FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

天の歌 小説 都はるみ


天の歌 小説 都はるみ
中上健次
\560
中公文庫
1992年

高山文彦の『エレクトラ 中上健次の生涯』を読むまえに、ウォーミングアップになにか中上の小説を読もうと思い、図書館の文庫の棚にあったこの本を借りてきた。

表紙には椿の花。

都はるみといえば「アンコ椿は恋の花」か、「北の宿から」。どちらも私はサビの部分しか分からないのだが、この小説を読んで、都はるみの歌をきいてみたい、と強く思った。
スポンサーサイト

三四郎はそれから門を出た


三四郎はそれから門を出た
三浦しをん
\1,680
ポプラ社
2006年

三浦しをんのこの本、タイトルは出た頃から(本屋に並んでいた頃から)知っていたが、ぱらりと中を見たりすることもなかったので、勝手に「三四郎という主人公が出てくる小説に違いない」と思い込んでいた。なぜかそう思い込んでしまっていた。

実はこの本は主に本ネタを書いたエッセイをあれもこれもと集めたエッセイ集だったのだ。タイトルは、漱石の小説のタイトルを並べた、ということらしい。「三四郎」「それから」「門」と。しかもこれはむかし文学史の授業の時に「語呂合わせで覚えよう」と習ったものだそうだ。三浦しをんは「作品名三つぐらい、わざわざ文章にしなくても覚えられるよな…」と書いている。私自身は、こんな語呂合わせ(になっているのか、コレ?)習った覚えすらないが。

三浦しをんは、読書について「もはや好きとか嫌いとかいう範囲を超えて、読書は私の生活に密着している」と書く。

▽私が一日のうちにすることといったら、「起きる。なにか読む。食べる。なにか読む。仕事をしてみる。食べる。なにか読む。食べる。なにか読む。寝る」である。ちょっと食べすぎじゃないか。もちろん食べているときにも、なにかを読んでいる。本が手近にないときは、郵便受けに投げこまれたマンションのチラシを読みながら食べる。(p.1)

あーーー分かる分かる!
私もチラシを読みながら食べることもあるし、手近にあるモノの箱の裏に書いてある効能書きだとか、使い方だとか、そういうのを読むこともある。


そして、この本ネタの文章を読んでいると、既読の本もあるけれど、未読の本もたくさんあって、読んでみたいのぅと思ってメモを取った本もいくつか。全部メモするわけにもいかず、いくつか。

たとえば
柴田よしき『シーセッド・ヒーセッド』実業之日本社
安野モヨコ『監督不行届』祥伝社
美濃部美津子『おしまいの噺』アスペクト

三浦の、電車内での「本の探偵」話はほんとにおもしろかった。すなわち隣に座った人が読んでいる本を、横からのぞき読み、書店カバーに隠されたタイトルや著者名を推理し、本屋で確認し、購入して読む。

「すみません、横から勝手に読ませていただいてるんですが、その本おもしろいですね。なんていう本ですか?」と、ずばり訊ねた方がよかったのではないかと思ったりもしながら、断片的に読んだ内容や装幀の具合、文庫本なら天地の処理や紙の具合、活字の大きさなどもチェックして、過去の読書経験を総動員して推理する三浦。

…おかしい。ぷぷぷ

 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ