FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

雪の残る散歩

 ウチで一晩泊まったH子と、夜介護から戻ってきた同居人と、3人で朝ご飯。青エンドウのスープとチーズトースト。そのあと豆を挽いてコーヒーを入れる。
 空港までH子を送りにいって、しばらく空港内をぶらついてから帰ってきて、同居人がいれた中国茶をたのしむ。うまい。

 昼は同居人が「玉葱チャーハン」をつくる。卵や人参、いただきものの焼き豚も入って、なかなかうまかった。

 昨日はものすごい雪と寒さだったが、それもだいぶ緩んでいるようなので、散歩に出る。風はまだ冷たいが、昨日の吹雪を思えばマシ。

 南へ2つ隣の駅方面へ、ぶらぶらと歩く。通ったことのない道を歩いてみたら公園があったり、ふるーい商店が並んでいたり。2つ隣の駅前にのびる商店街はけっこう古く、同居人が言うには豆を売ってる店があったような…というのだが、いくつかの通りを歩きまわってみたものの、乾物屋は発見できず。店じまいしたのかも。

 帰りは電車に乗って、買い物して帰る。

 晩ご飯は豚バラと白菜の鍋。シメは春雨…の予定だったが、春雨の残りすくなく、ついでに麩も浮かべてみた。それと炙り締め鯖。それに焼酎のお湯割りを飲む。
スポンサーサイト

さんぱつ

 朝はひさしぶりにゆっくり寝た。起きたのは10時過ぎ。軽く朝ご飯ということで青えんどうのスープを食べて、北へ2つ隣の駅まで出かける。イタ飯屋Pで昼ご飯。渡しはピッツァを頼み、同居人はグラタンを頼む。前菜うまい。

 まんぞくして、店を出て、斜め向こうに見えている中央市場へ入ってみる。前々から気になってたところ。乾物屋があるかどうかと探索。と、「豆・雑穀」の看板があった。あったあった。
 荒神さんの参道でもみかけた「ぶんどう豆」があったので、これはどういう豆かと尋ねてみると、モヤシや春雨にする緑豆のことだった。粒がそろっているので、分銅として使われ、それでこうよぶこともあるらしい。
 「豆は、煮立ったら、小さい小さい火にして、お豆さんとお豆さんがけんかしたら、皮がはじけてあんこになってしまうからね」と聞く。
 ぶんどう豆と、鶴の子大豆を買う。

 本屋へ寄ってしばらくぶらぶらしたあと、天気もいいし腹ごなしにと歩く。道の脇の日陰になっているところには、まだ雪だるまが残っていた。

 とりあえず隣駅まで歩き、そこで同居人が散髪するというので、私もお供して散髪+顔剃りをしてもらう。髪も短くなり、顔もつるっとして、さっぱりする。
 
 ここまできたしと、もう1駅歩いて帰ることにする。途中のシフォンケーキ屋さんで、抹茶シフォンを買って帰り、帰ってコーヒーを入れてオヤツにする。

 夜は介護先の忘年会。同居人は「鶏手羽の煮込み」をウチで制作して持ち込み+会場でトマ玉を制作。私は昨日から仕込んでたいた黒豆を持参。その他、めっちゃエエお肉やら何やら食べた。

 去年の今頃は、前の前の職場でアホ課長に怒っていたなアと思い出す。

わりとぬくい

 朝は緑豆のスープ。
 昼は緑豆入りの雑炊。

 ふわふわのマフラーができあがる。房付きの希望にあわせて、両側に房をとりつける。肌触りがよくてかなりキモチいい。これは友人iのところへもらわれていく。メールをやりとりしたあと、送ることにして、荷物をつくる。それを郵便局へ出しにいきがてら、隣駅まで散歩に出る。

 わりと気温は高めのようで、風も昨日ほどは強くなくて、歩いていてラク。陽が差す道を歩いているとぽかぽかしてきた。

 郵便局でマフラーを投函して、ぶらぶらと歩きながら帰る。途中で、ちょっと道をそれて、初めて見る池のまわりを歩いてみた。鳥がたくさんいて、おもしろがって同居人が写真をとりまくる。

 帰って、コーヒーいれて一休みしたところで、妹1合と連絡がとれて、できあがった帽子と黒豆のお裾分けを梅田へ渡しにいくことにする。黒豆をタッパーに詰めて、帽子とかぎ針をもって出る。最後の糸の始末を電車のなかでこりこりとやった。この帽子を編んだ糸は、ひじょうに編みやすくて、編んでいてたのしかった。あ~もっと編みたい編みたい。

 晩ご飯は、昨日の宴会のために同居人がつくった「鶏手羽の煮込み」の残りをリメイクした鍋。コラーゲンがたっぷり出てるのだろうが、煮汁はプリプリに固まっている。それをあっためてとかして、白菜と鶏の身を具にして生姜で味をととのえ、最後は春雨をいれてずるずる食べた。

 これで明日はお肌つるつる。

 晩ご飯のあとは編み物しつつ読書。『影武者徳川家康』のつづき。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ