FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

日本画二人展 中畝治子・中畝常雄@天音堂ギャラリー

日本画二人展 中畝治子・中畝常雄@天音堂ギャラリーを見物。

中畝さんの大阪での二人展は、前回にひきつづき天音堂ギャラリー。もっとちょくちょくのぞきに寄ろうと思いながら、天音堂ギャラリーにはご無沙汰していて、久々に行く。

新作・旧作をいろいろ見せてもらい、しばし話がはずむ。
絵をかけるような生活にほんの少しアコガレる。そのためにはウチに「壁」を発見しなければ。

http://www3.diary.ne.jp/user/348493/
http://amanedo.exblog.jp/
スポンサーサイト
Genre : 日記 日記

リバティおおさか(大阪人権博物館)

リバティおおさか(大阪人権博物館)を見物。

リニューアルしてから初めて行く。もっとがらがらかと思っていたら、けっこう人が入っていた。最初の展示室は、光や鏡面がキラキラちかちかして、目が疲れた。

http://www.liberty.or.jp/
Genre : 日記 日記

ゆるゆる休息

 引っ越し手伝いの疲れをいやすべく、ゆるゆる休息。底の深い疲労感に、歳やろか…と思うのであった。

 今日が返却期限の本があるので、昼からひとっ走り隣駅のライブラリへ行って、返して借りて、さらに図書館へ行って、返して借りて、そのあと久々にTKちゃんちへ行く。

 久しぶりにかぎ針で小袋など編みながら、相撲見物。

 晩ご飯はもりもり野菜が食べたい気分で、野菜多めのキムチ鍋。

雲一つない青空(II)

 帰りに買い物して、帰宅。晩ご飯は、鶏モモのカレー炒め。それに茹でたブロッコリーとじっくり焼いたジャガイモを山盛り。グッチ祐三の「カレー調味料」をやってみる。カレー粉と出し醤油とオイスターソースとケチャップを1:1:1:1。これがかなりウマい。ブロッコリーもジャガイモもばくばく食べた。これとキャベツとわかめの味噌汁、ご飯。

 徳永進の『野の花診療所まえ』を読んでしまい、久々に赤川次郎の杉原爽香シリーズの新作『枯葉色のノートブック』を読む。まとめて読んだのは一年前なので、登場人物の関係など、ちょっと忘れてしまった。またいくつかさかのぼって読むかな。

 

雲一つない青空(I)

 たいへんよい天気。朝から洗濯して干す。Weの残りのゲラがファックスで送られてきて、それをつかんで、父ちゃんちへお昼を食べにいく。天気がイイ。
 父ちゃんちへ行くと、妹2号がファックスを送ろうとしてるのがうまく受信できないと言うので、取説をちらちら見ながら、ぴこぴこボタンを押しまくる。こっちから送ろうとしてもなんだかうまくいかない。紙詰まりでもなし。用紙もある。紙を引き込むローラーがいかれてきてるのか。妹に電話してみて、お互い試しに送ってみるが、なかなかうまくいかない。父ちゃんは、ほとんどまったくファックスを使っていないというので、そのせいか。

 しばらくやってみて、こっちから妹宅へは送信できた。どないどない?とまた電話して、向こうからやってみてもらうと、果たして、父ちゃんちでもようやく受信できた。ヤレヤレ。送受信できるようなので、Weの校正を紙に書いて、送信してみる。これも送れたみたいだ。

 いつも不思議なメニューの多い父ちゃんだが、今日はまたなかなかの一品。シチューの残りがあるので、それを麺を茹でたのにかけて食べる、という提案。ちらっとラップの下をのぞくと、なぜか「干しシイタケ」が入ったシチュー。これはかなりクセのある素材を…いったい何味のシチューや。しばらくしてメシだというので座ったら、茹であがった麺はなんと「うどん」であった。干しシイタケ入りのシチューをぶっかけなくても…という気がしたけど、父ちゃんの提供にしたがって、うどんにシチューをぶっかけて食べる。たいへんよろしいお味とは言わないが、まあ食える味。

 またゲラが届くかもということだったので、昼を食べて帰る。父ちゃんが送ってやるというので、お言葉に甘えて送ってもらう。帰ってきたら、ウチのファックスがうまく受信できないようで、ファックスが送れないとメールが。あちこちボタンを押しまくって、設定を変えてみる。

 天気がめっちゃいいので、Tkちゃんに電話して、コーヒー豆を一緒に買いにいかんかと誘う。自転車で2人で行く。風はちょっと冷たいけど、そう寒くもなく、汗ばむほどでもなく、快適なサイクリング。コーヒー豆を買って、お菓子屋さんでお菓子などを買って、Tkちゃんちへ戻る。コタツでごろごろしながら、相撲見物。

遠足

 今日もエエ天気。雲一つない青空。
 朝はちょっとゆっくり寝て、洗濯して干して、ご飯たいておにぎりつくって、お茶をペットボトルにいれて、チョコレートもカバンにいれて。

 昼頃ウチをスタートして、図書館で返して借りて、それからぶらぶらと歩いていく。1駅電車に乗って、そこから歩くというルートを同居人が考えていたが、あまりにも天気がいいので、歩こうぜということで歩く。今日の行き先は服部緑地方面。
 隣の駅まで歩いて、そこから住宅街のなかを歩いていく。近くだけど、歩いたことのない道は、おみくじを広げていくようでおもしろい。途中の公園で休憩。お茶飲んで、チョコレートをかじる。子どもがうじゃうじゃ遊んでいる。ほんまに少子化かしらね~と思うくらいだが、むかしはもっとうじゃらうじゃら子どもがいたということか。
 服部緑地までのルート上、地図で「青いこみち」と書いてある道があり、そこも歩いてみたかった。いつできたのか、敷石がほんまに青い。近くの公園は自治会の自主管理という立て札があり、ここらの人が手入れをしている場所なのだなあという感じ。その青いこみちを抜けて、もう少し歩いて、服部緑地に到着。
 おにぎりとお茶で昼ご飯。
 天気がよいせいか、園内はうじゃうじゃと人がいる。バドミントンしてる人がたくさん。犬の散歩もたくさん。梅もまだ咲いていた。桜はまだ。いちばん陽当たりのいいところにあった桜のつぼみは、ほころびかけていたから、もうすぐだ。

 チョコレートをかじって、お茶のんで、ぶらぶらと帰る。隣の駅までまた住宅街を抜けて歩き、駅前の商店街でたこ焼きを買って食べた。電車に乗って、買い物して帰宅。
 今日は同居人が久々に「万歩計」をつけてみた。1万5千歩ほどの遠足。

 晩ご飯に生姜と豚バラとセロリ炒めをつくって、あとはいろいろ残ってたものをさらえる。ご飯のあとに、文旦をむいて食べ食べ、同居人が借りてきたDVD「スウィングガールズ」を見る。思っていたよりもオモシロくて、笑った。それから平安寿子の『くうねるところすむところ』を読んでしまう。この人の小説はもうちょっと読みたい。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ