FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

はだしのゲン

 瀬尾まいこの『図書館の神様』と『幸福な食卓』を久しぶりに読んでしまい、帰りに図書館で『はだしのゲン』を借りる。コミック文庫で7巻になっているやつを、とりあえず5巻まで。
 『はだしのゲン』は、マンガも読んだし、実写版の映画もみたし、アニメの映画もみたことがある。

 晩ご飯は、鶏と生姜とキムチ炒め、ゴーヤの和えもの、豆腐のごまだれのせ、紫タマネギのマリネ。ご飯。
 生姜炒めが思ったより辛くて、ひいひいして、お茶をがぶがぶ飲みながら食べる。

飛び石出勤

 遅番。
 ここから金やすみ、土出勤、日やすみ、月出勤…と飛び石になる。

 シェフ同居人の晩ご飯。
 夏の味噌汁(人参と油揚げの味噌汁に、生姜のすりおろし入り)
 小松菜と油揚げとシメジの炒め煮
 サンマの塩焼き
 ごはん

お洗濯

 雷雨のあと、お洗濯。朝はネコの世話にいき、そのあと図書館へ寄って、買い物して帰る。暑い。ネコ2匹のうち1匹が、どうも昨日の雷雨にビビったようで、外へ出ようとせず、エサもあまり食べない。

 帰って2度目の洗濯はタオルケットも洗って干す。
 瀬尾まいこの『卵の緒』を読む。暑い。

 晩ご飯用のハヤシライスをつくって、夕方まで時々ウトウトしながら本を読む。

 夕方、ネコの世話に行ってから、図書館へまた行って、それから手話。
 今日はめずらしく人がたくさん来て、12人だった。お盆休みをどう過ごしたか、をそれぞれ手話で話す。

 

子連れ出勤

 昼前に、同居人と一緒に図書館へ行き、そこでわかれて、私は遅番出勤。暑い。

 いつもはおばあちゃんに預かってもらうのだが、今日はそっちの都合がつかないと、子連れで職場へ来た同僚さんがいた。
 「仕事のじゃまをしないように、言い聞かせてありますから」と同僚は言っていたが、子どもはカウンターのあたりをうろうろとして、私がカウンター周りにあれこれ折って置いている折紙作品を教えてほしそうにしている。「教えてほしいなら、自分で頼みなさい」と同僚は子どもに言い渡して、自分は事務室へ入ってしまった。

 子どもはうろうろうろうろとして、自分で言えずに涙目になりながら、うろうろうろうろした挙げ句「これを教えてほしい」とカウンターにやってきた。しばらく相手をするが、親である同僚は事務室にひっこんだままで、これは私の“仕事”なのか?と疑問もわく。

 子連れの同僚が帰ったあとで、遅番で一緒だった別の同僚から、「職場は託児所ではないし、他に選択肢がどうしてもないならともかく、昨日出勤していた者でシフト交替も打診したのに『いや、来ます』と言われて、どうにもできなかった、でもおかしいと思う、ものすごくストレスだった」という話を聞く。子連れ出勤を認めるのであれば、職場内保育所を設置するなりの手だてを考えるべきで、こうして連れてきてしまって、多くの人の仕事の手をとめるのは、「働きやすい」という問題とは別だ、という話は、一理あると思った。

 子連れ出勤どうなのか、という話ですこし遅くなり、9時頃帰宅。
 シェフ同居人の晩ご飯。
 
 トマトスープ
 アボカド納豆トマト丼
 ササミの酒蒸しを大葉でくるんで、ねり梅のせたやつ

 『ガール』を読む。今日の子連れ出勤の“騒動”を思い出しながら、「ワーキングマザー」という短編をじーっと読む。

豚足

 妹1号と同居人とともに、なんばのキリンプラザへ澤田知子展を見物にいく。“見た目“をいじくって、いろんな姿かたちの「自分」を撮りつづけている澤田の写真は、たくさん並ぶとやはりかなりおもしろい。

 お昼はキリンプラザでビールでも飲むかとレストランへ行ってみたら、店内にどう見ても空いてる席が複数あるのに、入り口で何組も待たされていて、妹が「いつ頃はいれるんですか」と訊いても「ちょ、ちょっとお待ちください」と言うだけで、まったくらちが明かない。ので、キリンプラザはやめて、同居人が以前会社の人と食べにいったという豚足の店へくりだす。
 キリンプラザはレストランの接客がいかんだけでなくて、ギャラリーも、11時のオープンとほぼ同時に入ったのに、受付に誰もいなかったというお粗末さ。いかんぞ、キリン。客の口コミはこわいぞ。

 豚足の店は、席につくなりビールが出て、すぐ豚足も出て、焼きもの数点も頼んで、飲み食い。ご飯持ち込み可という貼り紙に、笑いがもれる。
 豚足も焼きものもウマかった。

 それから地下鉄で歴博へ行く。私は3度め、妹と同居人は初めて見る「こんな絵本があった」展。のぞきに行くまえに、コーヒーを飲む。

 展示解説を1時間余り聞きつつ、展示をあちこち見てまわる。前に来たときに見なかったようなのがある・・・と気になってあとで訊いたら、並べきれなかったものを部分的に展示替えをして出しているとのこと。

 さすがに3度来て、解説も何度かきいて、見てまわると、じっくりよくわかった気がする。それから常設展示をひとまわり見て、梅田まで戻って妹と解散。ワレワレは、電器屋へちょっとデジカメを見にいってから、ジュースのんで帰る。くたびれたので、オヤツにプリンを食べて、ひとやすみ。

 晩ご飯はタイ焼きソバ。
 赤瀬川原平の、絵本のような哲学本を2冊読み、同居人が借りてきた映画「のど自慢」を見る。

 瀬尾まいこの『図書館の神様』を久しぶりに読む。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ