FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

映像というメディア

 天気よし。洗濯する。ああきもちいい。
 散歩にでも行こうかと思いながら、だらだらとウチですごす。結局夕方までうちでだらだら。
 
 日が暮れるころ、梅田へ向かう。その前に、図書館で返して借りて、と思って5時前に一生懸命歩いていったら、閉まっていた。がーーん。最終木曜は休館日やった。

 しかたないので、返すつもりだった本をまた読みながら梅田へ行く。
 本屋で妹1号と待ち合わせ。広島土産の柿やら竹輪やらを渡す。加工した「蕪と金時人参の甘酢漬け」も入れた。

 妹は用があるというてすぐ帰り、私は講座が始まるまで、本屋をうろつく。久々に料理本のコーナーをうろついてみた。ああうまそう。

 講座。今日はビデオ工房やってる人の話。
 映像というメディア、とくに映画は、昔は「高いもの、ちょっと手の出ないもの」だった。そういう話を、たしか小説家が書いていた(誰やったか忘れた)。小説は紙と鉛筆があれば書けるが、映画はとにかくお金がいるのだ」というようなことをその人は書いていた。…赤川次郎やったっけ。
 こないだの衆院選が終わったとき、(嘘も百遍言うたらホンマになる)という感じがした。かなり安価に入手できるようになった機材を使って、市井の人たちがフィルムをつくっていく、表現していく。それは大きな声に対しては、ほんの「一」くらいの存在かもしれんけど、自分のメディア(映像に限らず)をもち、表現するのが楽しい、つくるのが楽しいというのがいいところやと思う。

 帰ったら、同居人がビールを2リットルほど飲んでいた。ちょっと放置するとどうしてこんなにビールを飲むのであろうか。
スポンサーサイト

麻婆高野

 いい天気。ああいい天気。きもちいい。洗濯して干す。ええ天気やなア。

 広島から持って帰った西条柿が熟れ熟れ。急いで調べると、西条柿は熟すのがはやいらしい。そうだったか・・・。まだ比較的堅めのものを冷蔵庫につっこみ、やわやわになっているものをいくつか剥いて加熱&寒天投入。柿をかためました、というかんじのオヤツになった。

 いい天気なので、空港へ散歩にいく。てくてく空港を一周。天望デッキで絵はがきを何枚か書いて、それを投函がてら、本屋やら土産物屋をぶらぶらしてもう一周。コーヒーを買ってきて、天望デッキでぼーっとする。それからちょっと本を読む。日が暮れてきたので、いったん帰って、買い物に行く。

 サンマの予定が、塩サンマしかおらなんだので、メニュー変更。
 奥薗壽子の本でみてつくってみたかった「麻婆高野」をつくることにする。豆腐ではなくて、高野豆腐でつくってしまうというわけだ。わくわく。

 ごま油でニンニクと生姜と豆板醤を炒めていると「麻婆の素」がなくても、そういうニオイがしてくる。レシピには長ネギと書いてあるが、忘れたので玉葱を入れる。まあええやろ。レシピにはオイスターソースと書いてあるが、切らしているので、ナンプラーと醤油とテンメンジャンを入れる。おお、それらしい。
 レシピ通りだとちょっと水が多いようで、しばらくぐつぐつ煮立てる。水溶き片栗粉でとろっとさせて、ニラをまぜて、おおそれらしい。
 サイドメニューは切り干し大根とキュウリとレタスのサラダ。
 
 熟れ熟れ柿で、柿ジャムをつくってみる。まあ、いけそうか。同居人が新しく買った中国茶をいれる。「大禹嶺」という高級烏龍茶。高いだけあるということか、何煎いれてもうまい。

クーブイリチー

 雨である。昼に妹たちと外食予定なので、朝ご飯はかるく。柿ジャムを食べてみる。かすかな渋みがあるような気もするが、ジャムとしてはいけるじゃろ。

 食後、同居人が中国茶をいれてくれる。今日は「東方美人」。紅茶のような色と香り。ほおおおおおおっとする。

 図書館経由で難波へ出る。こないだ芝居をみた「吉原御免状」の原作を借り出し、それを読みながら。隆慶一郎の小説を読むのは初めて。

 11時半から予約していた店で、妹1号、妹2号とその夫と一緒に5人で。前菜から美しい。スープもおいしい。自家製パンがどれもうまい。私は2度目、ほかはみんな初めての店だが、うまいうまいとよろこんでくれたので、よかった。2時間弱、ケーキとコーヒーまで、たくさん食べたように思うが、お腹にもたれるわけでもなく、ひじょうにまんぞく。食後、解散。

 雨があがったので、同居人と心斎橋筋をぶらぶら北上。途中で、新しく開いたそごうへ入ってみる。空いている。フロアは見渡せるくらいで、こぢんまりした印象。14階(+地下2階)まであるのは(ようけ階があるなあ)と思う。それからまたぶらぶらと本町まで歩く。そこから電車に乗って帰宅。

 ちょっと歩き疲れて、帰って昼寝。ぐうぐう2時間ほど寝る。その間に、同居人のもとにはプリンタ(デジカメ用)が届き、昼寝もせずに、早速プリントしまくり。これがきいきいとけっこううるさい。一世代前の機種なのでうるさいが、新しいものだともっと静かになっているらしい。

 同居人がデジカメプリントに夢中で、予告していたキンピラづくりを延期するというので、晩ご飯をつくる。
 クーブイリチー(昆布と豚と干し椎茸の炒め煮)、キュウリの酢の物、広島みやげの竹輪、大根・人参・里芋・玉葱の味噌汁、ニンニクの奈良漬けに土鍋ご飯。

 食後にまた同居人が中国茶をいれる。夜は「古典凍頂烏龍」。オイシイ。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ