FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

『ひげのおばさん子育て日記』ができました!

中畝常雄さんと中畝治子さんの
障害児もいるよ ひげのおさん子育て日記』
ができました!

おもしろい本です。
笑えて泣けて、
いつのまにか元気になります。


私は校正を手伝いました。
『We』での連載中から愛読していましたが、本になるにあたり、校正しつつ二読、三読し、追悼文集『祥太といた時間』も出してきて読みかえしました。

nakaune.jpg

夫婦で日本画家、仕事も子育ても交代で、いろんな人たちの助けをひきこみながらの、障害のある祥太くんを含む3人の子どもたちの子育ての日々。おじさんとおばさんを行きつ戻りつするうちに男の枠を抜け出して帰る場所がなくなったことを開き直って楽しむ常雄さんと、同じく日本画家の妻・治子さんの辛口コメントとの絶妙のかけあいは、泣けて笑えて、いつの間にか元気になれること請け合いです。
いまどきのワークライフバランスの究極モデル、子育てに悩む若い世代への〈がんばらなくていいよ〉というエールです。

A5判並製・160ページ
本体1,600円+税

ヒューマンライツ08年11月号

『ヒューマンライツ』の08年11月号が出ました。

連載「頭のフタを開けたりしめたり」は渡辺やよいの本をとりあげ、書き下ろし連作4篇の『ピーター・ノースの祝福』と、渡辺の自伝小説だという『てっぺんまでもうすぐ』について書きました。

『We』156号の「編集後記」でチラッと書いたあの本です。

11月号巻頭には、竹信三恵子さんの「ワーク・ライフ・バランスの死角」が掲載されています。(誤字を発見してしまった…)
竹信さんは、『We』では「ミボージン日記」を連載中。


ヒューマンライツの購入はこちら

※11月号の目次はまだアップされてませんが… 
11月号の目次がアップされました

「ヒューマンライツ」はたまに図書館に入ってます。
役所の人権ナントカ方面の部署で購読している場合もあります。
フェミックス事務所にもバックナンバーがありますので、フェミックス事務所に近い方はそちらでも読めます。
もちろん買うこともできます。

ピーター・ノースの祝福
watanabe.jpg

てっぺんまでもうすぐ
watanabe2.jpg
Genre : 本・雑誌 雑誌
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ