読んだり、書いたり、編んだり 

11月に読んだ本

11月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
○レベッカ・ブラウン『体の贈り物』マガジンハウス \1680
○内田樹、池上六朗『身体の言い分』毎日新聞社 \1575
○野中ともそ『カチューシャ』理論社 \1575
○赤星たみこ『ミネラル豆乳ダイエット―野菜に含まれるミネラルが効く』小学館 \1260
○乗松祥子『宿福の梅ばなし』草思社 \1575
○ウー・ウェン『東京の台所 北京の台所-中国の母から学んだ知恵と暮らし-』岩崎書店 \1365
○内田樹『期間限定の思想 「おじさん」的思考2』晶文社 \1890
○里見実『学校でこそできることとは、なんだろうか』太郎次郎社エディタス \2520
○片岡勝『すべては捨てることから始まる 自分らしく働く起業という方法』メディアパル \1365
○片岡勝『儲けはあとからついてくる 片岡勝のコミュニティビジネス入門』日本経済新聞社 \1470
---10
○片岡勝『問題解決ビジネス 地域活性化の試み』財務省印刷局 \1365
○片岡勝『人生のレールを乗り換えてみる いま、生き方再生の知恵とは』青春出版社 \1365
○中島らも『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町[増補版]』朝日文庫 \550 
○ウー・ウェン、金裕美、藤井宗哲、山本彩香『モンスーンの食卓 秋冬篇 旬の食材で作る中国・韓国・沖縄・精進料理』朝日新聞社 \1470
○隆慶一郎『かくれさと苦界行』新潮社 \1366

 税込み価格で TOTAL \22391

スペアリブのカレー

 昨日よりはちょっと寒い。
 朝は、風呂の残り湯くんで洗濯。外に出て洗濯物を干すのは、それでも、そう寒くなかった。午前中はお茶をのみのみ、今日図書館へ返す本を読んでしまう。隆慶一郎の『かくれさと苦界行』。この人の本もうちょっと読んでみたい。

 昼からTkちゃんちへ行く。ベストの続きを今日も編む。編む。編む。編む。で、だいぶすすんだ。今日はTkちゃんが買ってきたケーキがあると、オヤツにケーキをごちそうになる。ウチからは、豆とミルをもっていって、コーヒーをいれた。どっちもうまい。
 夕方まで編み物して、日が暮れてから図書館経由で帰宅。『吉村順三を囲んで』というのと、『根菜&豆レシピ』、それと隆慶一郎の『影武者徳川家康』の上巻を借りた。

 昨晩仕込んだ「スペアリブのカレー」がうまい。ウコンもいれてみた。ご飯にもウコンをいれて炊いてみた。うまい。こんどは「すじカレー」もしてみたい。

 夜は手話。新しい人が続けて来てるのがうれしい。

毛糸発見

 ベストを編むのに足りんかも足りんかもと案じていたところ、ウチの毛糸袋の奥底まで探ると、はたして、同じ糸が出てきた!
 おおお、これでベストは十分編めるやろ。ついでに、誰かから引き取ったとおぼしき毛糸の枷も出てきた。

 糸をもって朝からはりきってTkちゃんちへ行く。毛糸の枷から、Tkちゃんに手伝ってもらって糸巻きをする。わるくない色。これで自分の帽子を編むかな。

 Tkちゃんと郵便局をまわって、買い物。私は白菜と大根を買って、大根は陽当たりのいいTkちゃんちで干させてもらう。

 お昼は、Tkちゃんちにあった十八穀米というのを土鍋で炊いて、賞味期限がきたという豆腐で湯豆腐をして、その他Tkちゃんの母上がつくりおきしていったというおかずをいろいろいただく。ちょうど同居人のIsさんも帰ってきて、3人で食べる。湯豆腐が、思いのほかうまかった。

 昼から私は編み物して、オヤツを食べて、編み物して…糸もみつかって、ベストはかなりはかどった。

 それからTkちゃんちの晩ご飯用にきんぴらづくりを手伝う。日が暮れて、私が帰るときにTkちゃんも一緒に買い物に出てきた。買い物すませて、解散。

 ウチの晩ご飯。
 白菜とネギと豚の鍋。昆布とスペアリブと豚バラで出しをとったら、めっちゃうまい。第3期のシイタケをすべて収穫して投入。彩りにホウレン草も散らす。
 シメは雑炊。これがまたうまい。豚と昆布のダシって、ほんまにええ仕事するなあ。

乾物屋さん

 Tkちゃんの調子があまりよくないらしい。絶望的な気分らしいので、様子を見にあそびにいく。
 天気がいいので、一緒に散歩がてら買い物に。黒豆と小豆を買う。
 それからまた天気がいいので、2人で自転車に乗って、乾物屋へ行ってみることにした。自転車にこぐと暑いくらい。おおお。
 迷ったあげく、白いんげんとひよこ豆と金胡麻を買う。Tkちゃんは気分がちょっと上向いてきたらしい。

 Tkちゃんちへ戻って、ちょっと編み物して、それから豆入りの野菜スープづくりを手伝う。 日が暮れてから帰宅。

 晩ご飯
 白菜と鶏だんごと菊菜の鍋。いちばん大きいシイタケを収穫していれる。
 シメは今日も春雨。

 同居人に頼まれて散髪してやる。

紅葉

 日曜美術館。今日は吉村順三の建築について。ゲストで出ていた松山巌が、東京芸大での最初の課題は椅子づくりだったと(おそらくそれは当時の主任教授であった吉村の発案であろうと)話していた。人間が座るとはどういうことか、それを支える椅子はどうあるべきか…小さな椅子をひとつつくるのは建築そのものなのだ、というような話だった。
 山根アナが、マンションやホテルの建築強度偽装について報道されていますが、吉村が聞いたらどう思ったでしょうね、と向けていた。いいものを安く買えるのはともかく、悪いものを安く買えても、それって安くないよなあ。

 あまりにも眠いので二度寝をしようかと思うが、コーヒーをいれて飲んだらカフェインのおかげかシャキンとしてきた。

 天気もいいので、散歩に出ようということで、またおにぎりをつくってお茶もって、出かける。水月公園というのをめざしていたが、色づいたイチョウの木を撮影したりしてたらぐうぐうとお腹がすいて、途中の公園のベンチでおにぎりを食べる。木のテーブルとベンチがいくつかある公園で、他にもお弁当をひろげてる人がいた。おにぎりを食べて、N子にもらった栗のパイを食べて、それからまたてくてくと歩く。

 水月公園というのは思っていたより大きくて、人工の滝があり、池には丸亀からもらったという白鳥がいて、さらに梅林があり釣り堀があり、中国からもらったというお堂もあった。真っ赤に色づいたモミジが映える。あ~ キレイ。

 公園をぬけたら、立派な鬼瓦がみえて、入ってみたら尊鉢厄神というところだった。紅葉がきれいで、しかも人がまったくいない。静かな空間をうろうろとふたまわりして、紅葉をみあげる。真っ赤に色づいたモミジもよかったけど、緑から黄、そして赤へと色のかわりつつある姿もじつによかった。たいへん満足して、散歩のつづき。

 ぶらぶら歩いて、2つ隣の駅まで行く。商店街で、近郊の無農薬野菜を買う。今日はゴボウとピーマンとキウイ。それからコーヒー屋をのぞいて(今日は買わず)、電車で帰る。駅でウコンを売ってるのをみつけた同居人が2袋買った。これは干して、カレーに入れてもいいし、飲む前にかじると悪酔いしない…と聞く。

尊鉢厄神 釈迦院

尊鉢厄神 釈迦院にゆきあたる。すぐ近くの水月公園をぬけたら、立派な鬼瓦がみえて、入ってみたら尊鉢厄神というところだった。
紅葉がきれいで、しかも人がまったくいなくて静寂な空間。なかをうろうろとふたまわりして、紅葉をみあげる。真っ赤に色づいたもみじもよかったけれど、緑から黄、そして赤へと色のかわりつつある姿もじつによかった。

http://www7.ocn.ne.jp/~shakain/
Genre : 日記 日記

ご飯のつどい & お茶会

 シイタケはじわじわと成長中。うしし。

 父ちゃんの誕生日が近いので、一緒にご飯を食べようということで父ちゃんを囲んでご飯のつどい。昼に梅田で待ち合わせ。父ちゃん、妹1号、妹2号とその夫、それから私と同居人の5人。

 予約していた串焼きの店で、いろいろ食べる。父ちゃんは「食べ過ぎる食べ過ぎる」と気にしながら、おそらく5人のなかで一番食べていた。父ちゃんは、自分の腹加減よりも、目で見て計測した量によって食べる量をコントロールするタイプなので、そして好き嫌い(その多くは食わず嫌いもあるような気がするが)が激しいので、外へ連れ出すといろいろうるさい。けど、「まあ、たまにはいいやん」とか言いながら、食べる。

 そのあと5人でコーヒー飲んで、せっかくやからと写真撮ってから解散。

 私と同居人はぶらぶらと天満橋まで歩く。天気がよく、あたたかく、歩いていてきもちがいい。

 あ・うんのライオンが座った橋をわたったところにバラ園を発見。同居人がバラの写真を撮りまくる。天満橋の京阪モールをうろうろしてから、「藍布」のお茶会へ。

 今日のお茶は、阿里山烏龍と千日紅と安渓鉄観音。お茶請けに、干し果物などと、焼き菓子が数種出て、これがまたうまい。1時間半ほど、まったりとお茶を楽しんでおひらき。あー今回もおいしいお茶とオヤツであった。まんぞく。

 帰りも歩くかと言ってたものの、なんだかくたびれたので電車に乗って帰る。熊本以来がぜん焼酎が気に入った同居人が「ウチ用」と焼酎を1本買って、帰る。
 
 晩ご飯は長寿鍋。豚バラと白菜を重ねて、「おでんだし」を注いで煮るだけ。これが思っていた以上にうまかった。
 のこらずさらってしまってから、キャベツをむしって投入、春雨もそのまま投入、黒胡椒をがりがりっと挽いて、これがまたうまかった。あ~まんぞく。
 焼酎のお湯割りもぐびぐび。

 おいしい一日であった。

父ちゃんち詣で

 ホウレン草のゴマ和え、ヒジキ、黒豆、金時豆のサラダ と 熊本土産の「焼酎ヌーボー」もって、父ちゃんちへ。昨日につづき、今日も昼間はぬくい。歩いてるときもちがいい。途中でスーパー2軒のぞいて、豆をみる。おお虎豆。レンズ豆。

 父ちゃんとこで、土鍋でご飯をたいておにぎりづくり。
 いっしょに昼ご飯を食べる。
 焼酎ヌーボーの話、クルマの話などひとしきり聞く。

 父ちゃんが今日は歩いてないというので、駅まで一緒に歩く。駅のスーパーでレンズ豆と、安かった金時豆を購入。父ちゃんとそこでわかれて、モノレールに乗る。車内は陽が差して、ぽかぽかときもちがいい。らも本を読みながら、なんとなく空港まで乗って、折り返す。

 買い物して帰宅。小腹がすいたので、お茶のんで、サツマイモと、お菓子を食べる。相撲は朝青龍が負けて琴欧州の勝ち。座布団とびまくり。琴欧州が買ったなあ、とTkちゃんとチャット。
 
 晩ご飯。飲みメニュー
 焼酎のお湯割り
 豆腐の味噌漬け、馬肉ジャーキー、キュウリの味噌漬け(以上熊本土産)
 ひじき煮(大豆入り)、豆サラダ(金時豆)、煮豆(黒豆と紫花豆)と、豆が4種類。
 ふろふき大根の柚子味噌のせ。
 クーブイリチー(豚バラ、昆布、干し椎茸)
 にんにくの奈良漬け&梅にんにく
 おにぎり
 酒粕入り味噌汁(白菜、人参、源助大根、里芋、油揚げ)

 晩ご飯のあとまたTkちゃんとチャット。

 今回はたくさん生えてきたシイタケ。今日でまた大きくなった。そろそろ収穫か。

うずら豆と黒豆

 昨日の晩から仕込んでいたうずら豆と黒豆。

 うずら豆はサラダにして、黒豆は煮豆に。黒豆って簡単やあというのが感想。しかもうまいことできた。食べてもうまい。

 洗濯を2度して干して、父ちゃんちへ行こうかと思ったが、N子が不調で今日は休みをとったというので、「豆サラダ届けたろか?」とメール。

 Tkちゃんもあまり調子がよくないらしい。私はもりもり食欲も復活。

 昼ご飯のあと、N子のところへ、豆サラダと、黒豆と、ほうれん草のゴマ和えをデリバリー。自転車こいで30分。昼間はぬくい。N子は一寝入りできたようで、だいぶラクになったと言っていた。すぐ近所のカフェで一時間余りおしゃべりする。

 それから、こんどは自転車こいでTkちゃんちへ。また30分ほどこいでいく。この道はどこへつながってたっけな~と思いながらこいでいたら、けっこう道は曲がっていたようで、Tkちゃんちから1駅ほど離れたところへ出た。そこから下って上ってまた下って、ちゃりちゃりと行く。ちょっと汗ばむ。

 Tkちゃんの母上が来ていて、いつもおじゃましてますとオヤツとコーヒーをごちそうになり、一緒に相撲をみて、しばらく編み物してから帰ってきた。

 晩ご飯はキムチ鍋。箸休めに、大根の柚子味噌のせ、豆サラダ、黒豆、明太子。鍋のシメにはラーメンを投入。今日もハライッパイ。

 ちょっと編み物しつつ、Tkちゃんとチャットしてから寝る。

荒神さん

 天気もいいし、どっか散歩に出よかと荒神さんへ行くことにする。倹約遠足で、今日もおにぎりとお茶をもっていく。電車に乗って、駅前から参道をのぼっていくと、両側に並ぶ店のなかには乾物屋も複数ある。帰りにマメ買うぞーときょろきょろしながら、参道をのぼっていく。

 お参りして、境内をぶらぶらする。同居人は今日もカメラ小僧で、あっちこっちを撮っている。鉄斎美術館へ入ってもいいなと思っていたが、上までのぼって、おにぎり食べて、今日はいいかという気分になって、美術館はパス。またぶらぶらと参道を下りていき、途中の乾物屋で「ひよこ豆」を買った。

 駅まで下りてきて、そこから隣駅までてくてく歩き、電車に乗って帰る。なかなか楽しい遠足であった。

 帰って、ひとやすみして、私はWeの原稿書き。晩ご飯は同居人が買ってきた「ボルシチ」のルウでボルシチ(のようなもの)をつくるというのでおまかせ。・・・できたボルシチは、ごろごろと野菜の入ったトマト系のシチューという感じで、なかなかうまかった。本場と違って、ビーツは入ってなかったけど。

 Weの原稿も書けて送信。これで明日の正倉院展も楽しめる。

もりもり

 朝から職安へ行く。9時過ぎに自転車こいでいくのは、帽子をかぶっていてもかなり寒かった。失業の認定を受けて、半時間ほど求人検索をしてみて、それから帰る。帰りは、もう10時半をまわっていたせいか、天気も良かったしぽかぽかとあたたかく、途中で上着をぬいだくらい、ほこほことした。
 図書館へ寄って、返して借りて、帰宅。自転車こいだせいもあってか、お腹もへったので、とっとと昼ご飯にする。

 12時すぎに、また出かける。歩くとちょっと暑そうなので、上着は薄いのにかえて、難波へ向かう。こないだ「ハエがたかるのは、あんたがウンコやねん」と言うた講師がかかわってる島根での起業プロジェクトがどうのこうのという集まり。ネットで島根、大阪、東京、山口…など数カ所を結んでのやりとり。(なんだか、内輪のノリやなあ)と思いながら、見ていた。

 集まりがすんでから、こないだ隣席になったSさんと、さらにMさんと3人で駅近くの喫茶店でしゃべる。Mさんの怒濤のトーク、そのエネルギーがすごかった。あれこれとしゃべっていたら、あっという間に時間がすぎて、気がついたらもう7時半ごろ。駅へ向かいながらまた立ち話になり、解散したのが8時半過ぎ。途中で何度か同居人の携帯にかけてみるが、つながらず。どうしたかなーと思いながら帰ってくると、なんと同居人は今日カギを持って出るのを忘れていたらしい。私ももっと早く帰るつもりやったから、連絡のとれないまま、長いこと待ってたそうな。

 Mさんのエネルギーにあたって、ちょっとくたびれた。けど、おもしろかった。風呂でぬくもって、寝る。(頭がこうふん気味か、なかなか寝付けず)

 図書館で借りてる『市民の政治学』をぴらぴらと眺める。

ぜんざい

 今日もいい天気。同居人は、近所のAさん&その介護者連で「紅葉狩り」に出かけていき、私は風呂の残り湯をくんで久しぶりに洗濯。

 TKちゃんとN子と3人で「手巻き寿司大会」を昼にやることにしていて、買い出しのため11時にスーパーで待ち合わせしていたのが、のんびり洗濯していたらぎりぎりになってしまった。ぱぱぱっと干して、早足で待ち合わせ場所へ行く。
 手巻きの具ということで、刺身と納豆と青ジソと貝割れ大根を購入。オヤツにとラ・フランスも購入。それでちゃりちゃりと会場のTKちゃんちへ行く。美容院へ行ってから来るというN子待ち。
 オヤツにぜんざいをつくろうと小豆も炊きはじめる。小豆を炊くのは久々。

 土鍋でご飯を炊いて、合わせ酢もまわしかけて、1時半になってもN子が来ないので、腹ヘッタの2人で先に食べはじめる。N子は美容院でえらいこと時間がかかって大変だったと、ようやく到着。3人でさらに食べる。すしめしもうまくできたし、いただきものだけあって海苔もおいしいし、ばくばくばくばくと食べていたら、どんどんお腹におさまっていって、だいぶ食べた頃に(あーさすがにオナカイッパイ)と箸を置いた。が、それはどうも度をこしていたようで、おなかが重たい感じで、だんだん疲れてきた。腹ごなしに、と近所のスーパーまで買い物がてら散歩に出てみたが、それくらいではびくともしない。

 それでも小豆もやわらかくなったし、ぜんざいを食べてみるかと餅を焼いて、ぜんざいをちょこっと食べる。オイシイ。けど、お腹のすきまが少ない。

 今日の反省=食い過ぎ。「腹八分目」って大事やなあ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第41回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ