読んだり、書いたり、編んだり 

久しぶりに図書館

 月曜日、といっても土日出たあとなので、月曜の感じがしない。
 独楽づくりの「折り方指南の図」の残りを朝のうちにつくってしまう。

 帰りに、久しぶりに図書館へ。木曜は月末の資料整理で休館やったし、金曜は定例休館やったし、土日は早番だったので17時に終わる図書館へは行けず、久しぶり。
 
 奥野修司の『皇太子誕生』も読んでしまって返す。皇室の出産という、金も人も技術もつぎこんだ“プロジェクト”の話ではあるが、ここで最新の技術を求めてきたことが、今ではアタリマエのようになった分娩監視装置の普及に先鞭をつけ、そういうものによってかつては致命率がひじょうに高かった未熟児や仮死出産の赤ん坊が助かる可能性が飛躍的にあがったのだなーと思った。ミチコさんがナルちゃんからサーヤまで産んだ十年ほどの間に、技術もずいぶん進み、ちょうど時代も「自宅での出産」から「病院での出産」に変わっていったのだなあ、と。これも「出産の近代化」というものなのだろう。
 「前例」以外に存続根拠がなさそうな宮内庁や東宮方面と、最新の技術をもりこんだ最新の機器が必要だという医師たちの側と、出産にまつわる細々を記した元・宮内庁病院の医師のメモにもとづいた本。タイトルから、ぜったい手にとらない人もいるかもしれないが、なかなかおもしろかった。

 晩ご飯は白菜と春菊と豆腐の鍋。それと手羽先と大根と厚揚げの煮物にご飯。あっさりした晩ご飯のあと、オヤツを食べて、図書館で借りてきた益田ミリの『女湯のできごと』を読む。この人、同い年でしかも大阪出身。妹がいることもあって、書いてある内容にひじょうに親近感をおぼえる。ウチには風呂があったけど、子どもの頃ばーちゃんちへ行ったときはいつも銭湯やったし、妹の同級生にお風呂屋さんの子がいて、そこへもたまに遊びにいくことがあった。

 「ホンマのホンマに同時やったら2本出てくるねんで」という学校で仕入れてきた情報をもとに、自販機のジュースの別々のボタンを、真剣に「同時に」押そうと試みていた益田ミリ。
 これは私にもなつかしい伝説。ふははと笑ってしまい、皿洗いをしていた同居人に「ホンマに同時やったら2本出てくる」という伝説はなかったか、と訊くと、自販機そのものが近所になかった、という答えだった。むむ、そうか。

 益田ミリをふなふなと楽しんだあと、布団に入って、電気を消すまで江國香織の『間宮兄弟』を読む。

くたびれ

 連勤4日目。さすがにくたびれてきた。
 昨日持参するのを忘れた「パープルリボンのキルト」(のようなもの)を、託す。キルトといっても、私がつくったやつは、編み地でつくったやつだから。

 午前中は資料整理で、本の点検やらやったあと、文庫を置いてる本棚がいっぱいなので、どっかからもろてきたお古の本棚を入れてみることになり、そのスチール本棚の組み立てと掃除。
 昼ご飯たべたあとは、会議、会議、会議。
 こないだの「情報のゆがみ」に関わるあれこれについても話をした。まだちょっとすっきりしないところはあるが、他の部署のように、全員で集まってミーティングする機会を増やす(他の担当では週一度は全員の会議があるのに、ライブラリーではシフト体制のせいもあって月に一度しかミーティングがない)ことになる。それで「情報の流れの悪さ」や「情報のゆがみ」が解消できるのかどうかは、まだわからないけれど。かなり疲れはてたあと、もう定時近くなって、月例のホームページ更新作業。さくさく終われば定時であがれるかと思ったが、いくつかうまくいかないところがあり、その原因究明にとりくみ、ようやくすべてのページをアップロードできたときには、1時間ほどたっていた。はぁぁくたびれた。

 もう今日はメシづくりはやめやめ、くたびれたーと同居人の携帯に電話してみると、なにやら今日は定時であがれなくて、時間がかかりそうだというので、とりあえず帰る。
 帰りに買い物していたら、自分のなかで(明日は待ちに待った休み!)→(今日は金曜日)というのがじゅうまんしていて、レジでようやく(そうや、今日は火曜や)と思い出す。土日とも出たのが久々だったこともあるのか、それにしても、休み→明日は土日!という発想が自分にしっかりあって、笑ける。

 同居人が定時に終わるならどっかで待ち合わせて食べて帰ってもいいかと思ったが、一度帰ってまた出るのもめんどうなので、やはりウチでつくることにする。

 豆サラダ(大豆、セロリ、タマネギ、昆布、ツナ入り)
 トマトソースのスパゲティ(トマトソースは瓶詰めのおいしそうなのを買ってきた)

 同居人が帰ってきて、スパゲティと豆サラダをもりもり食べながら、「芋たこなんきん」の録画したのを見る。今日もおかしい。見てておかしい。笑ける。

 ご飯のあと、昨晩読みはじめた江國香織の『間宮兄弟』を読んでしまう。ふしぎーな感じの話。

独楽づくり

 今日もしごと。同居人はこもって遊ぶらしい。

 来月はじめのイベントで、小学生がやってくるので、その“おみやげ”にと担当者が折り紙で「なにか」をつくろうと考えていて、私も協力して折り紙の独楽づくり。パーツを3つ組み合わせるやつ。

 いくつか折ってみて、低学年にはちょっと難しいかもしれないけど、中学年より大きい子なら、ところどころ手助けしてやれば自分で折れるやろし、自分で折ったほうがたのしいやろ、と担当者と話し、協力して「折り方指南の図」を作成することに。
 途中まで折ったのをいろいろつくって大きい紙に貼り、ココを折るとか裏返してこうするとか折り目をつけるとか書き込んでいく。3つのパーツをつくるうちの2つ分の「折り方指南の図」を仕上げる。続きは明日。

 晩ご飯はお好み焼き。こないだアホほど飲んだ同居人は「まだビールが飲みたい感じじゃない」とお茶。私はビール飲みながらお好み焼き。

 奥野修司の『皇太子誕生』を読む。この人の『ねじれた絆』はよかった。で、最近文庫で出ていた本を見て、親本を探して図書館で借りてみた。

4連勤のはじまり

 めずらしく4連勤、しかもぜんぶ早番。土日月火はきつい…

 「ワーキングママの本音」という担当の行事があって、今日は振替で出勤。朝からパソコンやプロジェクターをつないでみて、スクリーンも立ててみて、予行演習。
 午後、『ワーキングママの本音』の著者のおひとりが来て、話を聞く。第二子妊娠中とのことで、お腹もだいぶ大きい。一人目のときと比べて、報道されているように「産科を閉鎖」した病院が増えてきている影響を感じる、という話もあった。こないだ奈良で出産中に意識を失った妊婦さんが結局亡くなられたというケースがあったが、「出産のとりあつかい」予約は、二カ月で気づいたときに既にもう「遅い」くらいで、いくつかの病院をあたり、やっとすべりこみでいけた、と。予約ができなかった場合は「経過観察」だけ受けて(でもそこの病院で出産予約はできず)、産気づいたら救急車をよび「どこかの病院へ運んでもらう」という場合もある、実際そうやって産んだ友だちもいます、というのである。たいへんやな。

 この本の著者さんたちは「ワーキングママのことを書いた本がほとんどなかった」と本にも書いていたし、今日も言うてはったけど、私は(いや~これまでにもけっこうあるよ)と思い、話を聞いても(そういうの書いた本はもうあるよ)と思ってしまった。ライブラリーでは古いの新しいのとりまぜて関連本を展示、リストもつくった。そんなに「ない」かなあという疑問はやはり残った。

 昼休みと、帰ってきてからで、小泉武夫の『不味い!』を読む。
 なんとまあ微に入り細を穿った表現であろうか。

 晩ご飯は酔っぱらい鍋。ネギ、白菜、豚バラなどを積んで、酒ぶっかけてぐつぐつ…という鍋。同居人が図書館で借りてきた「巨人の星のジャズ」のCDと、「チベット仏教のお経」のCDが流れるなか、鍋を食べる。シメの雑炊がうまかった。

 くたびれた。明日も仕事。ふう

二日酔いで休む奴

 ご機嫌よっぱらいの同居人も、今朝はたいそうな二日酔いで、「あたまいたいぃーかいしゃやすむー」とくたばっているのであった。あ~ほ~や~

 むーむーとうなりながら寝ている同居人にならって、私もちょっと昼寝をしていたら、ついぐうすか寝てしまい、いつの間にか夕方なのであった。

 夜は、妹たちと一緒にご飯を食べにいく。妹1号と、妹2号&夫と、私と同居人と5人。

 同居人はおとなしくお茶。妹1号が、代わりにせっせとビールを飲む。
 人が飲むのを見ていると「よう飲むなあ」というのがちょっとわかるらしい。よくわかっとけ。

 名前の由来

自分探しってなんだよ

 遅番。昼頃まで、ちょっと編み物して、ちょっと本を読んで、ぶらぶら歩いて出勤する。日差しが夏のようだ。

 職場で『すーちゃん』を借りてくる。益田ミリのまんが。
 ぷぷぷと帰りの電車で笑いそうになりながら、ちょっと読む。

 遅番の日の晩ご飯はしぇふ同居人担当だが、今日は奴が会社の人と飲みにいったので、私は放置プレイ。帰ってきて、餃子を焼いて、私もビールを飲む。
 すげー酔っぱらい状態の同居人から「いまから2けんめにいきますううう」とできあがった口調で電話がかかる。

 そんなのはほっといて、『すーちゃん』を読む。

 すーちゃん語る。

▽ 自分探しってなんだよ
  世界にたったひとりしかいない本物の自分を
  自分が探してどうすんの

 (105ページ)

 おもろいな~

ウトウトする日

 シフトの関係で、めずらしく月曜休み。で、明日が出勤。朝方は雨が降っていた。
 同居人が出勤したあと、本を読んでたら、ものすごく眠くなって、ぐぐぐっと寝る。
 1時間ほどして起きて、また本を読んでたら、うううっと眠くなり、枕出して、かけ布団出して、また1時間ほどウトウトする。

 昼頃に起きてみたら、雨はあがったようなので、曇り空だが思いきって洗濯機に洗濯させる。昼ご飯を食べて、また本を読んでいたら、ものすごい眠気におそわれて、ウトウトする。洗濯物を干して、またごろごろと本を読んでいたら、ぼとぼとと水の落ちる音で目がさめる。
 雨が降り出している。せっかく洗濯して干したのに、しかたないからウチの中へ入れる。ぶらぶらする洗濯物の下で、またウトウト。

 ウトウトしながらおせいさんの『女の長風呂 II』を読んでしまったので、椅子に座って、小川洋子の『深き心の底より』を読む。こないだ文庫で出ているのを見かけて、親本を図書館で借りたやつ。
 清水眞砂子の本で「物語」が頻出していたせいか、小川洋子の書いたもののなかでも「物語」が気になる。

▽科学が今より未熟だった大昔から、人間は自分たちが存在するという謎や、死への恐怖を、物語の形を借りて乗り越えようとしてきた。整然とした論理の積み重ねにより人間を解明する一方で、バランスを取るかのように、辻褄の合わない自由自在な物語を編み出した。(201ページ)

 小川洋子の本も読んでしまい、雨のせいでだいぶ薄暗くなった夕方、気合いを入れて、図書館へ行くことにする。ついでにブックマークをOさんちへ入れにいくため寄り道。そしたらOさんが家にいはったので、誘われるままあがりこんでお茶とおやつをいただいて、1時間半ほどおしゃべり。

 それから図書館へ寄って、買い物して帰宅。
 晩ご飯は同居人のリクエストによりサンマ。
 サンマの塩焼き
 菊菜のゴマ和え
 豆腐の味噌のせ
 もずくスープ
 ご飯

 サトクリフの『思い出の青い丘』を半分すぎまで読む。

同い年

 やすみ。天気がいいので洗濯して干す。
 ブックマークを送ったメール便が、どういう仕掛けで届くものか、昨日のうちに届いたところもあるようなのだが、発送したとこの隣の区に昨日届いてないのがフシギ。
 でも今日はぼつぼつと各地に届いているようで、届きましたメールも数通届く。昨日、職場で昼休みに同僚さんとしゃべっていて、むかーしの病気のことを思い出し、ネットでちょっと調べてみたり。私はこういう病気だったんやなあ、と思う。親も、そりゃ心配したやろうなあ、と思う。「オマエはカラダがヨワイんだから」としょっちゅう言われていたような気もする。それが、自分の「一病息災」的態度になってるようにも思う。

 久しぶりに編み物しながら、昨日借りてきた「蟻の兵隊」パンフレットを読む。9月に見にいきそびれたあと、どこで見られるかと思っていたが、先週は天王寺で数日上映していたらしい。気づいたのが遅くて、それも終わってしまっているので、あとはシフトやりくりして、神戸の自主上映を見にいくかどうか。
 昼ご飯を食べながらテレビを見ていたら、山瀬まみが出ていた。同い年だと知る。そうだったのか。

 昼ご飯のあと、図書館へ行こうと思いながら、乾燥機をかけたあとのフカフカ布団につい足をつっこんでしまったら、そのまま本体ももぐりこんで、ぐーすか寝てしもうた。

 起きたら薄暗くなっていて、晩ご飯に今週もまた豆のドライカレーをつくる。今日の豆は大豆。でもフツーの大豆だけでなく、入れてみたいヨクボウにかられて、納豆も1パック入れてみた。それで、なんだかとろっとして、スパイスいろいろ振ったけど、ほのかに納豆くさい。

 図書館経由で、手話にいく。今日は関西手話カレッジのDVD教材を見ながらベンキョウ。あまりの手のはやさに、ほとんど読みとれないところもある。

 帰ったら、いれかわりに同居人は夜介護に行き、私は豆のカレーを食べて、はやめに布団に入って、『ペルセポリス』のIを読む。『刺繍』をかいたのと同じ、マルジャン・サトラピの作。マルジも、同い年の人だ。

 

キャベツ鍋

 仕事日。ちょっと涼しい。迷ったが長袖で行く。

 今日はなぜかカウンターが忙しかった。本のことを訊かれたり、貸出カードを新しくつくる人も多く、合間に電話もかかったりで、ばたばた。夕方まで、ちょっと急ぎの仕事もあり、定時に出たけど、なんかくたびれた。

 帰り、ポスト投函を頼まれたこともあり、ポストまで歩いたら、今日はこのままぶらぶら歩こうかという気になって、1駅歩き、駅の向こうのふだんあまり行かないスーパーへ行く。
 そこでキャベツが安かったので買い、もう1軒まわって、これも安かった鶏モモを買い、さてこれで今晩何をしようかと思案しながら帰る。

 で、キャベツ鍋。冷凍庫に鶏の手羽元もあったので、じゃーこれでダシとるかと、土鍋に酒と水いれて昆布しいて、鶏の手羽元をたらたらと煮込む。生姜とニンニクの千切りも入れてみる。しだいに蠱惑的なニオイが…
 手羽元も入れたので、鶏モモは半分つかって、半分は冷凍庫行き。はさみでちょきちょきミンチにして、片栗粉まぜてまとめ、鶏団子もいれることにする。
 同居人が帰ってきてから、カセットコンロを出して、ざく切りキャベツと鶏団子を入れた鍋をかける。
 そのままのスープもいける味。大根おろしもつくったので、おろしポン酢を入れても、これまたいける味。

 1玉買うてきたキャベツを8割方食べた。シメは、素麺をそのまま入れて、地獄炊き風で。
 「芋たこなんきん」の録画を見たあと、同居人が届いたばかりの「ザ・クロマニヨンズ」をかける。あいかわらずヘンなうた。ちぶーちぶーぜんしんちぶー とか。

 サトクリフの『思い出の青い丘』を読んでしまう。清水眞砂子の話のなかでよく言及される話だ。
▽父ははじめから強く反対していました。父のピューリタン的傾向は離婚した男を望んでいませんでした。ましてや、まだきちんと離婚もしていない男が娘のまわりにいることを望むはずがありませんでした。同様に、父は私を愛していて傷つけたくはありませんでした。もっと悪いことに、私には傷つけられる権利のあることが父にはわかっていなかったのです。(265ページ)

印刷発送

 朝から宅急便が届く。ブックマークに同封することにした署名用紙。

 ブックマークの最後の仕上げ…のはずが、なんだか微妙なところでうまくおさまらない。ムキー!!と頭をかきむしりたくなる。
 とりあえず隣で同居人が宛名シールを印刷してくれている。行間や文字間を何度もいじりながら、24ページのはずが、気づくと25ページになっていたり(変なとこに改ページが入っていたり)、ちょっとあせる。
 描いてあった表紙のしおりの絵を貼りつけ、ちょろっと絵を描き、ページ番号を確認して、版下ができた!

 そそくさと昼ご飯を食べて、急いで出る。紙が重い。重い。重い。今日も暑い。汗をかきかき、印刷発送の待ち合わせ場所へ。
 
 印刷機が込んでたらと案じていたが、ちょうど空いていて、印刷機の調子もよく、さくさくと快調に印刷。折ったり、組んだり、詰めたり…を友人i&iの手を借りて、口も動かしつつ、せっせとやる。

 クロネコに予告していた17時にはきっちり160通できて、集荷を待つ。事前に4度も電話したわりに、集荷に来たドライバーの人にはほとんど何も伝わってないような状態で、現金集荷用のメール便シールも持ってなかったし、領収書も出せないというし。「きちんと届けてくれるように」と念を押して、友人たちも証人だからと、通数分のお金を預け、預かりがわりに名刺に明細を書いてハンコを押したのをもらう。ほんのちょっと不安だけれど、とにかく無事に届けてくれ!
 
 おつかれさんということで、3人でジンギスカンを食べにいく。もりもり食べて、それからお茶のみに行って、1時間ほどしゃべって解散。

 帰りに電車でできあがったブックマークをぴらぴら見ていたら、誤字発見。ああああ

 さすがにくたびれた。帰ったらへろへろ。
 今日も風呂パスで、さっさと布団に入って、読みかけだった米内山明宏『プライド』を読みつつ、寝る。

日本手話

 今日もブックマークの編集。だいぶ形になってきたが、こもってやってると、背中がこりこりになって、つらい。あーうー

 晩ご飯はウチにあるもんで作るかと思っていたけど、あまり何もないので、買い物に行き、図書館へ行き、帰ってきて、豆のドライカレーをつくる。今日は合挽肉入りで、豆は大豆とレンズ豆。
 
 日が暮れてから手話に行く。こないだからサークルに「日本手話」を教えるぞというろう者の人が来ていて、今日も「日本手話」をつかうろう者・木村晴美さんのビデオを見て、頭では「日本手話」と「日本語対応手話 (シムコム)」のことは知っていたものの、なんというか、ぜんぜんわかってな かったなあと思った。

 木村さんは手話ニュース845 などにも出てる人。帰ってきてから「日本手話」で検索してネットをうろうろしていて、木村晴美さんのブログを発見。ブックマークの編集・・・・・と思いながら、そっちのブログを読みふける。
 
http://deaf.cocolog-nifty.com/

あるく

 遅番の前半休とって、朝はちょっとゆっくり寝る。ブックマークもだいぶ目途がついたし、朝ご飯たべて、コーヒー飲んでから、気分転換に伊丹の美術館へ行くことに。

 行きは歩いて、ぶらぶらと。エエ天気やと思てたら、これが暑い。なんちゅう日差しやねんの思うくらい暑い。私は半袖で出ていたが、それでも暑い。長袖を着てた同居人はじっとりと汗ばんでいて、お日さんがとにかく夏並み。

 お腹も減ったので、美術館近くで先にお昼を食べる。同居人はご飯一膳ですませてたが、私は遅番から帰るまでもたんわと思い、おかわりしてモリモリ食べる。ランチについてたジュースも飲んで、それから美術館へ。

 柿衞文庫 俳諧の美 ―芭蕉・鬼貫・蕪村
 美術館 所蔵品展II ビゴーによる明治の女性たち (2階)
 小企画展 今村源展-連菌術Over the Ground ,Under the Ground
 工芸センターのところと、酒蔵でも展示
 
 商店街で買い物。

 歯医者へそのまま行くという同居人とわかれて、私はバスでいったんウチへ帰る。なんも持ってなかったので、バスの待ち時間のあいだに、古本屋で田辺聖子の文庫本を一冊買う。

 ブックマークをしばらくやって、図書館経由で出勤。
 紙買ったら、重い重い。
 遅番帰りの晩ご飯。

 トマトと玉子とササミ炒め。
 トマトと豆腐のカプレーゼ風(バジルのせ)
 豆腐の味噌のせ
 ご飯

 ブックマークの編集をこりこりとやる。気づくと1時。寝る。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ