FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ANIMALS+


ANIMALS+
三沢厚彦
\2,730
求龍堂
2007年

三沢厚彦「ANIMALS+」展が巡回中。今は伊丹市美、次はふくやま美。伊丹の前には高崎美、北海道旭川美、平塚美であった。

こないだは「ANIMALS+」を見物、さらに三沢と山下裕二のトークを聞いてきた。

おもしろかった。
「ANIMALS+」展の図録は、美術館でしか買えないものではなくて、一般流通に乗っている本だった。

ので、図書館で借りてきて眺める。
巻末には酒井忠康(美術評論家)、中川李枝子、森山大道(写真家)との、3つの対談が収録されている。
これもおもしろかった。

中川李枝子の子ども(中川画太、絵描きらしい)と三沢の兄が同級生だったらしい。
スポンサーサイト



予定日はジミー・ペイジ


予定日はジミー・ペイジ
角田光代
\1,680
白水社
2007年

マタニティ日記のかたちで書かれた、小説。
もともと、最後の部分だけを、正月の新聞に「掌編小説」として載せたら、随筆(事実が書かれている)と勘違いされてあれやこれやとお祝いが送られてきたという。
そこから、その最後のところに至るまでを遡って小説に書きませんかという話になって、できた小説、だそうだ。

できてしまったけれど、夫のように飛び上がってやったあというほど喜べない私。
「プレママクラス」が自己啓発セミナーみてえだ、と思って引いてしまう私。
その私と共感できる佐伯さんや、サイトを通じてメールを送りあう「きのうちつやこ」さんの存在。

おもしろかったなー。

初版106ページに誤字発見。

妊婦バンツ → 妊婦パンツ

お仕事がんばります 自閉症の息子と共に 3


お仕事がんばります 自閉症の息子と共に 3
明石洋子
\2,100
ぶどう社
2005年

「自閉症の息子と共に」の3冊目。テーマは「働いて、楽しむ」。中学時代から、徹之さんの就労のイメージづくりをしてきた洋子さん、そして自分の希望を表現し、それを実現してきた徹之さんの話。

▽私は、コミュニケーションに障害のある徹之の「思い」を育て、その意思を確認するために、楽しい経験を積み、できるだけ多くの選択肢を提示し、その中から「本人が選ぶ、本人が決める」(自己選択・自己決定)を最優先課題にしてやってきました。例えば、幼児期の日々のおやつ、着るもの、遊びに行く先から始まって、少年期・青年期の就学や就労など、本人の大切な生きる道(人生)を、そうやって決めてきました。

 そして徹之が選んだ道は、「高校にいきたい」「清掃局で働きたい」という、それぞれ前例がない、そのつど目の前に厚い壁が立ちふさがる、困難な進路でした。それでも、本人の熱い思いに、周りのみんなが心を動かされ、強力な支援のネットワークになって、徹之は希望通り、高校生にも、公務員にもなれました。(p.12)

徹之さんが定時制高校へ入って、最初に担任を引き受けた小島先生の話がイイ。

▽最初に担任を引き受けてくださった小島吾朗先生は、見事なくらい差別も偏見も同情も持たれてなくて、徹之に「個性豊かな一人の生徒」として接してくださいました。

 人には「同情するより理解してください」と言っている私でさえ、実のところ中学校までは「障害のある子だから」とレッテルを貼っていたようで、徹之を常に人から面倒を見てもらう立場に置いていたように思います。本人がしたいことも、「かわいそう、大変そう」と私が止めたこともあります。

 ところが小島先生は、徹之を宿泊を伴う山行にも参加させてくださいました。私は、手がかかっては申し訳ないと付き添いを申し出たのですが、「徹之君本人が『誰かついてきてほしい』と言っているのですか?」と尋ねられ、「付き添い、いりません」と徹之の意志を確認され、「山の仲間たちがいますから心配しないでください」と力強くおっしゃってくださいました。私は感激!しました。

 《今までは、「付き添いなどいらないのではないかな?」と思う場面でも、先生方は不安いっぱいで、ほとんどの場合、私が付き添うという条件で、やっと参加が許されるということがほとんどでしたから》

 しかも当日、天候が不順になり、私は皆さんの足を引っ張るのではないかと心配になり、「徹之の参加は見合わせましょうか?」とお聞きしました。すると小島先生は「徹之君自身が不安に思っているのですか?」と、本人の意思を確かめられました。徹之はもちろん「行きます!」です。「では予定通りでいいですね」と、小島先生は他の生徒と同じ扱いをされました。

 私は「本人の主体性を認めるって、こういうことなんだなぁ」と感心しました。(pp.92-93)
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ