FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

吉原御免状(劇団☆新感線)@梅田芸術劇場メインホール

吉原御免状(劇団☆新感線)@梅田芸術劇場メインホールを見物。

劇団☆新感線の芝居を見るのは二度目か三度目。今年は一月に「SHIROH」を見た。
「吉原御免状」は場面転換がひじょうに多く、えらいもんやなとは思ったし、殺陣もすごかった。が、それだけ場面がうつりかわっていくのを分からせるのにどうしてもせりふでの説明が多く、ちょっと説教臭い印象。頭でっかちというか。せりふを聞き逃すと分からなくなるところもあり、それと今日の公演についていえば(他の回は分からないが)かなりせりふのとちりがあり、ちょっと残念であった。
最後はスタンディング・オベーションになっていたものの、(スタンディングするほどかなあ)というのが正直なところ。
私としては「SHIROH」のほうがよかった。

http://www.vi-shinkansen.co.jp/
Genre : 日記 日記

北陸の玉と鉄-弥生王権の光と影-展@大阪府立弥生文化博物館

北陸の玉と鉄-弥生王権の光と影-展@大阪府立弥生文化博物館を見物。
四隅が突出したかたちの墳墓は北陸から山陰にかけて分布しており、それが弥生王権の影響関係を示すものらしい。それが円墳や前方後円墳になってくるころ、弥生王権は衰退し、大和王権が力をもった、ということらしい。

ここへ来るのは久しぶり。常設展示も少し変わっていて、前に来たとき故障していて見られなかった映像も機器のリニューアルがされたようだった。いつも見る「石の斧と鉄の斧」、それと「織物」の2つを見る。

http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

館内の他館ポスターに荒神谷遺跡のものがあった。博物館が開館したという。弥生文化博物館の常設展示でも、青銅製品の出土数がべらぼうに多かった。ここは一度行ってみたい。斐川町といえば、町立図書館のことが本になっていたところ。そういう意味でも興味のある土地。

http://www.kojindani.jp/
Genre : 日記 日記

北陸の玉と鉄/吉原御免状

 同居人が「夏休み」を取得。で、これは行きたいと言うていた「北陸の玉と鉄」展を見物にでかける。空港バスで天王寺へ出たら、百貨店で北海道物産展をやっていた。池上曽根遺跡の公園でデパ地下弁当でも買うていって食べようと言っていたところ、とりあえず物産展会場へ乗り込む。
 えらい人である。平日・昼間の百貨店の催場というのはかくも混雑しているものかよ。ウマそうなにおいのただよう中、食い物を見てまわる。イクラやウニにも心ひかれるが、私はコロッケで足をとめ、同居人はイカ飯で足をとめた。奇妙な取り合わせのような気もするけど、かまわん。昼用にイカ飯とコロッケ(肉、バター、コーン)を購入。と、向こうで北海道産の豆を山盛りにして売っているのが目に入り、ああ豆だ豆だと思うが、買いたいなら帰りにということで、そこから阪和線に乗り換え、信太山へ向かう。電車の中で、だんだん空腹感が募ってくる。はやく食いてえ。

 駅前のスーパーでお茶を買って、池上曽根遺跡の公園へ行ってみると、一面にテントが張りめぐらされ、それはこの土日に開かれる催しの支度なのだった。公園の隅のベンチでイカ飯とコロッケを食べる。うまいうまい。

 弥生文化博物館へ来るのは久々。こないだいつ何を見物に来たっけなあと思い出してみるが、去年か一昨年か、ともかく2年ぶりくらいのはず。平日・昼間の博物館はじつに閑散としていて、お客はワレワレのほかに2人見かけただけ。
 北陸方面のこうした弥生王権を示すらしき“掘り出し物”は、同居人が石川を離れたあとに出てきたものらしい。まだまだ掘り出されていないものも沢山あるのだろう。

 天王寺へ戻り、そこで同居人と解散。私はJRで梅田へ戻り、Kさんとの待ち合わせ場所へ向かう。今日は劇団☆新感線の「吉原御免状」を見物。終演がおそらく21時になるから、何か食っておこうというわけで店を探していたら、昨日オープンした「ぬー」という建物の前に出た。上まであがって、わりとすいていた洋食屋でスパゲティを食べる。立地を考えれば、味・値段とも妥当なところか。このビルには、本屋はないようだ。それがちょっと残念。

 劇場でもう一人いっしょに見物するTさんとも落ち合い、休憩をはさんで3時間ほど観劇。芝居がはねてから、Kさん、Tさんと近くのベトナム料理屋でしばし飲み食い。盛りだくさんな一日であった。

土鍋でご飯(I)

 同居人はセール手伝いとてまた早朝から出勤。私もついでに起きて朝ご飯を食べる。昨日の芝居が刺激的すぎたのか、寝付きがわるく(しかもこんなに冷えてきたというのに昨晩は蚊がとんでいた)、ダルダルで、かなり寝不足。
 もう一寝入りしようと思うが、その前に、昨晩ファックスがきていた校正を2件やっつける。メールで返信して、しばらくTKちゃんとチャットして、お互い眠くてもう一寝入りする。昼前に起きる。だいぶすっきりした。

 図書館経由でTKちゃんちへ行く。風がつめたくて、かなり冷える。今日の昼は栗ご飯を炊こうということになっていた。サツマイモもあるので、芋栗ご飯を炊くことにして、「土鍋で炊こう!」と提案し、いそいそと支度。芋と栗、昆布をぴらっと入れて、酒と塩をちょっと。強火でしゅうしゅうと蒸気があがったら、火を弱めて15分ほど。火を止め、蒸らすあいだにTKちゃんちの冷蔵庫にあったキュウリと大根とキャベツをざくざく刻み、塩ふって軽くしぼったのに、鰹ぶしとポン酢をたらたら。ウチから持ってきた小松菜と油揚げの煮物、豆の残りを並べてご飯だご飯だ。

 うまーい。うまいうまい。と2人で大騒ぎして食べる。栗も芋もほっくりして、とにかくうまい。先週食べさせてもらった、電気釜で炊いた栗ご飯よりも断然うまい。土鍋ばんざい。

 TKちゃんが雑誌を買いにいくついでに、散歩しようと駅までぶらぶら歩く。雨が降りそうな空で、寒い。風がつめたい。さむ、さむと言いながら歩いて駅ビルにはいると、ちょっとあったまっていた。本屋へ寄り、図書館へ寄り(TKちゃんのカードで編み物の本と料理の本を数冊借りる)、毛糸を売る店をのぞき、お菓子屋をのぞき、眠くなってきたので、TKちゃんちへ帰る。あともう少しのところで雨にちょっと降られた。それからでれでれと昼寝。

 今日は蒸しパンに再度挑戦することになっていた。昼寝から起きて、蒸しパンに取り組む。改善点は、重層を増量、粉をよく振るう、器を変えてみる、蒸しあがるまで蓋をあけない。はたして、二度目のサツマイモ入り蒸しパンは、なかなかよい出来。前回のものよりずっとうまい。TKちゃんがおいしいコーヒーをいれてくれて、それで蒸しパンを食べる。あーうまい。うまいオヤツだ。

フェアトレード

 朝から原稿書き。天気はいいが、原稿書き。くたびれてへなへなになる。

 昼ご飯を食べてから、とりあえず図書館へ行って、返して借りて、雑誌を1冊買って帰る。モニターをすることになった雑誌で、買うための図書券はすでにもらってある。帰ってぱらぱらと見てみる。めっちゃ広告が多い。自分でお金を出して買うか、とアンケートにはある。自分でお金出してまでは買わんなあ。

 日が暮れるとさむい。ちょっとくたびれているが、今日も話を聞きに梅田へでかける。今日は、フェアトレードショップの店主・Hさんの話。

古い箱(II)

 昼頃、ようやく箱1つの整理を終えると、TKちゃんから「栗ご飯たべにくる?」とお誘いのメッセージが入っていた。「行く行く~」と返事して弁当のおかずの残りをタッパに詰め、いそいそとTKちゃんちへ行く。天気はひじょうによいが、陰へ入ると風がややつめたい。TKちゃんと同居人ISさんと、3人で昼ご飯を食べて、私はまた編み物をする。TKちゃんの毛糸で編んでいる帽子もマフラーももうすぐできそう。

 途中でコーヒー飲んでオヤツを食べて、3時頃まで編み物をしてから、TKちゃんたちが買い物に出かけるというので、私も図書館へ行くことにする。図書館で奥薗壽子の本を1冊、さーっと読んでしまい、橋本治の本を途中まで読み、日が暮れたので買い物して帰る。
 同居人は今日は会社の行事があって遅いので、手話に行く前にカレーを食べる。先週の残りのカレーは落ち着きのある味でウマかった。

 手話は、先週とまったく同じメンツで、今日もまたビデオ(古い「みんなの手話」)を見る。読みとりはやはり難しい。意味をつかんで表現するというのも、サークルではどうしても(ああかな、こうかな)と思案してになるけど、実際話すにはもっともっとさくさく表現できんと使いもんにならんのやろうな…

 帰って、Weの校正の残りをやる。酔っぱらいの同居人は思ったより早く帰ってきて、またうれしそうにデジカメをいじりたおしている。

古い箱(I)

 午前中、天気がいいので洗濯して干して、洗濯して干して、思い立って古い箱を開ける。20年くらい前の手紙がぎちっと入っている。だいたい中学の半ば~大学に入って2年目くらいまでの手紙。

 ばーちゃんからもらった葉書や手紙がけっこう出てきた。ちらっと読むと、私も葉書か手紙を書いて、それにばーちゃんが返事をくれたもの。靴下を送ってくれたときに一緒に入っていたらしき手紙には、「3人で分けて、一足くらいはお母さんにもやってください」と書いてある。

 今のようにメールがなかったからもあるのだろうけど、とにかくたくさん手紙がある。毎日のように手紙をやりとりしていた時期もあるらしい。同じ子が何度も何度も手紙をくれてる。そういうのをざっと読みながら、(でも、もう一度読むことはないだろうなア)と思い、絵葉書の一部を残して、ゴミ袋にまとめていく。さようなら、という気分。これだけ沢山の手紙をやりとりした相手も、ほとんどの子は今では音信を知らない。みんなどうしてるのだろう。ざっと読んでいると、ああこんな手紙をやりとりしたなあと思い出す部分もあるし、差出人の名前をみても顔が浮かばない子もいる(ちょっと申し訳ないような気持ちだ)。

 かーちゃんが死ぬ一年か二年くらい前、大量の手紙をゴミ袋に入れてるのを見て(捨ててしもてええん?置いとかんでええん?)と思っていた。後から思えば、手紙の整理は、終わりに向かっていく時間のなかでの身辺整理だったのかなあと思う。かーちゃんは、私以上に筆マメ子だったから、とにかく毎日のように大量の手紙をやりとりしていた。あれはすごかったなあと今でも思うが、古い箱をとりあえず1つ開けてみて(私もけっこうすごい量を書いてたなア)と思った。

 そういえば、「読むか、書くか、寝るか」の三択のなかで、いつも「寝る」が押され気味だったような気がする。古い手紙をざっと読んでいて、疾風怒濤の“お悩み”のほかに、主に書いてあるのは読んだ本のことや、あの本を貸してとかこの本がよかったとか、こんどなんとか展へ一緒に行こうという相談で、(これって三つ子の魂ってやつなのか?)と思うのであった。

奥薗壽子『3時間睡眠で、なんでもできる!』

奥薗壽子『3時間睡眠で、なんでもできる!』サンマーク出版、2003年



▽こうして大学に入ったものの、もとより語学よりも料理が好きだったこともあり、ご多分に漏れず、大学時代の四年間は、勉強などしないまま、あっという間に過ぎ去っていきました。(56ページ、1-2行目)



→ご多【聞】に漏(洩)れず ?

目がしょぼしょぼ

 朝からWeの校正。続けてファックスが流れてくる。くたびれて途中で鍋磨き。
 昼ご飯
 もうちょっとWeの校正。もう目がしょぼしょぼ。

 校正が一段落したらもう3時。
 本をしばらく読んでから、図書館へ行く。

 豆の本とモチーフつなぎの本を借りてくる。帰りに調子に乗って高野豆腐とかんぴょうと麩を買ってくる。麻婆高野というのをつくってみたい。でも麩入り肉団子もつくってみたい。豆の和えものや炒めものもつくってみたい。土鍋でご飯を炊きたい。サツマイモも一緒に炊き込んでみたいが、おかずをどうするか。
 思案のあげく、ご飯を土鍋で炊くことにして、おかずは麩入り肉団子にする。
 ビニールに入れた麩をもみもみしながら砕いていく。おりょ?何か粉が…あああ、ビニールが破れとるがな。いつのまに。
 しかたないのでビニール袋を取り替えて、麩を砕く。挽肉を入れてもみもみしていたら、またビニールが破れた。なので、最後は手で肉団子を丸めた。

 土鍋で炊いたご飯。サンマ鍋の最終バージョンは味噌を溶き入れて、ネギを散らす。メインは麩入り肉団子とネギと白菜をじゃんじゃん炒め煮にして、最後に水溶き片栗粉でとじたやつ。テキトーにつくったわりにウマい。大根と人参を刻んで、ちょっと切り干し大根と昆布をまぜたサラダ。見た目は昨日つくった切り干し大根のサラダ風だが、味付けを変えてみた。
 土鍋で炊いたご飯がうまい。しかも簡単。次はこれでサツマイモ入りご飯を炊きたい。
 
 『明日はうんと遠くへいこう』を読んでしまう。

蒸しパン

 朝からずっとWeのゲラに目を通す。柳瀬尚紀を最近読んでいることもあり、辞書を出してきて真面目に引く。真面目に引くほど、ああ他の辞書でどう説明してあるかを見たいと思う。

 ゲラにざっと目を通したところで、くたびれたので休憩。昼を食べてからTKちゃんちへあそびに行く。近所の商店街でおはこ市というのをやってるので、散歩がてらぶらぶらする。お菓子屋で全品1割引というのをやっていたから、ツイおやつを買う。昆布飴と黄粉ポッキー。でも、こないだチャットしたときに話題になった蒸しパンを2人して思い出し、さらにスーパーへ寄って、小麦粉と重曹とサツマイモを買って戻る。

 それからすぐ蒸しパンづくり。粉と重曹はザルで振るい、芋は角切りにしてさらし、油と砂糖と塩すこしをぐりぐり混ぜてから、粉と芋を投入。蒸し器で20分弱蒸した。重層がやや足りなかったか、粉の振るいかたが甘かったか、蒸し途中で何度か蓋を開けたのがいかんかったか、ふくらみの少ない、ややもっちりした蒸しパンができた。これはこれでウマかったが、次回はもうちょっと研究して、さらにバージョンアップするぞと思う。

 TKちゃんは昼寝。私はまた編み物にいそしみ、途中から春日武彦の本を読みつつ手を動かし、今日は1玉編んでしまった。

 日が暮れて、図書館経由で帰宅。晩ご飯に、借りてきた奥薗壽子の本をぴらぴら見ながら、切り干し大根のサラダをつくる。あとはサンマ鍋の残りにもう少し野菜と豆腐を投入して温め、鳥取土産のテンプラを切り、同居人が帰ってきてから冷凍餃子を焼いた。ご飯のあとに梨。

 同居人は夜介護。私は校正のメール書き。夜中すぎまでこりこりとがんばってみるが、全部は終わらず、残りは明日まわしにする。

水越松南展@姫路市立美術館

水越松南展@姫路市立美術館を見物。

http://www.city.himeji.hyogo.jp/art/
Genre : 日記 日記

 昨晩からの雨は、昼間もほとんどとぎれることなく降り続く。

 朝ご飯のあと、中国茶。

 昼ご飯 さぬきのかけうどん

 それから約束していた待ち合わせ場所へ。TKちゃんとN子といっしょにケーキを食べにいってしゃべる会。外は雨。

 ケーキセットをたのんで2時間半

 雨は途中でひどくなり、祭りの太鼓御輿がたいへんそうだった。

 図書館でトラベルング・パンツの3冊目、『ラストサマー』を読んでしまって、返して借りてから、石鹸など買って帰宅。

 こないだ行った池田のイタ飯屋へ行くかあと朝のうちは言っていたが、雨が降り続くのでいやになって延期。近所のK飯店へでかけてみるが、軒下からあふれるほど人が並んでいるのであきらめる。折り返し歩いて、もう少し歩いて、久々の豚カツ屋へ行く。同居人は味噌ヒレかつ、私はしぐれヒレかつ。

 帰ってきて、また中国茶。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ