さんのホームページへ飛んでみると、写真展の案内とともに本が紹介されていた。

案内ハガキの写真は、本の表紙にも使われているもので、ショウウィンドー(服を売る店のよう)の前に車イスに座った娘の夏帆さんがいて、ガラスの向こうでニコニコと河田さんが手を振っている。

中畝さんを「友人夫婦」というのだから、河田さんは中畝さんのお友だちで、中畝さんたちにも通じる、このセンスがええなぁと思い、図書館で借りてきた。

河田真智子さんは写真家で、19で島と出会い、島をテーマに撮ってきた人。

中畝さんの本に、「障害児を預けて働いている女の人、なかなかいないでしょう。そういうことを世間も許さないし。」という常雄さんのことばがあるが、河田さんもそういう意味のことを「自分の人生をあきらめない」というページに記している。

▼自分の人生をあきらめない
 「仕事か結婚か?」
 「子どもを産んだら女は家庭に入れ」
という時代を経て
 「障害児の母親が仕事をするなんて!」
という周囲の冷たい視線を浴びながら、そして今
 「障害児の母親が自分のライフワークをもつ!」
時代になってきた。
 女はいつも選択を強いられ
 そしていつも戦っている
 私自身
 “島”というライフワークをもち
 十九年間、障害児の母親である私と
 島旅作家であり、カメラマンである私の間を
 行ったり来たりしていた

 障害児の母親だから
 この子のために
 自分の人生をあきらめたと後悔したら
 懸命に生きる子どもに対して
 失礼だと思う
 (pp.100-101)

こんな言葉のあいだに、島の写真、夏帆さんの写真、旅の写真がある。
40-41ページにある「佐渡島・ドンデン山」の写真がすごーくイイ。

子どもと親の距離感について書かれた、こんな文章もある。

▼子どもたちのなかに紛れ込む
 自分の子どもが
 なかなかみつけられない
 子どもと親は
 本来はそんな距離感がいい
 (p.39)

巻末に近い138ページに書かれた「写真を撮る喜び」も心に残る。

お母さんは、ここにいるよ―脳障害児・夏帆と過ごす日々からお母さんは、ここにいるよ―脳障害児・夏帆と過ごす日々から
(2006/10)
河田 真智子

商品詳細を見る

『We』はこんな雑誌

『We』ってどんな雑誌? どこが出してるの? どういう人がつくってるの? …と訊かれたときに、えーと、あーと、うーと…なかなかコンパクトに説明できずにいますが、『We』が2006年の春に隔月刊になり、ニキ・ド・サンファルの絵手紙を表紙に使わせてもらうようになってからの各号が(156号まで)全部見られるチラシです。

各号の特集タイトルと、メインのインタビュー記事などが入っています。

↓画像をクリックすると大きくなります
Weチラシ(141-156一覧)

We157j.jpg
↑ちなみに最新号(157号)はコレ(クリックすると大きくなります)
Genre : 本・雑誌 雑誌

ひとりでは生きられないのも芸のうち(内田樹)

12月6日の釜ヶ崎での催しから帰ってきて、『フリーターズフリー』の青いの(1号)や赤いの(2号)をまたうろうろと読んでみる。

フリーターズフリーが有限責任事業組合(LLP)という団体をつくったのは、「新しい働き方」を実践していこうとしてであった。その理念は協同であると、FFのサイトにも書かれている。

協同ということばを見かける一番ポピュラーなものは「生活協同組合」、つまり生協だろう。
手元にある広辞苑の第六版を引いてみる。

「協同」とは「ともに心と力をあわせ、助けあって仕事をすること。」

「協同組合」とは、「消費者・農民・中小企業者などが、各自の生活または事業の改善のために組織する団体。消費者組合と生産者組合とに大別される。消費生活協同組合・農業協同組合・事業協同組合など。」

とある。

「ともに心と力をあわせ、助けあって仕事をすること」が頭の隅にあったせいか、返却期限の迫った内田樹の『ひとりでは生きられないのも芸のうち』を読んでいると、労働について書いてあるこんな部分に目が留まった。

▽労働は本質的に集団の営みであり、努力の成果が正確に個人宛に報酬として戻されるということは起こらない。

 報酬はつねに集団によって共有される。

 個人的努力にたいして個人的報酬は戻されないというのが労働するということである。個人的努力は集団を構成するほかの人々と利益を分かち合うというかたちで報われる。

 だから、労働集団をともにする人の笑顔を見て「わがことのように喜ぶ」というマインドセットができない人間には労働ができないのである。

 これは子どもの頃から家庭内で労働することになじんできている人には別にむずかしいことではない。みんなで働き、その成果はみんなでシェアする。働きのないメンバーでも、集団に属している限りはきちんとケアしてもらえる。
 働くというのは本来「そういうこと」である。(pp.104-105、下線は本文では傍点)

この部分は、どうして若者はうまく働けないのか(一方では引きこもりの若者、他方では過労で倒れそうな若者がいる)という、ある雑誌の取材にこたえての話である。

内田樹は、この本のかなりの部分を費やして、「自分の努力の成果は自分のもの、なんで他人と分けなきゃならんの?」というマインドセットが、ここ数十年の間にしっかりと染み渡った社会になってしまったこと、その危険を書いている。

フリーターズフリーが「協同」ということをことさらに新しい働き方だと言わねばならないほどに、「オレのものはオレのモノ」的な心性が世の中をのしているということだろう。

ひとりでは生きられないのも芸のうちひとりでは生きられないのも芸のうち
(2008/01/30)
内田 樹

商品詳細を見る

続座談会第3弾★労働と家族を考える★(2008年12月6日@釜ヶ崎)

フリーターズフリーの栗田隆子さんから教えていただいたイベント「労働と家族を考える」が明日あります。『We』の販売もかまいませんと同じくFFの生田さんに伺い、明日は『We』を背負って、このイベントに行きます。

栗田さんも生田さんも、書かれたもの、活字になったものはいろいろ読んでいるが、お目にかかるのは初めて。

このテーマにもすごーく興味がある(『フリーターズフリー』の02号でも、このテーマが熱く語られ、書かれている)。
道に迷ってもいいように、はやめに行こうと思います(初めての人はなかなかたどりつけませんと生田さんがおっしゃっていた)。

『We』のバックナンバーをいろいろ持参しますので、この機会に(?)『We』を手にとってみたい方もぜひ。

we154j.jpg

↑栗田さんのインタビュー「いいかげんであろう、と思った 修道院と『フリーターズフリー』」掲載号(『We』154号)も2冊持参します。この号は、フェミックスで在庫切れになっているので、貴重です。
(追記)12/6に2冊とも売れました。ありがとうございます。

----------
続座談会第3弾 ★労働と家族を考える★

日時:2008年12月6日 3時~
主催:生活保護切下げ反対実行委員会

「反貧困」運動が広がり、様々な現場で活動する団体・個人が連携して運動を盛り上げています。

それに対し、「分断して統治せよ」と言われる通り、行政や企業は様々な「亀裂」を入れようとしています。例えば、厚生労働省や自民党は、日雇い派遣労働者への日雇雇用保険の適用について、「主婦や学生など、それで生計を立てているのではない人々も働いている」として拒み続けました。

一方、フリーターから「主婦は家にいるから家賃の悩みはないのに、家賃を払う自分たちが同じ時給ではおかしい」という意見が出ることがあります。

また、女性労働者から「パート労働する主婦と自分たちはとても連帯できない」と言われることもあります。また、大学の先生(♂)には「フリーターが増えても、その多くは女性なんだから大した問題じゃない」と言った人もいます。

日本社会の労働問題の中で、「家族」そして「女性労働」の問題はきわめて重要な位置を占めてきました。しかし、労働問題や差別問題で闘う人たちも、「家族」「ジェンダー」問題になると「何も言えなくなる」ことがよくあります。

そこで、今回の学習会は、「女性と貧困ネットワーク」立ち上げ集会(9月28日)のよびかけ人の一人、「フリーターズフリー」の栗田隆子さんと、「しんぐるまざあずふぉーらむ・関西」の中野冬美さんを発題者に迎えて、「労働と家族」の問題について考えたいと思います。

今回も、開催場所は「日本の不安定就労と貧困の中心地(それと「男性労働の中心地」?)」である釜ヶ崎です。みなさん、「労働と家族の問題」を考えるため、集まって話してみませんか。

☆託児、筆談の必要な方は事前にご相談ください。safetynet_osakaあっとyahoo.co.jp

場所:ふるさとの家
最寄り駅 JR大阪環状線・南海本線 新今宮駅下車、市営地下鉄御堂筋・堺筋線 動物園前駅下車 徒歩5分

 JR新今宮駅東改札出て右折→交差点を南(作業着量販店側)に渡って右折→東向きに歩いて線路を横切る→ローソンの前の道(銀座通り)を左折→右手に西成警察を見ながら南下→左手に消防署→そのすぐ南の建物1F

当日連絡先:090-8795-9499(野宿者ネットワーク)

脳神経外科でのお見立て(その2)

昨日、「脳の血管のMRIも撮ってみたほうがよい」というススメにより、もう一度MRIを撮りに行きました。

結果は翌日以降に診察にきて、とのことで(なんで一日ですまんのや!とツイ思う私)、今日の午前中、出勤前にまた病院へ。

先週のセンセイに診てもらうつもりが、いきなり放送がかかって「緊急手術にはいりますので、代診になります」と。どうすべきなのか迷うが、どなたも脳神経外科医なのだし、カルテもあるのだからと代診の先生に診ていただく。

・脳梗塞などはない(こういうのもめまいの原因になることがあるそうです)
・脳や首の血管をみるかぎり、とくに問題はない
・めまいの原因は脳にはないでしょう(→回転性のめまいということなのでやはり耳ではないか)
・嚢胞は、そう大きなサイズでもないし(素人には大きさの判断はつかないが、いろいろ見ているであろう専門家が言うのだから、そんなものなのだろう)、他の部分を圧迫するようなこともないでしょう

ということで、脳神経外科での受診はこれでひとまず打ち止め。

そして、水?の入った袋?のようなモノ(嚢胞)が見つかった私のアタマですが、新たなイレギュラー物件が発見されました。

・中大脳副動脈が2本ある

フツーの人は1本のところ、私はこの血管が2本あるそうです。「100人に1人くらいかな、たまにあります」とのことで、でもそれは「血管の走行のバリエーションのレベル」なのだそうです。

素人考えですが、2本あるという血管は、モシモのときのスペアになるだろうとエエように考えています。

ということで、めまいは今のところ収まっているので、これで耳鼻科へもう一度行って、症状の再発がなければ、通院は一段落かなーと思ってます。

女で、安心。貧乏で、安心(フリーターズフリー Vol.02)

今日は病院の待ち時間や移動の合間に、『フリーターズフリー』をまた読んでいた。

ff-hyosi-2.jpg
★注文はフリーターズフリーで

昨日読んだ、ワーカーズ・コレクティブの座談会も、アスランの座談会もおもしろかったけど、この号に載ってる他の座談会も心に残るセリフがあり、重苦しい現実はあるものの、こんな人がいる!と心はずむ文章がある。かっちょいいのだ。

●巻頭セッション「労働と家族を問う:主婦・シングルマザー・女性フリーター」

「主婦戦線」(1975年発足)立ち上げメンバーの一人・国澤静子の発言が、めちゃめちゃオモロイ!雨宮処凛は「コスプレ嬢ちゃん」とか言われてるしな(笑

自分は「当時者性のつくだ煮だ」と言う白崎朝子の発言が、これまためっちゃイイ。
しんぐるまざあず・ふぉーらむのメンバーで育児家事の合間を縫ってつくりあげた『母子家庭にカンパイ!』は、山川菊栄賞の最終選考まで残って競り合ったが、結局受賞したのは落合恵美子の『21世紀家族へ』だった。

白崎は、「…編集メンバーはお金も貰えず、生活の合間を縫って編集し、当事者たちが執筆したにもかかわらず、大学から年収900万とか1000万とか貰って、研究としてやっている人に賞がいく。『絶対におかしい!』って怒ってました。」(pp.22-23)と、忘れられない思いを語っている。

国澤がこの白崎発言に先だって、落合恵美子が選ばれた選考について、「選考委員ってみんな嬢ちゃん・ばあちゃんですからね。最近、必要があってフェミ系の学会やシンポに行きますけど、彼女たちなりに努力してそのポジションに就いたのはわかる。でも、自分の努力に目がくらんで、階層的犯罪性を関知できないのよ。」(p.23)とツッコミを入れている。

そうか、あの、改版が何度も出ている『21世紀家族へ』には、そんな話もあったのか。

「共に暮らすということ:ベリス・メルセス宣教修道女会 第四修道院インタビュー」

これは、他人同士が共に住んでいる一つの具体的なかたちである修道院は、“家族”のオルタナティブ(別のあり方)の一つだと思ってのインタビュー。聞き手は栗田さん。

血縁や婚姻のつながりではない、他人どうしが共に住み、共有財産で暮らしている場はどういうものなのか?

栗田さんはこんなことを言っている。
▽…家族か一人暮らしかどちらかしか生存できないという息苦しさがあって、そうじゃない生き方の一つの形としてシスターたちの生き方を紹介したいんですね。(p.82)

これに対して、シスターの一人がこう語る。
▽…一人暮らしか、家族しかないというなかでオルタナティブな生き方というものが修道生活かもしれないけれど、いわゆる財産の部分を共有するか・しないかというその違いもあるでしょうね。(p.83)

そして、Vol.1に続き、栗田さんが「“ないものとされたもの”これくしょん」を書いている。

「『ふ』:“ないものとされたもの”これくしょん2」

いきなり、「ふ、のつく日本語はろくなのがない。」とくる。ううッ、私の名前には「ふ」がついてるねんけど…やっぱり、ろくでもないかな…。

不思議な文章である。小説のようでもある。昨日から、ちらちらと読んでいるが、どう読んだらいいんやろ?とちょっと迷う。きっと好きなように読めばいいのだろうが、ほんとに不思議な文が縷々綴られている。

まだまだ読むところがいっぱいあって、飽きない。『We』もだらだらしゃぶれるスルメ雑誌であるが、『フリーターズフリー』もエエなぁ。ところどころ1コマ(1ページ?)マンガが入っていて、そのセンスもなかなか。
Genre : 本・雑誌 雑誌

おそすぎますか?(田辺聖子)

昨日は図書館へ本を返しに行ったが、届いているリクエスト本がなかったので、しばらく本棚を散策。ちょっと出かけるので、軽い本がいいなと文庫棚の前まできて、きょろりきょろり。

田辺聖子の『おそすぎますか?』が目に留まる。
ポプラ文庫の、Tanabe Seiko Collectionの2冊目である。

おそすぎますか?おそすぎますか?
(2008/10)
田辺 聖子

商品詳細を見る

Collectionの1冊目で『百合と腹巻』という大変そそるタイトルの本が出ているのはチェックしていたが、この2冊目は知らなかった。じゃ、今日はこれをと借りて帰る。

傑作短編集、とうたってあるとおり、どの短篇もめっちゃオモロイ。古いモノを拾って編んだとは思えん現実感。
1作目は、妻が単身赴任してしもたぁ…とぐずぐずになるおっさんの話。
あとの4篇も、田辺聖子の書く大阪弁が生きていて、ホンマに笑える。

田辺のあとがきの言葉を借りるなら 「この本に収録した作品は…仕事を得て、社会とつながることで力を得ていく女性を書いている」。 その力を得ていく具合が、うまいこと書いてある。

巻末に、「夕立のあとの虹のように」という著者インタビューが収録されている。

▽私が小説を書いているあいだに、日本はどんどん変わっていって、今の若い人は「これが普通や」って思ってるかもしれないけど、そんなことないのよね。これからだって、良くも悪くも変わるかもしれない。
 …(中略)…
 私は短編小説を書く時でも、小さな一口落語のつもりで書いてた。笑わせたり、元気づけたりしてあげたいと思っていたから。小説を読んで「何も残れへんけどおかしかった」という精神状態がね、人生でいちばん大事。
 難しい考え方じゃなくていいの。
 「ああ、相手が怒ってるときにまた機嫌をもとに戻すって、こういう言い方、こういう言葉の使い方もあるねんな」と覚えてくれれば。(pp.236-237)

 小説を読んで「何も残れへんけどおかしかった」という精神状態がね、人生でいちばん大事。

 これこれ、これが大事やと思う。
 田辺聖子のようになりたいという平安寿子の新しい小説もハヨ読みたい。

女で、安心。貧乏で、安心(フリーターズフリー Vol.02)

有限責任事業組合フリーターズフリーのメンバーのお一人・栗田隆子さんのインタビューが載ったのは『We』の154号(08年6-7月号)。

私は校正段階でインタビュー原稿を読み、有限責任事業組合というかたちの働く場と、その組合が出した“働けと言わないワーキングマガジン”『フリーターズフリー』Vol.01の内容に興味をもって、そのときにとりよせて読んだ。

その後、フリーターズフリーの対談集『フリーター論争2.0』が出て、それも読み、『フリーターズフリー』Vol.01とあわせて、『We』155号(08年8-9月号)の「乱読大魔王日記」で紹介した。

そのフリーターズフリーの、『フリーターズフリー』Vol.02が出たよ~と聞いて、さっそく注文したのが11月30日。

今日、帰ってきたら、もうその2号が届いていた!早っっ
ff-hyosi-2.jpg

さっそくあちこちを拾い読み。
とくに座談会2つがおもしろかった。

「きちんと食べていける働き方へ」ワーカーズコレクティブ座談会
「協同労働と書籍流通のオルタナティブのために」ワーカーズコープアスラン座談会

この「協同労働と書籍流通…」のほうの座談会で、栗田さんが『We』にちょろっと言及している。

▽栗田 今日、これ(『We』)を持ってきたのは、こういう頑張ってる雑誌が次々と消え去っていくことに、すごい危機感を覚えている部分もあります。雑誌っていうのは世をあらわすなと思う。…(中略)…たとえば、ゲイとレズビアンの雑誌を出すと、必ずレズビアンの雑誌が廃刊か休刊になってしまう。ゲイの方が残るんですね。そういう意味で出版というのは世の中の力学を反映しちゃうんだなあと。それが雑誌というものを考える時、最初に気になったことの一つだったんです。今も草の根で消えてる雑誌があるんじゃないか。(p.103)

注文のときに送ったメールに、栗田さんからお返事もいただいた。
「小さなメディアを支える流通や出版の問題というのはフリーターズフリーの大きなテーマのひとつ」と書かれていた。これは、『We』にとっても、フェミックスにとっても切実なことだ。


こんどの土曜日、12月6日に大阪で、続座談会第3弾 ★労働と家族を考える★というイベントがあるとのこと。栗田さんも来られる!というので、ぜひ行きたいなと調整中。


フリーターズフリーVol.01フリーターズフリーVol.01
(2007/06)
フリーターズフリー

商品詳細を見る

フリーター論争 2.0フリーター論争 2.0
(2008/05)
フリーターズフリー

商品詳細を見る
Genre : 本・雑誌 雑誌

こんな生き方あってもいいなぁ(『We』157号、08年12-1月号)

11月27日に東京都千代田区のフェミックスから、今回はメール便で発送されたはずの『We』は、東京近郊では11/28の金曜や11/29の土曜には届いていた模様なれど、ウチにはなかなか届かず、まだかまだかまだか~!!!と待っていた。

昨日(11/30)、滋賀や奈良にも届いたという知らせがあったのに、ウチにはまだ届かない。どうなってるんや、行方不明か!?と気をもんでいたところ、やっと今日届いた。

Weキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ

やっと来た来た。

We157j.jpg


最新号の特集は こんな生き方あってもいいなぁ

どっかで見たような、どっかで聞いたようなタイトル…そう、これは夏のWeフォーラム@あざみ野で横断幕になり、ノボリになって、ひるがえっていたWeフォーラムの今年のテーマ。
フォーラムでお話をいただいた若いお二人、天野耕太さんと新井ちひろさんの話が載っています。


私は「乱読大魔王日記」(87回目)で ROS(Rockdom of Sexuality)の本を2冊紹介した。

『トランスがわかりません!! ゆらぎのセクシュアリティ考』
『恋愛のフツーがわかりません!! ゆらぎのセクシュアリティ考2』

それと、「編集後記」のひとつ前のページ「本の紹介」で『ひげのおばさん子育て日記』の紹介を書いた。


この最新号の表紙に使われているニキの絵手紙(ニキ美術館をつくった増田静江さんにあてたもの)の現物を、こないだニキ美術館で見てきた。
こんどの表紙もあざやか。
ぜひニキ美術館で、これまでの『We』の表紙をかざった絵手紙をみてほしいです!


★『We』の購入はこちらから
Genre : 本・雑誌 雑誌
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ