FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

 久々の雨らしい雨。

 研修。1回目、2回目よりはマシ。でも、なんかちょっと詰めが甘いような気がした。前半では、半分くらいの人が舟をこいでいた。

 「情報の入手先」についてのワークで、それぞれ分けられたグループからいろいろと出てくるのを聞いていたら、「ドーンセンター」は出てくるけれど、「ヌエック」は全くといっていいほど出てこなかったのが、印象にのこった。

 行きも帰りも、同僚のKさんと電車でいろいろしゃべり、他の部署のことをなかなか知る機会がないなあと思いつつ、帰る。
スポンサーサイト



太陽の塔/触手話

 同居人の会社の人たちの企画ツアー「太陽の塔のなかを見物するツアー」に私も一緒についていく。同居人は夏休み。

 朝から暑い。かなり暑い。集合場所では、はなやかな感じの女の人がたくさんいた。同居人の同僚さん何人かに紹介され、あいさつする。

 そして、太陽の塔のなかへ入れてもらう。なかには模型もあって、大屋根、母の塔、青春の塔がなつかしい。いまではエキスポタワーもないし、ほんとに太陽の塔だけが残った、というかんじ。

 千中で昼ご飯を食べて、心斎橋へ出た。大阪市近美の心斎橋準備室でやってる「現代美術!」を見物に…と思ったら、「本日休館」とある。えええっっ、ここって水曜休館やったっけ。ざんねん。

 心斎橋から梅田まで歩いて、途中で黒いチーズケーキを買って帰る。かなりへろへろのくたくた。
 ささっと晩ご飯を食べて、手話にいく。

 今日は盲聾のDさんが来てくださる。
 盲聾、といっても、盲が先なのか、聾が先なのかで、コミュニケーションの手段がちがう。おおむね、前者なら「指点字」、後者なら「触手話」。Dさんから30分ほど話をきいたあと、実際にDさんと手をにぎって「触手話」をさせてもらった。
 「触手話」というのはこれまでにも聞いたことはあったけど、実際に見聞き&体験したのは初めてで、もっと手をしっかり触るのかと思ったら、手の先まで触るわけではなくて、(あれで分かるんや…)と驚く。それと、手話というと「表情が大事」と言われるけど、ほんとに手だけやなあと思って、新たな手話をみた気がした。

 さっと一風呂あびて、はやめに寝る。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ