FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

さむい

 同居人は昨晩結局飲んだくれたらしく、今朝帰宅。酔っぱらいの勢いか、梅田からウチまで雨がしとしと降るなかを歩いて帰ってきたという。それでちゃんと歩けないくらいよれよれになっている。あほか。

 私も日曜美術館を忘れて、昼ごろまで寝ていた。さすがにお腹が減ったので起きて、朝ご飯にするつもりだったサツマイモ入りご飯を炊く。もちろん土鍋で。ご飯を炊いてる横で、ゴボウと豚をじゃんじゃん炒めたのと、切り干し大根のサラダと、ゴボウ、大根、人参、里芋、油揚げに昆布を入れた味噌汁をつくる。ほとんど昼ご飯の時間に食べる。サツマイモのほこっとした甘味があって、ご飯がうまい。お焦げもちょっとできて、うしし。あーおいしかった。

 昼から同居人はまた布団に入ってしまい、私は本を読んでいた。内田樹の『「おじさん」的思考』を読むのは初めてではないが、また読みたくなったので借りてきた。最終章に入っている漱石にまつわる「大人」がらみの文章がおもしろい。しっくりすべてを「わかった」とは思えないけど、書いてあることは掴める気がする。漱石の「虞美人草」は読んでないので、そのうち読んでみて、それからまたこのテキストを読んでみたい。

 閉館間際に図書館へ行って、返して借りる。雨はもうあがっているが、今日もたいして陽は差さず、さむかった。晩のおかずを何にしようかしらと思案しながら買い物して帰宅。サツマイモご飯と野菜の味噌汁は昼の残りがある。エノキダケを電子レンジで加熱して、すだちをじゅじゅじゅと絞り、かつぶしを散らしてポン酢をたらーっとかけたので一品。それと、茹でた大豆もやしと、千切りの人参の上に、焼き肉のたれでじゃっと炒めた薄切り牛を並べ、上に貝割れ大根を散らしたので一品。肉と野菜は混ぜながら食べると、焼き肉とナムルを和えたような味で、テキトーにつくったわりに、かなりうまかった。ご飯をもりもり食べると、さすがにお腹いっぱいでちょっと苦しい。

 日曜美術館で京博でやってる天台宗の特集をみて、それから梨をたべる。おつとめ品の梨もじゅうぶんウマい。

内田樹『「おじさん」的思考』晶文社

第四章 「大人」になること--漱石の場合

▽今の学校教育における「教育崩壊」は、要するに、知識が技術を「学ぶ」ためには「学ぶためのマナーを学ぶところから始めなければいけない」という単純な事実をみんなが忘れていることに起因する。学校というのはほんらい何よりも「学ぶマナーを学ぶ」ために存在する場所なのである。
 子どもというのは(教育学者が夢見がちに語るような)「無垢な存在」ではない。
 子どもの頭はみすぼらしい偏見と予断とトリヴィアルな知識であふれかえっており、子どもはそのゴミのような情報とスキルを命がけで守り抜こうとする。
 ゴミ知識とゴミ・スキルを量的に拡大することを「学ぶこと」だと思っている限り、子どもは永遠に子どものままである。
(224-225ページ)

内田樹『「おじさん」的思考』晶文社

第四章 「大人」になること--漱石の場合

▽…この対話のうちには、漱石が『虞美人草』で言おうとしていた大事なことのかなりの部分がすでに書き込まれている。
 行動を起こす前に、「予定」を立てることを甲野くんは主張する。
 予定を立てる暇があったら、何度でも、さまざまな行動が可能であると宗近くんは反論する。
 ここには言葉以上の決定的な違いがある。
 「予定を立てる」ということは、現在の「私」の価値判断や推理能力を固定的なフレームワークとして、それを未来に適用することである。
 「予定」というのは、未知のもの、予測不能のもの、フレームワークを逸脱するものを、「想定しない」ことによって成立している。
 「明日の三時に、三宮駅前でね」と約束する恋人たちは、今夜半にゴジラが神戸に上陸したり、火山活動で六甲山が山崩れする可能性を排除している。排除しなければ、予定なんか立てられない。
 宗近くんは「分かるものか」「知るものかね」と繰り返す。自分の前にどのような未来が開けているのか、どのような不測の事態が待ち受けているのか、「知るものか」と宗近くんは言う。
 それは単に「未来は予測不能である」ちう事実認知を語っているのではない。「未来は予測不能である」ことを腹に入れておいたほうが、「予測不能」の事態に遭遇したときに生き延びるチャンスが高いという遂行的真理をも語っているのである。
(204-205ページ)

土鍋でご飯(II)

 オヤツのあとは、編み物。急に冷えてきたし、はやいとこマフラーと帽子を仕上げたい。すっかり日が暮れるまで編んでいて、マフラーの1玉目が終わった。今日は一緒に晩ご飯を食べることにして、TKちゃんちの冷蔵庫にあるもので考える。茄子とジャガイモとキャベツ、トマト、ニンニク、卵。冷凍庫に豚肉。
 これらの材料で、蒸し茄子の胡麻味噌和え、豚とジャガイモとキャベツの炒め煮(ニンニク入り、醤油味)、トマトと卵の炒め物の3品をつくる。ご飯はまた土鍋で炊く。昼の残りも並べて、ご飯だご飯だ。

 土鍋で炊いたご飯はやはりうまい。おかずもテキトーにつくったわりにはうまい。もりもりご飯を食べる。ああもう電気釜には戻れないかもしれない。でもこれから鍋の季節になるから、ご飯用にもう一つ土鍋か、それか羽釜でも買おうかしらと思うくらい。

 日本シリーズは、かなりの得点差のまま濃霧コールドで阪神が負け。初戦を落として、このあといけるんやろか。冷えた日だったせいか、肩こりがひどいというTKちゃんの肩をしばらくもんでから、帰宅。日も暮れて、帰りも寒かった。

 
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ