FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

夕方まで休息

 遅番の前半休をとって、夕方まで、ウチで校正の残りをやって送る。ふう。

 晩ご飯は、しぇふのオリジナル鍋。

 不思議な鍋であった。

 小蕪と冬瓜、人参をダシでたいてあり、まず蕪や冬瓜をもりもり食べる。あったまる。蕪や冬瓜をあらかた食べたあと、そこでしゃぶしゃぶ。肉は玉葱のすりおろしまみれになっている。
 つけるタレが、これまたオリジナルで、酒と梅干しを煮詰めて、しょうゆと魔法汁を足したもの。しゃぶしゃぶした肉を、さっとつけて食べる。けっこうウマい。
 肉が半分ほどすんだところで、こんどは水菜を投入して、ハリハリ鍋風。山盛り水菜を食べたあと、また肉をしゃぶしゃぶ。

 

餃子!

 昼まで、Weの「え」をかく。
 昼はペペロンチーノ。しぇふ作。

 阪神芦屋から、まず芦屋の美博、市立美術博物館へいく。

 「なにわ四条派」

 そこから歩いて大谷美術館へ行く。雨が降り、風が強く、寒い!!!

 「関西の風景画」

 この企画展のもとになったという「美術手帖」の記事がオモロイ。図録に、コレの復刻でもつけてもらえたらな~買うのにな~

 夙川駅前へ。

 めあての定食屋は6時から。5時半前に駅のあたりへついてから、「ぎょうざ、ぎょうざ、ぎょうざ!」と思いながら、本屋をのぞいたり、百均をのぞいたりして時間をつぶす。

 『「街的」ということ』を読みながら、はんぶん居眠りして帰る。

 美術館はどっちもおもしろかったし、餃子もウマかったし。たいへんまんぞく。よく遊んだ。

あくびがとまらん

 今日もねむくてたまらんかった。
 朝からあくびがとまらん。

 雨が残る朝。仕事はなんやかやと忙しなくて、午前中は新しく貸出カードをつくる人が多く、昼からはチラシの印刷を2つやってしもてから、夕方の会議にむけて資料作成。小一時間の会議のあとで、他の部署と企画について相談話をしていたら、すっかり暗くなっていた。久しぶりに残業してしもた。

 帰りに図書館へ寄って、2冊返して2冊借りる。
 今日返した江弘毅(「ミーツ・リージョナル」の編集長をやっていた人)の『「街的」ということ』がおもしろかった。



 あわせて返した日経の『会社とは何か』は、新聞連載をまとめただけあって、さらさらーと読めた。会社も、長いことやってるとこばかりがイイわけではないなあと思ったり。
 さぬきうどんの杵屋はエライと思った。赤字だった貝塚の水間鉄道を支援して黒字経営に転換し、杵屋の会長は「3年目には配当を出して、株の50%程度は地元住民に持ってもらいたい。利益の3割は貝塚市に寄付する」と言っている。地元と「ともにある」会社をつくっていくのは、こういうことかなと思った。

 かなりくたびれたので、晩ご飯はささっと。
 ご飯たいて、キャベツと人参と玉葱の味噌汁、いつもの豆サラダに、鰺の干物を焼く。ご飯がうまい。

 「ギョッとする江戸の絵画」の北斎編を見る。やはり北斎は肉筆がエエなあ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ