FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

てっぺんまでもうすぐ


てっぺんまでもうすぐ
渡辺やよい
\1,365
アメーバブックス
2005年

渡辺やよいの、これは「自伝小説」らしい。私小説?

けっこうきつい内容から始まる。
内田春菊の『ファザーファッカー』みたいな…

でも、最後まで読んで、読後感はわるくなかった。明るさがあった。読むなら最後まで読まないと、かえってきつい。

渡辺やよいは「あとがき」でこんなことを書いている。

▽こどものころ、私の周りの大人はみな、自信満々に生きているように見えた。そして私に、「こどもはこうあるべきである」「大人はこうあるべきである」「人はこうあるべきである」「女はこうあるべきである」と、「あるべき」生き方をぎゅうぎゅう押しつけてきた。

 おどおどしたこどもだった私は思った。
「大人になれば、私もきっとあるべき人間になるにちがいない」

 しかし。
 人生を半ば過ぎて、私が知ったことは、おどおどしたこどもはおどおどした少女になりおどおどした女になりおどおどしたおばさんになり、このままではおどおどしたおばあさんになるしかない、ということだった。

 私は未だにひとに、自信満々で「こうあるべき」などと語ることはできない。
 私は「こうかもしれない」としか、言えない。
 でも、今、私は思う。
「あるべき人生なんてどこにもない。その人のそのままあるがままの人生しかないのだ」

 そう分かるのに、40年もかかってしまった。そう思えるまで、あるべき人間になれない自分をずいぶん卑下した。自分で自分をおとしめた。

 もうやめよう。
 自分をいとおしんであげよう。
 おどおどしたおばあさんも、いて、いい。今私の子供たちに、私が言えることは、
「そのまま生きてもいいんだよ」
(pp.220-221)


(9月29日読了)
スポンサーサイト



 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ