読んだり、書いたり、編んだり 

アジの干物

 午前中は、洗濯しながら去年のぶんと、一昨年のぶんと、確定申告書をweb上でつくってしまう。思っていたより還付金が少ない。こんなもんかな~おかしいな~と印刷してから、よーーーく見てみると、社会保険料の入力をミスっていた。もう一度入力をやりなおすと、還付額が増えた。思っていたより多かったので、ちょっとウレシイ。久しぶりに本でも買おっかな~

 昼ご飯を食べて、Tkちゃんに電話してみると、病院へ行くまではいるよと言うので、鹿児島土産の薩摩揚げや日向夏をもっていく。コーヒー飲んでしばらくうだうだして、病院へ行くTkちゃんとわかれて帰る。

 郵便局へ寄ったあと、図書館へ行き、サイバラの『女の子ものがたり』を読む。こういうのもホンマのことなんやろうなあと思う。

 今晩もまたアジの干物を焼く。うまい。ご飯と、味噌汁(大根、人参、じゃがいも、麩)、ホウレン草のゴマ和え、切り干し大根の即席漬け。

 ご飯のあとに、中国茶をいれて、梅餡の温泉まんじゅうを食べる。おいしいな~

 テレビみながら、しばらく編み物して、風呂で『拒否できない日本』を読みながら、よーくぬくもって、寝る。

 

斎藤美奈子『文壇アイドル論』岩波書店

斎藤美奈子『文壇アイドル論』岩波書店、2002年
▽…文芸批評というと、小むずかしいことを込み入った表現で提示しなければ申しわけが立たない、ややこしいほうがエライ、という脅迫観念がそれまではありました。(8ページ)



 → 強迫観念



▽…ハルキランドの全盛期、街中のカフェバーに人が群がり「ドラゴン・クエスト」の新作が出るたびに電気屋に行列ができたのといっしょ。(29ページ)



 →電器屋



▽ ★3 多国籍的な点は似ていても、「わき毛女優」として有名になった黒木香も、黒人兵とのつかの間の恋を描いた「ベッド タイム アイズ」でデビューした山田詠美も、当時はむしろセクシーで反優等生的なキャラクターで知られていた。ちなみにそのころ女子校生だった女性によると。当時クラスの中には「anan」派と「non-no」派がいて、「anan」派は山田詠美を、「non-no」派は俵万智を読んでいたそうだ。(58ページ)



 女子校生 → (たぶん)女子高生



▽ ★6 『ミカドの淑女』の反響について、林自身は次のように語っている。<それまで、ミーハーな若い女性向きと思われてたのが、この作品によってぐっと評価が変わりました。ずっと無視されてたお固い雑誌の書評でもすごく褒められて、私に対する風向きが変わってきた。そういう意味では、転機となった作品の一つですね>(「1990年以降の全作品解説」/「月刊カドカワ」一九九七年七月号)。しかし、歴史小説を書くと、とんたに「格」が上がるという文壇の習慣はいかがなものだろう。一定の年齢に達した作家が歴史小説に走るのは資料頼みの延命策、現代を舞台にした恋愛小説のほうがじつは知力体力がいるという説もあるのだ。(123ページ)



とんたに → とたんに



▽…雑誌のコラムに<「この人と終生そいとげますか」「ハイ」と答えて、男は一穴主義者、女は一生一本主義者(て言うんだろうか)をめざすんだろうか>(「AERA」一九九〇年一月一六日号)と書いた上野千鶴子を、かつて上野との対談本(『多型倒錯 つるつる対談』)出したとこもある宮迫千鶴が<上野さんにはあきれ返る>(「東京新聞」同年一月二〇日)と批判したというのです。(133ページ)



 出したとこもある → 出したこともある



▽…『なんとなく、クリスタル』が出た当時、まともにこれを評価できる人がほとんどいなかった中で、例外的に的を射た記事がありました。新聞に載った小さな匿名コラムです。
 [略]…いわば本編と注からなる二部構成の小説であり、第一部を見たままの"画"とするなら、第二部はカリカチュア精神に富んだ"ふきだし"という、しゃれた体裁。若者のカタカナ・カタログ文化に疎いと、それだけで目を欺かれ、透けてみえてはずのものも見えてこない。(床「醒めた目に大人の知性」/「朝日新聞」一九八一年一月一〇日) (229ページ)



 透けてみえてはずの → (たぶん)透けてみえたはずの



 ※この部分は引用なので、原文のママという可能性もあるが、「た」を「て」と入力ミスしたものと思われる。カナ入力の場合、キーボードで「た」と「て」は隣のキーである。



▽…二人の相同性について、社会教育学者の竹内洋がおもしろい考察をしています。(244ページ)



 社会教育学者 → (たぶん)教育社会学者



 ※竹内洋を社会教育学の学者とよべなくはないかもしれないが、おそらく本人のアイデンティティとしては教育社会学、広くいえば社会学の学者だろう。竹内の編著書にも『教育社会学』『教育現象の社会学』『競争の社会学』など、教育社会学方面はあるが、社会教育方面はみあたらない。

紅白梅図屏風(I)

 早起きして熱海へ行く。めざすはMOA美術館の紅白梅図屏風など。天気予報どおり雨。向こうでもだんだん強くなりそうなので、大きい傘で行く。新大阪から熱海までは新幹線で2時間とすこし。新幹線は久々だ。

 熱海も雨が降っていた。駅から美術館まで歩こうかと思っていたが、雨がけっこう降っているのと、たいへんな坂のようなので、バスに乗る。美術館へ向かうと思われる客でバスは満員。バス停のすぐ脇に、もう桜が咲いていた。はやい。バスから、梅がたくさん咲いてるのも見えた。このあたりは梅が有名ならしい。

 バスがついたところでチケットを買って、エスカレーターをいくつものぼっていく。美術館本体はまだかなり上にあるのだ。途中で外が見えるが、雨でぼや~っとしてて、海もよく見えないのが残念。

 入館者の多さのわりにロッカーが少なく(有料やったら、もっと置けよー)と思う。ロッカーが空いてないので、聞いてみると、貴重品以外は預かりますよというので、カバンを預けて、単眼鏡と財布だけもって身軽になる。

 私立の美術館のおもしろさで、モノの並べ方が自由なかんじ。唐三彩の隣に銅鐸が並んでいるなんてことは、よそではなかなかないよ。金に糸目はつけず、エエのを集めたなあという品揃え。

 紅白梅図屏風は、それだけが置かれていた。美術の教科書や美術本で何度も見たはずだけれど、左右に配された紅梅と白梅の紅と白が眼にとびこむ。写真でみていたときには、全体にうすぐらい感じがあった。でも現物をみると、紅梅と白梅の色がきれいだ。背景は“金箔を貼ったように”描いてある。
 やはり見にきてよかった。まんぞく。

 昼ご飯は中のレストランで食べた。MOA美術館をやってる団体は、健康食品系というか世界救済系というか、そういう方面なので、レストランで使われてる食材も、その方面のもの(売店にもお茶やお菓子などMOAブランドがいろいろあった)。「玄米ランチ」というのをいただく。野菜がうまかった。

 紅白梅図屏風をもう一度ながめて、こんど晴れた日に来たときには美術館の外回りを見ることにして、駅へ戻る。駅へ下っていくバスは、ものすごい坂道のせいで、立っていると酔いそうなくらいだった。

 帰りの新幹線まで、まだ2時間半ほどあるので、熱海の温泉につかっていくことにする。駅前の商店街でたずねたら、ここがいいよと割引券をもらい、すすめのままにその温泉へいく。露天もあって、海がみえて(かすんでたけど)、よくあったまるお湯。

所蔵名品展 国宝 紅白梅図屏風@MOA美術館

所蔵名品展 国宝 紅白梅図屏風@MOA美術館を見物。

MOA美術館は「えむおーえーびじゅつかん」と読む。

熱海まで、新幹線で日帰り。駅から美術館まで歩こうかと思っていたが、雨がけっこう降っているのと、たいへんな坂のようなので、バスに乗る。美術館へ向かうと思われる客でバスは満員。バス停のすぐ脇に、もう桜が咲いていた。はやい。バスから、梅がたくさん咲いてるのも見えた。このあたりは梅が有名ならしい。

バスがついたところでチケットを買って、エスカレーターをいくつものぼっていく。美術館本体はまだかなり上にあるのだ。途中で外が見えるが、雨でぼや~っとしてて、海もよく見えないのが残念。

私立の美術館のおもしろさで、モノの並べ方が自由なかんじ。唐三彩の隣に銅鐸が並んでいるなんてことは、よそではなかなかないよ。金に糸目はつけず、エエのを集めたなあという品揃え。

紅白梅図屏風は、それだけが置かれていた。美術の教科書や美術本で何度も見たはずだけれど、左右に配された紅梅と白梅の紅と白が眼にとびこむ。写真でみていたときには、全体にうすぐらい感じがあった。でも現物をみると、紅梅と白梅の色がきれいだ。背景は“金箔を貼ったように”描いてある。
やはり見にきてよかった。まんぞく。

http://www.moaart.or.jp/japanese/top.html
Genre : 日記 日記

手話

 確定申告のため、領収書の整理をやってしまう。やっとすんだ。
 先週に続いて今日も雨。このところ手話の日は雨つづき。

 手話サークルでは引っ越す人や、別のサークルに変わる人など、おわかれもいくつかありそう。近所の聾のひとも最近ほとんど来てもらえず、ベンキョウをどうやって続けていけるんかなあという気持ちになる。来年度の役員を決めますと言うても、人数が限られているので、私は会計をすることに。

 晩ご飯はおでん。同居人が今日は夜介護ではなくて、食べるのを待っててくれたので、帰ってから一緒にご飯を食べる。よく味がしみておいしい。

ちょっと風が冷たい

 鹿児島土産をもって父ちゃんち詣で。

 母の命日のこと。
 年数が経ったせいか、気持ちも落ち着いてきた。わざわざになるなら、みんなに無理に集まってもらわなくてもいいなと思うし、静かに過ごしてもいいなと思う。

 父ちゃんにクルマでウチの近所まで送ってもらい、そこからぶらぶらとTkちゃんちへ行く。ケーキを買っていって、一緒に食べた。私とちがって、Tkちゃんはオリンピック好きで、テレビを見て、録画したのを見て、また中継を見てとたいへん忙しいらしい。

 晩ご飯
 豚と生姜炒め
 桜島で買ってきたひじきを、人参、油揚げ、切り干し大根、干し椎茸と一緒にたいたやつ
 大根の即席漬け
 人参とジャガイモと大根の味噌汁
 ご飯

外でご飯

 あたたかい。今日は昼も夜も外だ。帰りに寒いかも…とダウンを着て出たら、梅田で暑い暑い。

 昼は最近仕事をやめたiちゃんと、野菜いろいろのランチを食べにいく。しばらく会ってなかったけど、すでにできていた帽子を渡すため。外は天気もよく、きもちがいい。けど、建物の中は暑い暑い。
 あっちをうろうろこっちをうろうろ、平日の昼もけっこうな人込みの梅田をうろうろしてから、甘いもんを食べにいく。

 目の保養のようなケーキの陳列をみて、高いケーキを1カット食って、高い紅茶を飲む。ランチより高いくらいやのに、店内には人が多い。帽子の最後の糸の始末をしてしまう。

 それからまた手芸屋さんをのぞく。iちゃんの春の帽子を編むことになり、買った糸を預かる。それでそろそろ解散。

 駅までもどって、とりあえずTkちゃんちへ寄って、そこで1時間ほどうだうだしてから、一緒に近所のHkちゃんちへ行く。今日は近々遠方へ引っ越してしまうFさんを囲んで晩ご飯を一緒に食べるのだ。今日は休みがとれたというHkちゃんの心づくしのおかずがいろいろ。
 水菜と揚げ餅のサラダは大根おろしとポン酢で食べる。チヂミは特製たれで。ほかにもオリーブやチーズが入ったサラダや、煮物や、揚げ春巻き、炊き込みご飯…

 Hkちゃんの梅酒と、Fさんの母上手製だというヤマモモ酒もいただき、ええかげん腹一杯になったあと、さらにコーヒーとケーキが出た。ケーキもHkちゃんが焼いたやつ。本日2つめのケーキ。うまーい。

 オリンピックを横目に見ながら、Tkちゃんの仕事のことや病気のことを話し、Fさんの転居先での仕事のことを聞く。いろんな職場があるなアと思う。

物知り?

 2月の前半に梅のつぼみがだいぶふくらんでいた公園へ、もうだいぶ咲いてるやろうと、おにぎりとお茶を持っててくてくと出かける。うっかりダウンのジャンパーを着ていったら、暑い暑い。たいへんよい天気で、また日焼けしそう。

 途中で上着をぬいで、てくてくと歩く。公園の池のまわりのベンチで、おにぎりを食べる。暑いくらいで、同居人は半袖Tシャツになって汗をぬぐっている。この公園はやや高いところにあるからか、思ったよりも咲いている木は少なかった。けど、花の開いている木には、たくさんのミツバチがとんでいて、ハチもわかるんやなあと思わせる。梅の花のいいかおりもする。あちこち写真をとりながら、園内を気がすむまでぶらぶらして、またてくてく歩いて帰る。

 コーヒー飲んで一休みしてから、また出て、こんどは梅田へ。同居人は明日の熱海行き(MOA美術館の紅白梅図屏風などを見に行くのだ!!)のチケットを取りに、私は中国茶会に。

 中国茶会はいつものようにお茶3種とオヤツがいろいろ。今日はH子とその母上も一緒に参加。母上がユトリロ展を見てきたと言い、H子が「それって細長いやつ?」と言うので、私がすかさず「それはモジリアニやろ」とつっこむと、カウンターの向こうで店主のSさんが「そ、それでモジリアニって何でわかるんですか」と言う。H子とは中学からの長いつきあい、最近は奴の外部メモリとして利用されているような気もするが、そういうのもあってか、「こそあど」とか言うてるときは、だいたい何が言いたいかわかる。
 H子の母上には「この人、物知りなのよね」と言われたが、いつの間にか私には物知りのイメージがあるらしい。昨日の晩も、オリンピック競技のことなどあまり興味もないしほとんどわからんと言うてると「えーー、イメージがちがーう、物知りのイメージやのにー」と言われた。いつのまにこんなイメージが。

 いつものごとく、お茶会ではお腹がふくれ、帰ってかるく晩ご飯。
 おでん、大根の皮の即席漬け、ひじきのたいたん、ご飯。

しとしとしとしと

 1時半頃からひとっ走り、隣駅のライブラリへ行ってうろうろして本借りて、帰りに図書館にも寄って本借りて、そしたらぽつぽつ降り出したので、あわてて帰る。

 しとしとしとしと降るので、あとはウチにこもる。

 晩ご飯は久々に鶏野菜味噌鍋。シメはトック。

自転車で走る

 朝の間に原稿を書いてしまう。あー今月もすんだすんだ。

 緑の帽子が仕上がって、これとプチマフラーを、もらわれ先へ届けてしまおう!と思い立って、昼ご飯のあと、自転車で走る走る。帰りに図書館と、ライブラリに寄ろう。

 で、本をごっそりと、帽子とプチマフをかばんにつめこんで、3つ隣の駅方面へ、走る走る。もらわれ先のポストへ、むにむにと押し込んだら入ったので、メモをつけてぐいぐい押し込む。それから駅前のスーパーへ行って、手芸屋さんをのぞく。そこで探していた糸があったので、買う。隣の駅まで、また走る。図書館へ寄り、4冊返して4冊借りる。隣の駅までまた走る。ライブラリへ寄って、ここでも本を借りる。さすがにかばんが重いので、地下のスーパーで買い物して、そのままぶらぶらと自転車こいで帰宅。

 晩ご飯 いただきものの鰹のたたき。味噌汁とご飯とホウレン草の黒胡麻和え。たたきうまーい。

ルオー展

 神戸へルオー展を見にいく。出光美術館がルオーをもっているのは知っていたが、それがけっこうたくさんやってくる。
 ルオーの「受難」というシリーズが、全部出ていた。すげえ。この「受難」を集めた出光さんは、持ち込まれたルオーの絵がほとんど見えないくらいの視力になっていたそうだ。白内障だったか。画面に顔を近づけてみると、黒い太い線がみえて、これは自分の好きな仙崖なんかと同じやなあー、ってことで集めることにしたと。ルオーはもとはステンドグラスをやっていたそうで、だからああいう濃い輪郭の絵になるのかと納得。出光さんが、ばーんと「受難」シリーズを集めたので、ルオーの娘2人がたいそう喜んで、日本にもやってきて、門外不出と親父に言い渡されていたとかいう絵やなんやも出光に寄贈したらしい。それで出光はルオーのたいしたコレクション持ちになったのだという。
 ルオーといえば、画面いっぱいに顔が描かれたような絵がほとんどだと思っていたら、館内のしまいのほうには、かなりでかい風景画もあった。やはり厚塗りではあったけど、こういう風景画もあるのかと新鮮だった。

 昼は、同居人が探したスペイン料理屋へ行く。私はエッグなんとかというトマトのソースに卵を落として焼いたやつ、同居人は白身魚のピルピルという揚げもの、それにサラダとパエリヤとコーヒーがついたランチ。地中海方面は、こういう感じの料理になるんやなあと思いながら食べる。うまかった。

 天気もいいので、隣の駅まで歩くかあとぶらぶら歩く。途中の商店街をのぞいてみたり、市場をのぞいてみたり、寄り道しながら、結局、春日野道→岩屋→灘→王子公園と歩いて、さすがにくたびれたので王子公園の近くで喫茶店に入り、コーヒーとケーキを食べる。岩屋(阪神)と灘(JR)と王子公園(阪急)がほぼ南北に並んでいることも初めて知った。そうだったのか。

 王子公園からは電車に乗って、ぐうぐうと居眠りしながら帰る。

鹿児島1 桜島

 鹿児島

 空腹のあまり、10時半開店のラーメン屋に入って、ラーメンを食べる。うまーい。帰るまでにもう1回食べてもいいなあ。

 桜島へフェリーで渡る。大阪よりは気温も高いはずだが、昨日より薄着のせいもあってか、風がかなり冷たい。

 きんかん、桜島大根の切り干し、ひじき、など。今日は小みかんがもう売り切れだというので、小みかんソフトを食べてみる。

 海沿いの遊歩道をぶらぶら歩いて、ときどき雨宿りをしながら、烏島(からすじま)展望所まで行く。100年ほど前の大正の噴火のときに、流れ出た溶岩で、桜島の近くにあった烏島がすっかり埋もれたのだという。展望所はその記念だそうで、ちょうどこの下が烏島のあったところらしい。
 そこからマグマロードを下って、桟橋近くへ出て、そこでマグマ温泉に入る。どろっとして、しょっぱい温泉だった。

 フェリーで戻り、桟橋近くの市場で「晩白柚」と塩トマトを買う。夜のオヤツ。

 夜は薩摩料理の店。
 おでんがうまい。キビナゴの刺身、キビナゴの天ぷら、薩摩揚げ、黒豚の角煮、焼き鳥、サラダ…

 焼酎のお湯割りを頼むと、濃いめに湯割りにしたやつが徳利で出てきた。出されたグラスは「お湯割りグラス」とかで、4:6とか5:5とか目盛りがついてる。

 宿に戻って、日曜美術館をみて、晩白柚をむく。そもそもでかい上に、皮が厚いので、むくだけで一苦労。やっと皮をむいて、食べる。文旦に似て、私ごのみ。同居人と次々食べていくが、さすがに大きいので、明日のオヤツにと半分のこす。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ