読んだり、書いたり、編んだり 

鶏団子鍋(II)

▽[企業を改革する]もうひとつの方法は、従業員が会社の運営・経営に参加していくことです。会社のことをもっともよく知っているのは従業員であり、会社が倒産してもっとも困るのも従業員です。そういった人たちが、自分の会社をどうするかについてもっと考える必要があるのです。(奥村宏、65ページ)

▽インターネットの時代には、模倣されない何かを持つ必要があります。では、模倣されないものとは何か? それはふたつあって、ひとつは知識資産(組織的経験、熟練的技能、ノウハウ、知的財産、ブランドなど)、もうひとつは新しい知識を生み出す力(知力、イノベーション力)です。…
 …どんなときにどうすれば知識をつくれるかというと、それが「場」になります。よいプロジェクト・チームがあるとか、もしくはプロジェクト・チームの制度があるとか、そういった「場」を持っていることが企業の根幹の力になるのだと考えています。
 …「場」は知識を創り出すプラットフォームなのです。もちろん、その「場」は社内だけでなく、社外とつながってもいるわけです。そこでは、知識労働者が行ったり来たりしながら、知を共有し、創り出していくのです。(紺野登、142-143ページ)

▽…価値を生み出す源泉が「情報から知識へ」と、大きく変わっているのです。このパラダイム・シフトで何が起こるのか、何が変わるのかを簡単にまとめてみましょう。
 まず、情報と知識の定義ですが、これは難しいものがあります。あえてたとえるなら「いわし雲がどの時間にどの地点に出たか」というのが情報で、「いわし雲が出ると翌日は雨である」というのが知識だといえるでしょう。
 すなわち、情報とは「データの集まり」であり、基本的には事象の観察から得られるものであって、主観性よりも客観性や正確さが重視されます。それに対して、知識というものは「物事や事象の本質についての理解、あるいはメンタルモデル」であり、「認識・行動するための道理にかなった秩序」のことです。…
 われわれは情報を活用して行動していますが、情報を活用するためには、知識の助けを借りなければなりません。いまや、情報を処理する分析的パラダイムから、知識を活用する創造的パラダイムの時代になっているのです。(紺野登、150-151ページ)

用心して出勤

 日曜に寝たおしたせいもあり、体調はまあまあ。朝は軽めに食べる。迷ったけど、弁当をもって出勤。
 体力を要する作業はほとんど終わったので、あとは座ってもできるデータ処理の仕事やら、たまっている仕事やらをぼちぼち片づける。

 お昼はよくかんで、ゆっくり弁当を食べた。

 やはり、一日終わるとけっこうくたびれる。

 帰りに図書館へ寄って、ギリギリまで借りていた鶴見良行の『歩きながら考える』を返す前に、数カ所抜き書きする。天孫降臨の話がかなりおもしろい。

 本を借りて帰ったら、同居人がけっこう早く帰ってきた。会社のあたりは雨が降っていたので、今日は歩かずに地下鉄で帰ってきたらしい。
 妹1号にもらった「さぬきうどん」を茹でて、釜揚げで食べる。薬味にネギと生姜があう。
 さすがに釜揚げうどんだけでは足りないので、土曜に私がほとんど食べなかったキムチ鍋の残りにスープを足して、素麺を入れて地獄炊きにする。それをずるずる食べたら、お腹もほどよく満たされた。

 同居人は夜介護へ。私はまた早めに寝る。

背中が痛くなるほど寝る

 夜中に吐いたあとは、多少すっきりしたものの、朝になっても調子はよろしくなくて、ごろごろと寝つづける。
 リンゴなら食べられそうなので、同居人に買い物に行ってもらう。
 リンゴと、生姜湯と、きんかん湯と、ゼリー飲料を買ってきてくれたので、ゼリーをちゅうちゅう飲んで、生姜湯を飲んで、リンゴを食べる。
 それでまた寝る。
 首まわりにえらく汗をかくので、タオルを取り換える。

 長時間寝てると背中が凝って痛くなってきた。なんどか同居人にもんでもらい、途中でお灸も一度して、寝る。

 今日は、父ちゃんの誕生祝いということで、父ちゃんと妹たちと集まってご飯を食べることにしていたので、日が暮れてから、それは何とか出かける。雨が降り出していて、ちょっと寒い。

 妹たちには、昨日の晩から調子がわるいから、あまり食べんけどとメールで知らせておいた。父ちゃんは、私がほとんど食べてないのに気づいてないようなので、そのまま、食べられそうなものだけ少しだけ食べて、あたたかいお茶を飲んで。やはり身体を立てていると、背中の痛みも消えてきて、だいぶらく。

 1軒目は出て、向かいの喫茶店でお茶。たいへん珍しいことに父ちゃんがケーキセットを食べた。チーズケーキを初めて食べたらしい。それで、けっこう気に入ったみたいだ。めーずーらーしー。
 
 解散して、帰る。
 お風呂で汗だけ流して、また早めに寝る。

喉の痛み

 蔵書点検2日目。
 ホコリのせいか、疲れのせいか、昼間からずっと喉が痛くて、作業の合間にうがいをがらがらやってたけど、痛みがおさまらず、仕事がすんでソッコー帰る。帰ったら、えらいしんどくなってきて、同居人が帰ってくるまで布団かぶって寝ていた。

 しぇふがキムチ鍋をつくったのを、途中まで一緒に食べたが、おなかがかたまったような感じで調子がわるく、あまり欲しくない。お茶をたくさん飲んで、またすぐ布団に入る。しんどい。

 からだをあっち向けてもこっち向けても、なにかきもちがわるく、ごろごろしながら寝る。
 夜中にえらい汗かいて起きる。着換えて、また寝る。
 こんどはきもちわるくなって起きる。胃で、食べたもんがそこから先へいけずによどんでる感じ。あっち向いたりこっち向いたりしてみたがおさまらず、起きて一度吐く。

 口をゆすいで、また着換えて、寝る。
 疲れか。これがはやりの「おなかにくる風邪」か。

鶏団子鍋(I)

 今日までライブラリーは閉室で、ポスター展の撤収をしたり、たまってる仕事を多少かたづけたり、会議など。
 定時ですんだあと、組合の秋期要求書に対する回答を事務局からもらう。いろいろ思うところはあるが、年末一時金(ぼーなす)の支給月数について、プロパー職員とあわせられないのは「予算のこともあるので」と言われたのが、かなりいらだった。予算要求をそもそもしてきたのか?とも思う。

 晩は、鶏団子鍋。
 鶏モモをハサミでちょきちょき、生姜も一緒にちょきちょき。
 昆布だしとって、白菜、白ネギをくたっとたいたところへ、シメジ、まるめた鶏団子をいれて、菊菜も投入。それをポン酢に柚子こしょうで。あったまる。豆腐も足して、ぷりぷりの鶏団子をもりもり食べる。
 シメは雑炊。昆布だし+鶏のだしで、ウマかった~~

 今日も早めに寝る。

 朝から読んでたのは『会社は株主のものではない』という本。
▽ヒトとモノをしっかり区別し、ヒトはヒトを所有できず、モノはモノを所有できない、という近代的な所有関係から出発しながら、逆にヒトとモノとのあいだの区別を覆してしまうという意味で、法人は矛盾した存在なのです。
 もうひとつ、法人がいかに特殊なものかという例として、財団法人を挙げておきましょう。財団法人とは、寄付されたお金を財団として、それを法人化することで成り立っています。つまり、モノであるお金のかたまりをヒトとしてみなしているわけで、この場合、お金がモノでありながら同時にヒトでもあるのです。お金をヒトとして扱える、ここに法人というものの不思議さがあるのです。(岩井克人、19ページ)

▽世界最大の投資家であり慈善家でもあるジョージ・ソロスや、科学哲学者のカール・歩パーがいっていますが、自分たちが見ている世界というのは、じつは自分たちが加担して住んでいる世界なんだけど、その自分たちもまたその世界によって影響を受け、つくられていると。つまり、相互浸透的な構造になっているわけです。
 だからそういう形でいえば、ある種の幻想というものは、その幻想をつくっている人々がいてできあがった幻想なんだけれども、同時にそこに参加している人たちの考え方というのも、自分たちがつくった幻想に支配されているような関係にある、ということです。(平川克美、106ページ)

ギャラリーをハシゴ

 久しぶりに洗濯して干す。洗濯日和で、気温も高め。
 体調はまあまあ。

 同僚iさんと昼からギャラリーをいくつか見物にいくことに。藍布に集合して遅めのランチ。レンコンやいんげんの入ったサラダ、鶏とトマトとジャガイモのベトナム風カレー、デザートは蓮の実とさつまいもを甘くたいたものにココナツミルクがたらりとかかっていた。オイシイ。

 藍布の隣のギャラリー
→東側のギャラリー2軒
→ドーンセンター内のギャラリーゆう「松井やより全仕事展」

ここまでで、2時間ほど。ちょっとくたびれてきたが、がんばって心斎橋までいく。

安野光雅展@そごう心斎橋

これがまた点数の多い展示であった。どの原画もよかったけど、『旅の絵本 V』の原画には、スペイン方面の風景のなかに、どう見ても「一寸法師」がお椀の船に針の櫂をもってるようなのが描き込まれていたり、白雪姫と七人のコビトがいたり、遊んでるな~とおもしろかった。
 「野の花と小人たち」の原画もあり、なつかしかった。『もりのえほん』もおもしろかった~

 この人も北斎のように、絵を描くのが好きで好きでたまらんのやなあとつくづく思う。

 同僚iさんは保育所のお迎えもあるので、オヤツはパスにして、わかれる。

 タイ焼きそば。

蔵書点検

 今日は朝は曇っていたが、だんだん晴れてきた。
 職場のライブラリーでは蔵書点検がはじまり、本を運んだり運んだり、本のバーコードをぴろりんとよんだりぴろりんとよんだり、本棚を拭いてまた本を戻したり・・・を一日ずっとやっていた。5時頃には「もう体力売り切れ」と思うくらいへろんちょに疲れた。へなへなと帰る。

 晩ご飯。菊菜のゴマ和え、柚子こしょう風味のヒジキ煮といんげんを和えたやつ、キャベツと人参の味噌汁(酒粕入り)、帰ってきた同居人がささっとつくった鶏ささみ入りのトマたま、ごはん。
 トマたまをご飯にかけてどんぶり風にがつがつと食べ、味噌汁をずずずと食べたあと、缶ビール1本あけて、ほかのおかずをつつく。
 
 重曹でぶくぶくさせたお湯にゆっくりつかって、川上弘美の『あるようなないような』をぱらぱらと読む。

 明日も蔵書点検の作業。どこか筋肉痛になる、かも。
 

雑踏(II)

 ぞろぞろと傭が並んでいるのは何となく知っていたし兵馬俑というだけあって、「兵」や「馬」があるのはわかっていた。それ以外にもいろいろうじゃうじゃとあって、男官、女官、宦官もあり、犬も家畜と野生のがあり(尾のかたちで識別するとかで、尾をくるりと巻いているのが家畜、尾をだらりと垂れているのが野生と書いてあった)、豚の親子、山羊、羊など。豚もぞろぞろうじゃうじゃと出てくるらしい。知らなんだなー
 出口の中国物産展みたいなところで絵はがきを3枚買って出る。

 外はすっかり暗く、こんな暗い時間にこのあたりを歩くのは初めてに近く、いつも昼間に通るのとは風景がちがってみえる。河原町方面へ出て、ちょうどカウンターも空いていたので久しぶりに「おめん」へ入る。
 牡蠣のみぞれ和えとおでんでビールを少し飲み、それからおめんをいただく。おでんは、大根、金時人参、じゃがいも、こんにゃく、ごぼ天、生麩が入っていた。おいしかった。

 電車でぐうぐう寝ながら帰る。駅についたら、雨がぱらぱらと降り出していた。

 オヤツ食べて、お茶いれて、『女の気まま運転』を読んでしまい、それから『夜をゆく飛行機』を読んでしまう。

 終盤で、里々子が、祖母の死を知る。そのときの「二つの時間」という話が強く印象に残る。男とのデートにうつつをぬかしていて、ずっと携帯がぶるぶると震えていたのを、他の男からだと思い込んで、カバンの奥深くに携帯をつっこんだ。そして、やっと日付が変わる前に、姉からの電話で祖母が死んだことを里々子は知るのである。

▽祖母のことを聞かされてから、私はずっと、二つの時間のことを同時に思い浮かべるようになった。つまり、こういうことだ。祖母の意識がなくなったとき、私は予備校の教室で、日本史の授業も聞かず怜二のことをぼんやりと考えていた。…みんなが泣きながら祖母にお化粧をし動かなくなった唇を水で濡らしているとき、嬉々として怜二との待ち合わせ場所に向かい、そうして祖母がゆっくりとこの世界から遠ざかっていくとき、私はにやける口元を必死におさえ、怜二の隣でがばがばと酒を飲んでいた。…
 たぶん、この先三十歳になっても、五十歳になっても、おばあちゃん、という人のことを思うとき、私は二つの時間を思い浮かべるのだろうと思う。私のいなかった場所と私のいた場所の。(272-273ページ)
 
 
 

雑踏(I)

 変な夢を明け方に見て、起きる。
 午前中は本を読んでいた。「次の方がお待ちです、お早めに」とシールの貼ってある角田光代の『夜を行く飛行機』。四姉妹が出てくる。有子(ありこ)、寿子(ことこ)、素子(もとこ)、そして里々子(りりこ)。
 朝ご飯たべて、芋たこなんきん見て、コーヒーいれて飲みながら、しまい近くまで読む。お昼に、トマトソースのスパゲティを食べてから、京都へ出かける。今日は京都近美と京都文博のハシゴの予定。雨はまだ降ってない。

 電車でちょっと居眠りしつつ、田辺聖子のカモカ・シリーズ2冊目『女の気まま運転』を読みつつ、先に東山へ。烏丸も御池も東山も、ふつうの土日よりずっと人が多いかんじ。うじゃうじゃ、と人がいる。急に寒くなって、紅葉もキレイになってきたし、土日が休みの人は金曜も休めば4連休だからか。
 近美は都路華香(つじかこう)展。さすが、プライスコレクションの若沖よりずっと空いている。4階の常設展示のほうもいろいろ変わっていて、新収蔵品として澤田知子ややなぎみわがあった。華香の「十牛図」はカラフルで、キレイだった。あれば何枚か、と思ったのに都路華香の絵はがきは一枚もなくて、かわりに小野竹喬と池田遙邨を買う。

 近美から文博へ、三条をぬけて歩いていく。地図で見ると思ったより近く、こないだの芦屋美博から大谷まで歩いたくらい。しかし京都は人が多い。三条から文博への間もかなり人が多い。

 文博では、同僚Nさんに教えてもらった「別館」の阿蘭陀館という喫茶店へ先に入ってみる。コーヒーがおいしかった!というNさんの評判どおり、コーヒーはおいしかった。古い建物は天井が高く、蝶ネクタイをした爺さん二人が給仕をしていた。
 
 それから文博の始皇帝と彩色兵馬俑展を見物。閉館まで1時間なかったせいか、だいぶ空いていた。きっと昼間はくちゃくちゃに込んでいるのだろう。「等身大」の傭を作ろうなどと、よくまあ考えたもので、始皇帝ちゅうのはどんだけの権勢を誇っていたのやろか、と思う。

Weの発掘

 休み。朝からものごっつねむい。このところずっと寝不足が続いているせいか、あくびばかり出る。同居人を送り出してから、もう一寝入りしようと思いながら、洗濯物がたまってるので、とりあえず洗濯。×2

 コーヒー飲んだりしてたら、ちょっと眠気が去ったので、メールを書いたり、手紙を書いたり。今日届いた手紙のなかに、ハハの長い友人のおひとりMさんから、ハハがたくさん書き送った絵はがきの束があった。Mさんが入院していた頃にかなりの枚数を書いたものらしい。ハハの、まだ病気になる前の字、悪筆がなつかしい。

 昼ご飯を食べたあと、Weの発掘にとりかかる。住民図書館の資料をひきついだ「共生社会研究センター」で欠けている号を、ウチの在庫から譲りますよという話になって、しばらく前からきちんと発掘して揃えよう、ついでにウチの本棚にもきっちりWeを並べようと思っていながら、原稿の嵐や校正の嵐で延び延びになっていた。ようやく。

 だいたい在処はわかっていたので、少しずつ出して、順に並べていってみると、自分の手持ち用に置いていたはずの号も一部見当たらないのがあった。あわせてヒューマンライツも並べてみたら、こっちもいくつか見当たらない号が…。
 さらに、古いブックマークが出てきた上に、古いファイルも出てきた。実家にあるものだと思っていたが、私がウチに持ってきてそのままにしていたらしい。ブックマークの創刊号から12号までが綴じてあるファイル。今のブックマークと比べると、あまりにきたないつくりで、はずかしいようななつかしいような。
 50号あたり、ちょうどハハが死んだあとに出した号も出てきて、何人かの方が書いてくださっていた思い出話のテキストを読んだら、泣いてしまった。
 
 日が傾く頃まで、せっせと本棚の片づけをしたあと、郵便局へ寄る用もあって外出。買い物して帰宅。
 それからかなりの眠気がおそってきて、布団にくるまり、魚住直子の童話を2冊さらさらと読んだあと、小一時間寝る。
 同居人のカエルコールで起きて、ご飯の支度。
 今日は生姜と豚バラとセロリ炒め。ヒジキの柚子こしょう煮といんげんを和えたもの、キャベツと人参の味噌汁、ご飯。
 ご飯のあとに梨をむいて、一休み。

 それから、Weやヒューマンライツを並べる場所をつくるため、本棚の片づけ。大きさを揃えて本を並べたら、もうちょっと本が入るだろうと思われるため、ついでに周りの本棚もいじってみる。
 一段落したところで、続きは明日にまわして、風呂に入って寝る。
 

トモ、ぼくは元気です

 休み。明日から雨だと天気予報が言うてるので、洗濯して干す。
 コーヒーいれて、録画した「芋たこなんきん」を見てから、野菜を刻んでドライカレーをつくる(晩ご飯用)。

 とりあえず昼は父ちゃんちへ。図書館へ寄ったら、リクエスト待ちしていた『トモ、ぼくは元気です』が届いていた。「次の方がお待ちです、お早めに」のシールが貼ってあるので、モノレールで途中まで読む。一作目の『走れ、セナ!』より、書き慣れた印象。大阪弁が飛び交うのもエエかんじ。

 乳酸菌を探してスーパーなど3軒まわってみるが見当たらず。レンズ豆があったので買って、父ちゃんち着。今日の昼は焼き春巻きなど。
 父ちゃんは、自分では「そんな、ものすごくがちがちに節制しているつもりはない」と言うけれど、「傍から見てたら、ストイックに見えるデ」と言ってみる。それでも、もう70のじいさんの性格が変わるわけもないだろうが。

 2時頃まで父ちゃんちで、古新聞をながめたり、『トモ、…』の続きを読んだり。それから妹2号宅へ行く。空が暗くなってきて、雨が降りそうなかんじ。

 先週の続きで編み物をしばらく一緒にやって、それからお犬様の散歩。おいとまして、モノレールで『トモ、…』を読んでしまい、図書館へ寄ったら、またリクエスト待ちしていた本がきていたので借りて、買い物していったん帰る。

 ひとやすみしてから、手話へ。
 今日はいろいろとおしゃべり+「みんなの手話」の古いテキストで表現の練習。今日新しくおぼえた手話単語。「キリン」「交差点」「イベント」「不幸せ」

 帰って、ドライカレー食べて、リンゴむいて食べて、それからまた本棚の片づけをする。ちょっとくたびれる。
 

夕方まで休息

 遅番の前半休をとって、夕方まで、ウチで校正の残りをやって送る。ふう。

 晩ご飯は、しぇふのオリジナル鍋。

 不思議な鍋であった。

 小蕪と冬瓜、人参をダシでたいてあり、まず蕪や冬瓜をもりもり食べる。あったまる。蕪や冬瓜をあらかた食べたあと、そこでしゃぶしゃぶ。肉は玉葱のすりおろしまみれになっている。
 つけるタレが、これまたオリジナルで、酒と梅干しを煮詰めて、しょうゆと魔法汁を足したもの。しゃぶしゃぶした肉を、さっとつけて食べる。けっこうウマい。
 肉が半分ほどすんだところで、こんどは水菜を投入して、ハリハリ鍋風。山盛り水菜を食べたあと、また肉をしゃぶしゃぶ。

 
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第43回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ