FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

MiYOU(池田貴族)

病院の帰りに、コーヒーを飲みにいって、そのあと中古のCDやDVDを売ってる店をのぞき、3枚で1000円というCD棚を見ていた同居人が1枚つかんでいるので、私も棚をながめていた。
池田貴族の「MiYOU」というCDが目に留まる。

池田貴族の本のことは、ずいぶん前の『We』で書いた。
いつの号だったか、バックナンバーをひっくり返さないと思い出せないが、たしか同居人が入院していた頃である。

病気関係というか、闘病記のような本をいろいろと読んでいた。
その頃に、池田貴族の本も買った(あの頃はバカスカと本を買っていたのである)。

池田貴族は、本名の池田貴(いけだ・たかし)で、『ガンを生きる』と『ガンを生きる2』を出している。
その2冊目のサブタイトルは「愛娘・美夕の誕生」だった。
妻のため、娘のために生きると書いた本だった。

「MiYOU」は、貴族が娘にのこしたアルバムである。
今日、はじめてその現物を見た。
プロデュースはみうらじゅん。

▽辛いだろうが今の気持ちを詞にしてみないか?
 貴族は見事に答え、病室で寝ていた奴とは思えない声量のあるボーカルでレコーディングを終えた。ガンを克服するより前、すでに貴族は奇跡を起していたのだ。命尽きるまで歌い続けろ!貴族!!
 1999年2月 みうらじゅん
(ライナーノーツより)

池田貴族が私の印象にのこっているのは、本を読んでそれを『We』に書いたせいもあるが、貴族の誕生日が私と同じだったせいもある。
私より6つ上だった貴族は、このアルバム「MiYOU」を出した1999年の暮れに亡くなった。
かぞえてみると、今の私より若い。36歳だ。

330円払うから一緒に買ってくれーと、「MiYOU」のCDも3枚1000円に参加。

帰ってさっそくかける。
池田貴族って、こんな声なのか…
きれいな声。みうらじゅんが書くように、病院で寝てた人とは思えない。

MiYOUMiYOU
(1999/04/21)
池田貴族シーモンキーズwithイカ天ビジュアルズ

商品詳細を見る

ガンを生きる ミュージシャンの孤独な闘いガンを生きる ミュージシャンの孤独な闘い
(1999/11)
池田 貴

商品詳細を見る

ガンを生きる〈2〉愛娘・美夕の誕生ガンを生きる〈2〉愛娘・美夕の誕生
(2000/01)
池田 貴

商品詳細を見る
Genre : 音楽 音楽
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ