FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

雑踏(II)

 ぞろぞろと傭が並んでいるのは何となく知っていたし兵馬俑というだけあって、「兵」や「馬」があるのはわかっていた。それ以外にもいろいろうじゃうじゃとあって、男官、女官、宦官もあり、犬も家畜と野生のがあり(尾のかたちで識別するとかで、尾をくるりと巻いているのが家畜、尾をだらりと垂れているのが野生と書いてあった)、豚の親子、山羊、羊など。豚もぞろぞろうじゃうじゃと出てくるらしい。知らなんだなー
 出口の中国物産展みたいなところで絵はがきを3枚買って出る。

 外はすっかり暗く、こんな暗い時間にこのあたりを歩くのは初めてに近く、いつも昼間に通るのとは風景がちがってみえる。河原町方面へ出て、ちょうどカウンターも空いていたので久しぶりに「おめん」へ入る。
 牡蠣のみぞれ和えとおでんでビールを少し飲み、それからおめんをいただく。おでんは、大根、金時人参、じゃがいも、こんにゃく、ごぼ天、生麩が入っていた。おいしかった。

 電車でぐうぐう寝ながら帰る。駅についたら、雨がぱらぱらと降り出していた。

 オヤツ食べて、お茶いれて、『女の気まま運転』を読んでしまい、それから『夜をゆく飛行機』を読んでしまう。

 終盤で、里々子が、祖母の死を知る。そのときの「二つの時間」という話が強く印象に残る。男とのデートにうつつをぬかしていて、ずっと携帯がぶるぶると震えていたのを、他の男からだと思い込んで、カバンの奥深くに携帯をつっこんだ。そして、やっと日付が変わる前に、姉からの電話で祖母が死んだことを里々子は知るのである。

▽祖母のことを聞かされてから、私はずっと、二つの時間のことを同時に思い浮かべるようになった。つまり、こういうことだ。祖母の意識がなくなったとき、私は予備校の教室で、日本史の授業も聞かず怜二のことをぼんやりと考えていた。…みんなが泣きながら祖母にお化粧をし動かなくなった唇を水で濡らしているとき、嬉々として怜二との待ち合わせ場所に向かい、そうして祖母がゆっくりとこの世界から遠ざかっていくとき、私はにやける口元を必死におさえ、怜二の隣でがばがばと酒を飲んでいた。…
 たぶん、この先三十歳になっても、五十歳になっても、おばあちゃん、という人のことを思うとき、私は二つの時間を思い浮かべるのだろうと思う。私のいなかった場所と私のいた場所の。(272-273ページ)
 
 
 

雑踏(I)

 変な夢を明け方に見て、起きる。
 午前中は本を読んでいた。「次の方がお待ちです、お早めに」とシールの貼ってある角田光代の『夜を行く飛行機』。四姉妹が出てくる。有子(ありこ)、寿子(ことこ)、素子(もとこ)、そして里々子(りりこ)。
 朝ご飯たべて、芋たこなんきん見て、コーヒーいれて飲みながら、しまい近くまで読む。お昼に、トマトソースのスパゲティを食べてから、京都へ出かける。今日は京都近美と京都文博のハシゴの予定。雨はまだ降ってない。

 電車でちょっと居眠りしつつ、田辺聖子のカモカ・シリーズ2冊目『女の気まま運転』を読みつつ、先に東山へ。烏丸も御池も東山も、ふつうの土日よりずっと人が多いかんじ。うじゃうじゃ、と人がいる。急に寒くなって、紅葉もキレイになってきたし、土日が休みの人は金曜も休めば4連休だからか。
 近美は都路華香(つじかこう)展。さすが、プライスコレクションの若沖よりずっと空いている。4階の常設展示のほうもいろいろ変わっていて、新収蔵品として澤田知子ややなぎみわがあった。華香の「十牛図」はカラフルで、キレイだった。あれば何枚か、と思ったのに都路華香の絵はがきは一枚もなくて、かわりに小野竹喬と池田遙邨を買う。

 近美から文博へ、三条をぬけて歩いていく。地図で見ると思ったより近く、こないだの芦屋美博から大谷まで歩いたくらい。しかし京都は人が多い。三条から文博への間もかなり人が多い。

 文博では、同僚Nさんに教えてもらった「別館」の阿蘭陀館という喫茶店へ先に入ってみる。コーヒーがおいしかった!というNさんの評判どおり、コーヒーはおいしかった。古い建物は天井が高く、蝶ネクタイをした爺さん二人が給仕をしていた。
 
 それから文博の始皇帝と彩色兵馬俑展を見物。閉館まで1時間なかったせいか、だいぶ空いていた。きっと昼間はくちゃくちゃに込んでいるのだろう。「等身大」の傭を作ろうなどと、よくまあ考えたもので、始皇帝ちゅうのはどんだけの権勢を誇っていたのやろか、と思う。

Weの発掘

 休み。朝からものごっつねむい。このところずっと寝不足が続いているせいか、あくびばかり出る。同居人を送り出してから、もう一寝入りしようと思いながら、洗濯物がたまってるので、とりあえず洗濯。×2

 コーヒー飲んだりしてたら、ちょっと眠気が去ったので、メールを書いたり、手紙を書いたり。今日届いた手紙のなかに、ハハの長い友人のおひとりMさんから、ハハがたくさん書き送った絵はがきの束があった。Mさんが入院していた頃にかなりの枚数を書いたものらしい。ハハの、まだ病気になる前の字、悪筆がなつかしい。

 昼ご飯を食べたあと、Weの発掘にとりかかる。住民図書館の資料をひきついだ「共生社会研究センター」で欠けている号を、ウチの在庫から譲りますよという話になって、しばらく前からきちんと発掘して揃えよう、ついでにウチの本棚にもきっちりWeを並べようと思っていながら、原稿の嵐や校正の嵐で延び延びになっていた。ようやく。

 だいたい在処はわかっていたので、少しずつ出して、順に並べていってみると、自分の手持ち用に置いていたはずの号も一部見当たらないのがあった。あわせてヒューマンライツも並べてみたら、こっちもいくつか見当たらない号が…。
 さらに、古いブックマークが出てきた上に、古いファイルも出てきた。実家にあるものだと思っていたが、私がウチに持ってきてそのままにしていたらしい。ブックマークの創刊号から12号までが綴じてあるファイル。今のブックマークと比べると、あまりにきたないつくりで、はずかしいようななつかしいような。
 50号あたり、ちょうどハハが死んだあとに出した号も出てきて、何人かの方が書いてくださっていた思い出話のテキストを読んだら、泣いてしまった。
 
 日が傾く頃まで、せっせと本棚の片づけをしたあと、郵便局へ寄る用もあって外出。買い物して帰宅。
 それからかなりの眠気がおそってきて、布団にくるまり、魚住直子の童話を2冊さらさらと読んだあと、小一時間寝る。
 同居人のカエルコールで起きて、ご飯の支度。
 今日は生姜と豚バラとセロリ炒め。ヒジキの柚子こしょう煮といんげんを和えたもの、キャベツと人参の味噌汁、ご飯。
 ご飯のあとに梨をむいて、一休み。

 それから、Weやヒューマンライツを並べる場所をつくるため、本棚の片づけ。大きさを揃えて本を並べたら、もうちょっと本が入るだろうと思われるため、ついでに周りの本棚もいじってみる。
 一段落したところで、続きは明日にまわして、風呂に入って寝る。
 
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第67回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ