読んだり、書いたり、編んだり 

二重被爆

 『原爆神話の五〇年』のあと、岩波現代文庫に去年はいった『原爆災害』(広島市と長崎市の原爆災害誌委員会がまとめたもの)を読みながら、映画「二重被爆」を見にでかける。

 テレビでも何度か見た山口彊(つとむ)さんのほか、二重被爆をした数人の方の語りと、アメリカ、フランス、中国で「二重被爆」や「原爆」についてインタビューした内容を織り交ぜたもの。ちょうど『原爆神話の五〇年』で読んだ“神話”に似た発言が、いくつかあって(日本は原爆を受ける以前に残虐なことをたくさんしてきたのだから、原爆を受けるのは公平だ、とか)、ああこんな風に原爆は語られもするのだ、と思った。

 『原爆災害』のなかでも、広島市と長崎市が国勢調査の付帯調査としておこなった被爆者調査のなかで、両市で被爆した「重複被爆者」が10人と出てきた。

 「ピカドンに身体焼かれし 傷の跡 老いて薄れて今日広島忌」
 「うち重なり焼けて死にたる人間の 脂しみたる土は乾かず」
 「大ヒロシマ炎え亡びたる朝明けて 川流れ来るにんげんの筏」

 山口さんは自分がつくったこれらの短歌を、つかえ、つかえ、涙をこぼしながら読んでおられた。

 『原爆災害』を読みながら帰る。帰りに図書館へ寄って、『原爆災害』を最後まで読んでしまい、それから丸木俊・位里の絵本『ピカドン』(これは占領下で発禁処分を受け、原画を没収されたのだという)の“復刻新版”と、丸木俊の『ひろしまのピカ』の絵本を読んで、『はだしのゲン』の6巻と7巻を借りて帰った。

 遅い昼ご飯を食べたあと、洗濯しながら、『はだしのゲン』の続きを読む。読む自分が歳をとったせいか、ああこんなこともかいてあったのか…と思う場面がいろいろあった。
 「ピカの毒がうつる」とか、顔や腕など見えるところに大きなやけどを負い、「化け物、おばけ」と言われるなどして忌避される被爆者の姿。

 「二重被爆」に登場したある女性は、結婚にさしつかえるからと「原爆におうたことは、口をつぐんでいました」と語っていた。結婚して、流産と早産をくりかえしたとも言っておられた。
 
 日が暮れるまで『はだしのゲン』を読んでいて、それから晩ご飯の支度。キャベツとタマネギと青ネギと丸芋を刻んでタネをつくったら、粉の量が足りなかったようで、バラバラになり、また粉をたして練りなおす。
 同居人が夜介護にいくというので、急いで焼いたけど、あまりおいしくなかった。粉モノはやはりシェフ同居人にまかせることにしよう…と思う。

原爆神話

 月末の資料整理で出勤。昨日寝る前に『はだしのゲン』の1巻を読んでしまい、2巻の途中まで読んだ。久しぶりに読んだせいか、被爆当日の描写が浮かんで、寝付けなくなってしまった。それで、朝はかなり眠かった。

 晩ご飯はサンマの開きを焼いて、大根おろし&かぼす。
 豆腐の味噌のせ。キュウリとセロリと紫タマネギとワカメのサラダ。人参とタマネギと大根の味噌汁。それにご飯。大根おろしに柑橘果汁をしぼってサンマを食べるのは、かなりおいしい。

 斉藤道雄の『原爆神話の五〇年』を読んでしまう。95年にUSAのスミソニアンで原爆展(向こうでは「エノラ・ゲイ展とよばれていたらしい)が企画されたときの退役軍人らの反発、メディアでの扱われ方などをとおして、原爆は戦争を終わらせ、多くの命を救ったというmythが根強くあることが浮き彫りにされていた。それは、日本への上陸作戦が実行されていたら米兵が百万人死んだだろうという推測にもとづいている。この「百万」という数字の根拠は、あいまいなものらしい。
 スミソニアンの当初の「原爆展」企画書は、この本に書かれているのを読むかぎりは、よいものだったと思える。それが政治の介入でぐぐぐっとねじられていった。
 95年にそういうことがあったなあ…とおぼろげな記憶はあるが、その争点について十分知らずにいた。十年余りたって、この本を読んで、原爆を使用したことについて、日本で(すくなくとも広島や長崎で)うったえられていることとは、かなりすれ違った見解がUSAにある、ということがわかった。

 明日は映画「二重被爆」を見にいくつもり。

はだしのゲン

 瀬尾まいこの『図書館の神様』と『幸福な食卓』を久しぶりに読んでしまい、帰りに図書館で『はだしのゲン』を借りる。コミック文庫で7巻になっているやつを、とりあえず5巻まで。
 『はだしのゲン』は、マンガも読んだし、実写版の映画もみたし、アニメの映画もみたことがある。

 晩ご飯は、鶏と生姜とキムチ炒め、ゴーヤの和えもの、豆腐のごまだれのせ、紫タマネギのマリネ。ご飯。
 生姜炒めが思ったより辛くて、ひいひいして、お茶をがぶがぶ飲みながら食べる。

飛び石出勤

 遅番。
 ここから金やすみ、土出勤、日やすみ、月出勤…と飛び石になる。

 シェフ同居人の晩ご飯。
 夏の味噌汁(人参と油揚げの味噌汁に、生姜のすりおろし入り)
 小松菜と油揚げとシメジの炒め煮
 サンマの塩焼き
 ごはん

お洗濯

 雷雨のあと、お洗濯。朝はネコの世話にいき、そのあと図書館へ寄って、買い物して帰る。暑い。ネコ2匹のうち1匹が、どうも昨日の雷雨にビビったようで、外へ出ようとせず、エサもあまり食べない。

 帰って2度目の洗濯はタオルケットも洗って干す。
 瀬尾まいこの『卵の緒』を読む。暑い。

 晩ご飯用のハヤシライスをつくって、夕方まで時々ウトウトしながら本を読む。

 夕方、ネコの世話に行ってから、図書館へまた行って、それから手話。
 今日はめずらしく人がたくさん来て、12人だった。お盆休みをどう過ごしたか、をそれぞれ手話で話す。

 

子連れ出勤

 昼前に、同居人と一緒に図書館へ行き、そこでわかれて、私は遅番出勤。暑い。

 いつもはおばあちゃんに預かってもらうのだが、今日はそっちの都合がつかないと、子連れで職場へ来た同僚さんがいた。
 「仕事のじゃまをしないように、言い聞かせてありますから」と同僚は言っていたが、子どもはカウンターのあたりをうろうろとして、私がカウンター周りにあれこれ折って置いている折紙作品を教えてほしそうにしている。「教えてほしいなら、自分で頼みなさい」と同僚は子どもに言い渡して、自分は事務室へ入ってしまった。

 子どもはうろうろうろうろとして、自分で言えずに涙目になりながら、うろうろうろうろした挙げ句「これを教えてほしい」とカウンターにやってきた。しばらく相手をするが、親である同僚は事務室にひっこんだままで、これは私の“仕事”なのか?と疑問もわく。

 子連れの同僚が帰ったあとで、遅番で一緒だった別の同僚から、「職場は託児所ではないし、他に選択肢がどうしてもないならともかく、昨日出勤していた者でシフト交替も打診したのに『いや、来ます』と言われて、どうにもできなかった、でもおかしいと思う、ものすごくストレスだった」という話を聞く。子連れ出勤を認めるのであれば、職場内保育所を設置するなりの手だてを考えるべきで、こうして連れてきてしまって、多くの人の仕事の手をとめるのは、「働きやすい」という問題とは別だ、という話は、一理あると思った。

 子連れ出勤どうなのか、という話ですこし遅くなり、9時頃帰宅。
 シェフ同居人の晩ご飯。
 
 トマトスープ
 アボカド納豆トマト丼
 ササミの酒蒸しを大葉でくるんで、ねり梅のせたやつ

 『ガール』を読む。今日の子連れ出勤の“騒動”を思い出しながら、「ワーキングマザー」という短編をじーっと読む。

豚足

 妹1号と同居人とともに、なんばのキリンプラザへ澤田知子展を見物にいく。“見た目“をいじくって、いろんな姿かたちの「自分」を撮りつづけている澤田の写真は、たくさん並ぶとやはりかなりおもしろい。

 お昼はキリンプラザでビールでも飲むかとレストランへ行ってみたら、店内にどう見ても空いてる席が複数あるのに、入り口で何組も待たされていて、妹が「いつ頃はいれるんですか」と訊いても「ちょ、ちょっとお待ちください」と言うだけで、まったくらちが明かない。ので、キリンプラザはやめて、同居人が以前会社の人と食べにいったという豚足の店へくりだす。
 キリンプラザはレストランの接客がいかんだけでなくて、ギャラリーも、11時のオープンとほぼ同時に入ったのに、受付に誰もいなかったというお粗末さ。いかんぞ、キリン。客の口コミはこわいぞ。

 豚足の店は、席につくなりビールが出て、すぐ豚足も出て、焼きもの数点も頼んで、飲み食い。ご飯持ち込み可という貼り紙に、笑いがもれる。
 豚足も焼きものもウマかった。

 それから地下鉄で歴博へ行く。私は3度め、妹と同居人は初めて見る「こんな絵本があった」展。のぞきに行くまえに、コーヒーを飲む。

 展示解説を1時間余り聞きつつ、展示をあちこち見てまわる。前に来たときに見なかったようなのがある・・・と気になってあとで訊いたら、並べきれなかったものを部分的に展示替えをして出しているとのこと。

 さすがに3度来て、解説も何度かきいて、見てまわると、じっくりよくわかった気がする。それから常設展示をひとまわり見て、梅田まで戻って妹と解散。ワレワレは、電器屋へちょっとデジカメを見にいってから、ジュースのんで帰る。くたびれたので、オヤツにプリンを食べて、ひとやすみ。

 晩ご飯はタイ焼きソバ。
 赤瀬川原平の、絵本のような哲学本を2冊読み、同居人が借りてきた映画「のど自慢」を見る。

 瀬尾まいこの『図書館の神様』を久しぶりに読む。

父ちゃんの靴下

 休みで、昼は父ちゃんちへ行く。妹2号もちょっと用があってと立ち寄り、3人で軽く昼ご飯を食べる。妹は先に帰り、私はうだうだとコーヒーなど飲みながら滞在。次の「ブックマーク」用に母ちゃんの“古文書”を探し、そろそろ帰ろうかなという頃に、父ちゃんも散歩に出るからと靴下をはいている。その靴下が

 左右の色が違う!

 一方は生成、一方はブルー。明らかに違う。「ちょ、ちょっと、それ左右ちがうやん」と指摘すると、父ちゃんは「わかってる」と言うのである。は???
 両方が同時にほころびるわけではないので、ほころびたほうは捨てて、まだはけるほうをとっておく。適宜組み合わせてはいているのだ、と、色違いではいたほかにもまだ数足ある靴下の束をみせられた。全部色がまちまちだぜ、父ちゃん。
 「はくのはいいけど、そこまで色がちがうのはどうか」と言うと、「靴下なんか見えへん」と父ちゃんは言うのである。いや、見えるヤロ。チラッと見えると思うで、父ちゃん。

 父ちゃんは確信犯で「左右色違い」をはいているけれど、それがチラッと見えた人はどう考えるか。「よく似た色で、間違った」というような違いではないから、「色がわからなくなったか?」とか「この状態を認識できていないのではないか?」などと考えないかな~
 そこまで案じても仕方ないのだろうが、せめてもうちょっと似た色を選ってはいてほしいところ。そうでないなら、いっそ靴下だけではなくて、あれこれ奇抜なスタイルで全身をかためてほしいところ。

 父ちゃん、その左右色違いの靴下は、ほんとうに合理性なのか???

 ウチでは「同じ靴下」ばかりを購入するようこころがけているので、片方がだめになっても、他とあわせればはけるのだ。そういう手もあると思うけど…

 昨日から読んでいた田辺聖子の『おかあさん疲れたよ』を読み終える。もう単行本も文庫本もなくて(いずれも上下巻の本だった)、田辺聖子全集の一冊となった大阪の電話帳を2~3冊重ねたくらいの厚い本を読む。重いが、おもしろくてやめられんので、父ちゃんちの行き帰りにも持ち歩いて読む。

 いったん帰って、本を読みながら少し昼寝をして、日が暮れてからまた出かける。今日は手話サークルの飲み会。ワレワレは間に合わなかったが、マグロの解体ショーがあったそうで、マグロのお寿司がウマかった。

ものすごい雷雨(II)

 見終わったゲラをメール便で出しにいき、それからまたネコの餌やりにいく。あのものすごい雨のあいだを2匹のネコたちがどこでどうして過ごしたのかは分からないが、玄関先には1匹が待っていた。

 テレビをつけてニュースを見ると、豊中の記録的な大雨のことを言っている。記録的というのもマジ記録的らしい。市内で床上まで浸水したところもあるらしく、停電しているところもあるらしい。(帰ってから図書館のサイトを見たら、雨漏りと停電で岡町図書館が臨時休館になったとあった。)

 とにかくものすごい雷雨だったのである。ああすごかった。

 ネコにエサやって、水をかえて、トイレを掃除して、帰りに買い物して帰る。

 晩ご飯。
 蒸し鶏のバンバンジー風(白髪ネギと貝割れと薄切りトマトを散らして、ゴマだれで食べる)。
 生姜と豚とキムチ炒め。
 豆腐の味噌のせ。
 炒め茄子に酢味噌だれをかけたやつ。
 ご飯。

 ご飯のあとに、いただきものの「わらび」というおやつを食べる。わらび粉でつくった水ようかんのような感じだった。

ものすごい雷雨(I)

 休み。朝からネコの餌やりに行く。Oさんちでネコに餌をやって、水をかえて、トイレを掃除して、今日は休みで時間があるから玄関まわりの植木鉢に水やりもした。
 エサを食べたあとのネコがにゃーにゃーと外へ出たそうに鳴くので、玄関を開けて出す。私も出て、買い物して帰宅。
 昨日も汗をよくかいて、洗濯かごは山盛り。洗濯して干す。合間にフェミックスから頼まれていたゲラを見て、コーヒーを飲んで、また洗濯して干す。2度目の洗濯ものを干して、1度目に干したやつはもうそろそろ取り入れてもいいかと思いながら、なんだか雲ってきたようなので雨雲レーダーを見ていると、このあとものすごい活発な雨雲がやってきそうである。…と思う間もなく、ぽつんぱつんてんぽつん・・・雨の音がする。やややっ、洗濯物がっ とベランダをのぞきにいくと、大粒の雨が降り出している。

 急いで洗濯物を中へ取り込み、あっちこっちへ掛ける。そうこうする間に雨はざぶざぶと土砂降りといってよいほど強くなり、中まで降り込む勢いなので、窓をしめる。

 ざぶざぶというか、どぶどぶというか、ざんざんとものすごい雨。それに雷鳴がとどろきだした。すーごーいー雷雨になってきた。外はまっくらである。どれくらいまっくらかというと、夜暗くなったら自動的に点灯するらしき向かいのアパートの電灯がついたくらい。夜のようなくらさのなか、光ってはドドドン、光ってはドドドンと続いていたのが、ばきばきばき、ばりばりばりという感じのウチの中にいてもビビるような音量と勢いになってきて、雨雲レーダーを見てもこのあたりは「真っ赤な」、つまりはどえらい雨が降っているという色のまま推移する。1時間余りも、激しい雷雨は続き、とてもじゃないがやむまでは外へ出る気にもならず、ウチでゲラを見ながら、雨雲レーダーを見ていた。

 15時半頃になって、アメダスを見たら、豊中は15時の雨量「103mm」とある。たしかにえらい雨だったけれど、大阪市内が同じ時間に「11mm」やのに、間違いちゃうんかと思う。ほんまやとしたら、記録的というやつやなあと気象庁のデータものぞきにいったら、「103mm」というのはホンマらしい。

 16時頃になって、雨はようやくあがってきて、16時をすぎると空が明るくなってきた。17時頃には陽も差してきて、アメダスを見ると、どうやら雨でいったん23度くらいまで下がった気温も、27度くらいまで上昇したらしい。

寝付きわるし

 昨晩暑かったのと、寝る前にちょろっと読んだ『壊れる男たち』の事例の不愉快さのせいか、寝付きわるく、ぐっすり寝た気がしないまま朝になる。

 今日も遅番。昨日の荷物のなかから洗いものを出して、洗濯して干す。今日も蒸し暑い。昨日はお疲れさんモードで、晩ご飯の支度はパスだったが、今晩は同居人がつくるというので、ご飯だけ仕掛けて、出勤。

 原稿修正のしごとがあるが、乗らないので明日にまわし、先に本3冊の紹介を1行ずつ書くというのを片づける。
 休憩時間に、田辺聖子の『ひよこのひとりごと』を読む。いろんな家政婦さんが出入りしてきたそうだが、近所に住む宮本輝夫人の「ミヤモトです」を「ヤマトです」と宅配業者と聞き違え、勝手口へまわらせた上に「ハンコはいるか」などと訊いた人の話には大笑い。

 帰って、シェフ同居人の晩ご飯。
 ササミのオードブルのようなの-酒蒸しの鶏ササミをそぎ切りにして大葉の上に並べ、刻んだキムチ、練り梅、バンバンジーだれをそれぞれかけて、飾りにこれも刻んだ大葉を散らしたもの。
 セロリと生姜炒め。
 トマトのスープ。
 ご飯。
 ビールを少し。

 明日は伊丹の田辺聖子展へ行こうと決める。また蒸し暑い夜。

荷物がこん!!

 今日は遅番だったので、昨日、同居人の里方面からウチへ送りつけた荷物は午前中(9時~12時)の指定にしていた。はやめに届いてくれれば、洗うもの洗って干せるしとか、茄子やオクラなどの野菜をつかって、夏野菜カレーを晩ご飯用につくってもええなと思っていたが、全然こん。
 とりあえずウチにたまっていた洗濯物を洗って干す。ちょうどゲラがファックスで届いたので、それを直して、メールを書いて、しばらく本を読んでいたが、まだこん。
 11時半頃に、配達記録なのでサインをという郵便がきて、そのときに「午前中指定にしてるんですけど、あと30分のうちにくるんですかね?」と訊いてみるが「なんともいえません」としか配達の人は言わない。11時40分になり、今日は電車はやめて自転車でダッシュで出勤することに決め、自転車を玄関先まで出してくる。まだこん。
 出る支度をして、11時50分になるが、気配なし。余裕をもって職場につくにはもう出たいが、12時までの10分の間にくるかも・・・と玄関先で受け取ったらすぐ出られるよう待つ。11時55分になってもこん。
 ついに時計は12時なり、まったくもって気配がないので、私も怒って、留守を示すようで迷ったものの、付箋に「時間通りに配達に来てもらわないと困ります 12:00」と書いて、ドアノブのところに貼り付け、それから自転車をこいでこいでこいで出勤した。
 汗だくになったが、間に合って到着。くそう、荷物がこん。同居人が先に帰って受け取れたらいいが、「ゆうパック」のことだから下手したら今日の再配達は無理で明日か・・・?と思うと、げんなり。明日も私は遅番だが、12時まで待ってもこんような荷物を待てるかいっっっっ。
 野菜も入ってるし…と気になる。

 数日ぶりに出勤した職場で、淡々と仕事。しかし荷物が気になる。

 帰り着いてみると、はたして荷物は届いていた。同居人によると、伝票に書いていた奴の携帯電話あてに何度も着信があり、(もしかして)と思って出てみると郵便局で、なんと「午前中」と指定した配達時間を「午後」と間違えていたのだという。くそーーー私が12時まで待ってたのは何やねん。そら、こんわ。

 郵便局の人は平謝りで、もちろん再配達も来るというので、同居人が「19時半」と言うと、ぴったり19時半にやってきたそうだ。

 ミスというのはあるもんやろうけど、「ゆうパック」はこれでますます使いたくなくなった。

 晩ご飯は近所でうどん。 
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第37回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ