FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

茶色の朝


茶色の朝
フランク パヴロフ:物語
ヴィンセント ギャロ:絵
藤本一勇:訳
高橋哲哉:メッセージ
\1,050
大月書店
2003年

さいきん、なにかの本で読んで、図書館で借りて読んでみた。
「フランスのベストセラーにオリジナルの絵と解説を加えた日本版」なのらしい。
そうか、あの絵は日本版だけか。
電話してるときなんかに、ぐるぐるとボールペンで円を書いていたりする、あのぐるぐるなぞったような線の絵だった。

けっこう、こわい話。

人のセックスを笑うな


人のセックスを笑うな
山崎ナオコーラ
\1,050
河出書房新社
2004年

タイトルと名前だけは知っていたけど、これがエッセイなのか小説なのか何なのかも知らずに、ひょいと人からまわってきたのを借りた。

小説でした。

1作で1冊にするための苦肉の(?)作なのか、字が大きくて行間がひろーいつくり。
これは『野ブタ。をプロデュース』とともに、第41回文藝賞をとったのだそうで(選考委員は、角田光代、斎藤美奈子、高橋源一郎、田中康夫だって)。

巻末の広告をみると、第40回の文藝賞は生田紗代の『オアシス』(これは読んだ)と伏見憲明の『魔女の息子』(これは読んでない)がとったそうだ。で、第38回文藝賞が綿矢りさの『インストール』だとか(これも読んでない)。


▽ぶらぶらと垂らした足が下から見えるほど低い空を、小鳥の群れが飛んだ。(p.3)

この、冒頭の一文を読んで、(この足は誰の足?)と思って、じつは今もわからない。オレの足? 小鳥の足?

 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ