FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

美保関・境港

 レンタカーを運転する。大山を下っていく。エンジンブレーキが必要な、けっこうな下り坂。雲は多いが、天気は昨日よりいい。晴れ間もみえる。

 弓ヶ浜というのは、千里が浜ほどではないにしても、もっと海沿いの道なのかと思っていたら、途中までは海は見えなかった(それで道が違うのかといったんクルマを停めたくらいだ)。海に近い道になっても、ぼうぼうと松林がたっぷりと生えていて、展望駐車場でようやくゆっくり海が見られた。風が強く、波がざぶんざぶんと打ち寄せる。残念ながら今日も大山のてっぺんは雲をかぶっていて、全貌は見えそうにない。

 美保関灯台。たどりつくまで、海沿いの道をくねくねとドライブ。広島の呉線沿いを走ってるのと似ている。竹原や三原のあたりみたいだ。ここは日本海やけど。灯台は眺めがたいへんよい。大山もあいかわらず雲がかかっているし、天気がよければ見えるという隠岐も見えないが、それでも大満足。絶景かな絶景かな。

 境港 水木しげるロード
 漁協のやってる店で昼ご飯

 今井書店 本の学校

大山寺・植田正治写真美術館

 妹1号と米子方面へ。移動は高速バス。連休初日とあってか、やはり中国道に入る前の中央環状から渋滞して、宝塚・西宮あたりまで渋滞して、でもそのあとの中国道・米子道は快調に飛ばして、約4時間で米子に着く。

 レンタカーを借りる。それからすぐ昼ご飯。こちらの出身・Ynさんの仰せにしたがい、駅前で「赤貝ごはん」を食べる。赤貝の出汁で、炊いたご飯をせいろ蒸しにしたのが出てくる。うまい。にぎり定食も頼んで2人でわけて食べる。このあたりはイカが有名らしい。イカの刺身がついてくる。

 まんぞくした昼ご飯のあと、大山方面へ向かう。

 大山寺

 植田正治写真美術館

 宿のマスターに送迎してもらって、近所の大山温泉につかりにいく。宿に戻って、ビールを飲んで、テレビを見たりして、ごろごろしながら就寝。

掃除機かけまくる

 ウチの中がなんだかカユイので、午前中はあちこち掃除機をかけまくる。布団のカバーもはずして、布団にも掃除機かけて、ついでに布団乾燥機にかける。外は曇っているし、洗濯もしたから、布団を干す場所がない。布団を途中でひっくりかえして、念入りに乾燥機にかける。今晩はふかふかじゃあ。

 昼ご飯を食べたら、さすがに眠くなってきて、しばらくうとうとする。あいまに角田光代の『キッドナップ・ツアー』と島本理生の『生まれる森』というのを読む。角田光代の本は、近所の図書館では子どもの本の棚に並んでいた。どっちの著者もこないだ読んだ『Teen age』というアンソロジーに入っていた。わりとどの著者のもよかったので、ちょっとずつ図書館へリクエストを出してみたやつ。

 晩は同居人が会社の人と飲み会だというので別メシ。ということで、またおかずをタッパに詰めて持参し、TKちゃんちで晩ご飯を一緒に食べた。途中図書館で本を返して借りる。なぜか未登録の(ブッカーもかかっておらず、図書館のスタンプさえ押してない)瀬尾まいこ『幸福な食卓』がまわってきた。こんな状態で貸して大丈夫か?

 すっかり日が暮れてTKちゃんちをおいとまし、ウチに帰って、明日・あさっての旅の支度。妹1号と鳥取へ行くのである。第一目標は植田正治写真美術館。数日前からの天気予報では金曜から土曜にかけて雨マークが出ていたので、気になって何度もネットで天気予報を見る。同居人の帰りが遅いと、パソコンを占有できるのう。
 私のパソコンは復旧せず。

手話

 午前中は同居人のパソコンを借りて原稿書き。天気がまあまあいいので洗濯を2度。昼前に父ちゃんちへ向かう。妹2号とその夫とともに、父ちゃんちで昼ご飯を一緒に食べるのである。昨日に比べると朝の空気は多少ひやっとして涼しかったが、昼前に駅から父ちゃんちまで歩くのはやはり暑い。

 昨日もらった枝豆の残りを枝からはずして茹で、持参したジャガイモの酢炒めを出す。けっこう好評。父ちゃんは茶そばを茹でて、それを冷たいつけ汁で食べた。あとは買ってきた天ぷらや何や。
 ご飯のあと、持参したリンゴと、父ちゃんちの冷蔵庫にあった梨をむいて、4人で食べる。妹がコーヒーをいれて、それを4人でのみながら、スーパーの話などする。父ちゃんは、今もかわらず「アメリカやヨーロッパのような通路の広いスーパーマーケットがないものか」といった意見を述べ、私は(父ちゃん、ヨーロッパへいつ行ってきたんや?)と思う。通路が狭くてごちゃごちゃしたのはイヤだというわりに、父ちゃんちは(ウチほどではないが)色んなモノが廊下にも部屋にも積み上げてあって、狭いやんけ。

 それからまた父ちゃんのパソコンの様子をみて、なんとかメール送受信もできるようになったので、そこで切り上げて、妹2号に駅まで送ってもらう。寄り道せずに帰って原稿の続きを書く。自分のノートがいかれてしまい、仕方ないけど、同居人のパソコンはキーボードも違うし、書きにくい。書き上げた原稿を送って、ようやく一息つく。朝干した洗濯物はもう乾いていたので、もう1度洗濯して干す。

 ちょっとおやつを食べてから、図書館経由で手話。

 聾者には死ぬまで必要な手話。
 健聴者がベンキョウしたいと思うのは、気軽すぎるのか。

 晩は別メシ。同居人はすでにご飯をすませて一風呂浴びていた。餃子を焼いたり、弁当のおかずの残りをいろいろさらえたりして、やや飲みメニュー。

 同居人を夜介護に送り出し、本を読んだり、またパソコンを借りて週末の米子情報を調べたり。天気予報によると金曜、米子方面は雨まじりらしい。大山にも行くつもりなので、なんとか晴れてほしいところだ・・・・

 なんか虫がいる。かゆい。弱っちい蚊もふらふら飛んでいるが、それとは別のかゆくなる虫がいる。うーかゆい。

同じ誕生日の人けんぶつ

 図書館へ寄って、それからバスに乗って、ことしうまれた同じ誕生日の人を見物にいく。ことしは干支まで一緒やで。
 見物の対象は寝ていた。その顔をながめると、6月に見たときよりもふくふくしていて、人間らしくなってきたなあと思う。その母と一緒に昼ご飯を食べようということになっていたので、持参した一品(ジャガイモの酢炒め)を出す。
 昼までまだ間があるので、私が辞めた会社のことやら、その前の職場のことやら、共通の知人についてのうわさ話やら、しゃべる。その途中で赤ん坊が起きる。母の腕に抱かれた赤ん坊はふやふやと笑い、よだれをたらし、じっとしていることがない。ニコニコっとしてやると、ふへふへと笑う(ように見える)。おもろいな~イキモノって。

 昼ご飯をいただいて、引き続きしゃべる。赤ん坊は眠くなってきたのか少々不機嫌になってきて、うぎゃうぎゃと自己主張(らしい)。でもまぶたは明らかに落ちてきていて、大人としては見ていてほんまに笑える。ベビーベッドへ寝かせるも、あいあいと泣きわめき、母のおっぱいを含んでようやく赤ん坊は落ち着いたもよう。そーーーっと寝かせて、コーヒーを飲みながらまたしゃべる。今日もミキサーを持参してカプチーノをつくった。うまい。

 夕方まであれこれとしゃべって、おいとまする。枝つきの枝豆、かぼす、梨を遠慮なくもらって、うししとよろこんで帰る。今晩はサンマの塩焼きにかぼすをじゅじゅじゅじゅっと絞ろう。うしし。枝豆も茹でよう。うしし。
 
 同居人が帰ってきて、塩をふってあったサンマを焼きはじめて、気づく。(おまいがー 大根わすれた。)もうサンマもばしばし焼けつつあるので、大根おろしをあきらめる。じゅじゅっとかぼすを絞ったサンマはうまかったけど、大根おろしも欲しかった。納豆とタマネギと白ネギのみそ汁に青ネギを散らした葱ネギみそ汁にご飯。

 サンマとご飯とみそ汁をすませて、第2部をひらく。枝豆とブリーチーズ(札幌で買ったやつ)とビール。枝豆がうまい。茹で方を調べて、塩加減などに気をつけてまじめに茹でたせいか、もとの枝豆が新鮮でうまいのか、とにかくうまい。ブリーチーズはうまかったけど、もってり濃すぎてビールの味が変わってしまうくらいだった。

 私のパソコンはやはりだめで、昼間しばし同居人のパソコンを借りたが、キーボードが違って書きにくい。困ったのう。

シルクロード展

 蒸し暑い。じつに暑い。じっとりしてくる。ゆっくりめに起きて、日曜美術館をちらっと眺めながら朝ご飯を食べ、それからシルクロード展へ向かう。行きは三宮まで空港バスに乗ったら、連休のせいで渋滞しているらしく、ふだんの倍近く時間がかかる。着いたらもう昼なので、先に昼ご飯を食べてから行くかあと、いつものベトナム・カフェへ行く。今日は2人とも定食を頼む。それと生春巻き。フォーと、煮物が3品と、ご飯。しっとり汗をかきつつ、食べる。うまい。店主のTさんから「2回めか、3回目ですよね」と声をかけられる。客商売は客の顔をおぼえるというけど、そうそう、3回目。「また来ます」と声をかけて出る。

 阪神電車に乗って、駅から歩いて、兵庫県立美術館につく。暑い。暑すぎる。こないだのモロー展よりも人が多い。「世界初公開!」の表示があるやつには特に人がたかっている。赤ん坊のミイラとか、木のミイラ(遺体の代わりに埋葬した?)とか、テレビでもやってた「西域のモナリザ」とか。仏さんの顔やら織物の柄など、奈良博なんかにあるのと近い感じのもあるし、オリエント~という感じのもある。あっちからこっちまでつながっているのを実感させる。あと「俑」というのはべつに焼きものとは限らず(兵馬俑が有名なせいでそう思っていたが)とにかく「かたどったもの」ということらしいのがわかった。おもしろかったが、人が多くて、ちんたら歩いていたらひどく疲れて、今回も常設展はパスして帰る。
 
 帰りに掛け時計を買う。

 日曜美術館の再放送を見ながら晩ご飯。ヴァラドンとユトリロが母子だったのを初めて知る。飲んだくれのユトリロは、酒浸りでぐちゃぐちゃのときに傑作を数多くかいているそうだ。絵はがきをみてかいてたというのも、へぇぇぇと思う。

 晩ご飯は、シェフ同居人作のトムヤムクンと、私がつくった大根とにんじんのなます、締めに冷凍庫から出してきた炊き込みご飯をチンして食べる。ご飯のあとにリンゴ。このサン津軽りんごは新物か?

 なんと急に私のノートパソコンが不調に陥る。起動途中でフリーズ、機能拡張を読み込まずに起動させても途中でフリーズ、なんとか立ち上がった、やれバックアップとUSBメディアを突っ込んだらまたフリーズ… うがが。

逸翁美術館

 蒸し暑い。たいへん蒸し暑い。いったん涼しくなってからの暑さはこたえる。午前中は本を読みつつごろごろする。

 昼頃から逸翁美術館へ向かう。秋季展「雅美と超俗-琳派と文人画派」というのをやっているのだ。蕪村の「五老酔帰図」のほか光琳、抱一、乾山、宗達などが出てるらしい。

 腹ごしらえは、肉屋の上の洋食屋でハンバーグ!!と思ったいたのが定休日でアウト。盛り上がっていたハンバーグ気分がしおしおとしぼむ。駅までぶらぶら戻って、初めてのイタ飯屋に入る。蒸し暑くて、へなへな。
 入ってみた店は当たりで、コストパフォーマンスのよい、おいしい店だった。スープ、サラダ、パン、パスタ、デザートにコーヒーがついたランチが700円なのだ。しかもスープからはじまって、ぜんぶ自家製。うまい。クーラーが若干さむかったことをのぞけば満足。同居人は「こんどは夜きましょう」とウキウキしている。

 それからあらためて逸翁へ。別館前に売店ができていたり、通路がきれいになっていたり、ちょっと改装されてた。いつもながら静かで落ち着く。こういう美術館は、昨日の兵庫県美みたいに大混雑せず、静かにゆっくり見られる環境のままであってほしい。
 並んでるのはひじょうにおもしろい。光琳の寿老人や「大堰川」銘の茶碗などめちゃおもろい。蕪村の「五老酔帰図」には世界初公開とかかれていて、2日続けて世界初公開をみた。まんぞくできる時間・空間。
 
 同居人が歩く気まんまんなので、つきあって隣の駅まで歩く。途中でペットボトルを買って水分補給をしながら歩く。もう蒸し暑くてべとべと。隣駅近くのせんべい屋で私はみたらし団子、同居人は白玉ぜんざいを食べる。ちょっと甘いものを食べていきかえる。そこから1駅乗って、買い物して帰宅。

 晩ご飯はシェフ同居人作のトマトシチュー。それと手抜きサラダ。

 私のノートパソコンは不調のまま。ああああ

 パソコンは半分あきらめて、テレビで鳥人間コンテストをみる。いつもながら、すげえ。

夜更かし

 夜更かしして本を読んでしもたあと明け方に就寝。同居人は朝帰りして、やはり就寝。2人ともぐうぐう寝て、気がついたらもう昼なのであった。ネ、ネムイ。

 昨日ジンギスカンを食べたあとに爪楊枝でシーシーしてたら、けぽっと歯の詰め物がとれた。と、とりあえず元の穴に押し込み、歯医者へ行こうと思っていた。
 行くつもりの歯医者は土曜午前はやってるが午後は休診なので、とびおきて、保険証もって、自転車こいで歯医者へ行く。受付時間には間に合った。それから1時間ほど待って、とれた詰め物にセメント塗って、くいくいとはめてもらう。

 帰って、朝ご飯のよーな昼ご飯を食べる。いただきもののメロンを食べて、そしたらまた眠くなり、同居人と2人して昼寝。散歩にでも行くかあと言っていたが、昼寝をしていたら日暮れになり、遅い昼ご飯にお茶漬けと、冷蔵庫に残っていたおかずを食べる。
 それからまたうだうだ。眠くてたまらん。

 夜はパーティー。近所のAさんちで、Aさんの誕生会という名目の集まり。久々に会ったAさんはずいぶん調子が悪そうで、案じられた。連休にあたったせいか参加者は少なめで、シェフたちが腕をふるった刺身や松茸ご飯や豚のマーマレード焼き、オムレツなどを食べる。欠場のHちゃんから差し入れのケーキも登場。
 夜中をすぎて、おひらきになって帰宅。ねむいねむいと言いながら、今晩もまた2時寝である。

 

ジンギスカン

 今日も爽やかな暑さ。晴れているが、近畿の天気は下り坂だというので洗濯はパス。同居人を送り出し、朝からTKちゃんとチャットしていたが、あまりの眠さに2時間ほど二度寝。
 起きてWeの校正をまたこりこり書いてメールを送る。それから自転車に乗って近所のOさんちへ。お昼を一緒に食べようというお誘い。手土産は何もないが、カプチーノを一緒に飲もうと思い、クリームミキサーをもっていく。Oさん手製の「ねばねばそうめんサラダ」をいただき、そのあと牛乳を泡立ててカプチーノを一緒に飲む。Oさんは泡立て器をずいぶん気に入ったようで「私も手に入れよう!」と乗り気であった。

 Oさんちをおいとましていったん帰り、それから梅田へ出る。まず来週末の長距離バスの切符を受け取る。すぐにすんで、献血しよかと献血ルームへいく。時間はたくさんあるから成分でもなんでもと言うて待っていたが、問診によると、1980年から1996年までの間、1泊以上の英国滞在はいまのところ献血ストップなのであった。狂牛病がらみの理由で、このストップ措置はもう解消されたかと思っていたら、まだなのである。検査方法などが変わればまたお願いできると思いますのでと、問診の医者は何度も何度もくりかえしていた。そりゃそうよな、このストップがかかるまで、私の血はだいぶ献じているしな。

 思ったより時間がぽかりと空いてしまい、本屋を2軒ハシゴする。どちらの店も店内に椅子があるところ。1軒目では「本とコンピュータ」の終刊号などを何冊か眺め、2軒目では労働法関係の本を眺めた。
 
 それから待ち合わせ場所へ向かう。こないだ辞めた会社で一緒だったYmさんとYnさんと一緒にジンギスカンを食べにいく。店の前で待つ間から、会社へのグチ炸裂。相変わらずの会社じゃ。それと私が来週末にいく鳥取・米子方面について、Ymさんから指南を受け、さらにはドライブマップの貸与も受ける。ありがたし。ジンギスカンはうまかった。安かったし。そのあとお茶のみにいって、10時半頃までグチ子ちゃん大会。ほんまへんな会社。

 同居人も飲み会。終電が出るような時間に電話がかかってきたと思ったら「タクシーでかえります」と。宮部みゆきの『理由』を読みながら、眠くなったら寝ようと思っていたが、結局しまいまで読んでしまう。時計をみると5時前。また夜更かししてもうた。同居人はまだ帰ってこず。

爽やかな暑さ

 昨晩から涼しくなってる感じがしてたのは正しくて、朝から爽やか。同居人がアイロンかけてても、ウチの中が暑くない。昨日は朝からいきなりクーラーつけたのに。

 昨晩は同居人が留守だったこともあり、つい夜更かしして本を読んでしまった。眠くなったらそのまま寝ようと思っていたのに、ミープ・ヒースの『思い出のアンネ・フランク』を読んでいたら、結局しまいまでいってしまった。さすがに今朝はネムイ。かなりネムイ。

 同居人を送り出して、でれでれとする。気が遠くなりそうな眠気が間欠的におそってくる。ときどき寝そうになりながら、TKちゃんと2時間ほどチャットして、今日も一緒に昼ご飯を食べることに決定。ウチのおかずの残りを持ち込む代わりに、TKちゃんちでコーヒーを飲ませてもらうことになった。昨日の晩のおかずをタッパーに詰めて、カプチーノ用の泡立て器ももって、自転車でTKちゃんちへ向かう。
 天気予報では今日は爽やかな秋晴れのはずだったが、外へ出てみるとけっこう暗い雲が出ているのだった。こりゃ昨日みたいに一雨くるかも。

 TKちゃんと一緒に昼ご飯を食べ、カプチーノを入れてのみ、2人して「すずしいなあ」と言いながら、四方山話。

 夕方解散するころにはきれいな青空が広がっていた。TKちゃんは医者へ行き、私は図書館へ行く。『目利きのヒミツ』の残りを図書館で読んでしまい、返して借りて、雑誌をいくつかぱらぱら。それから買い物して帰宅。
 西日が当たって、さすがにウチの中は暑いやろうと思っていたが、そうでもなく、爽やか。もうこれくらいの気候でそろそろ秋になってほしい。

 晩ご飯
 サンマの塩焼き、セロリの辛子和え、豆サラダ(豆3種、ツナ、セロリ、白髪葱)、シメジと白ネギとワカメの味噌汁、ご飯。ご飯のあとに、いただきもののメロンを食べる。よく熟れていて、ウマい。もらいもんはウマい~

 同居人が「今日の料理」10月号を買ってきたので、こんど何をつくろうか(うしし)という気分でながめる。

いっしょに昼寝

 今日も朝から暑い。暑い。あついーーーーーー

 洗濯して干してから、「サンマの山椒煮」「モヤシとインゲンの胡麻和え」などをタッパーに詰めて、TKちゃんちへ向かう。今日は昼ご飯を一緒に食べることにしたのだ。昼を食べて、午後は2人でぐうたらと昼寝。TKちゃんちはウチよりも風が通るのでだいぶらく。夕方帰る途中で買い物していこうと思ったら財布がない!TKちゃんちに財布忘れた、と気づいて仕方なく手ぶらで帰る。まるでサザエさんである。帰ってから電話して、駅前まで来てもらって手話の前に受け取ることにする。晩ご飯はウチにあるものでつくる。

 図書館へ寄って、財布を受け取ってから手話。今日はビデオを見てベンキョウ。やや古いNHKの「みんなの手話」が録画されたやつを5回分くらいみた。

 帰ったら、同居人が「めっちゃハラヘッタ」とへなへなになっていた。ちゃちゃちゃっと豆腐のあんかけを仕上げ、一緒に晩ご飯をたべる。鶏じゃが、千切り大根とワカメと人参の酢の物、ご飯。

 同居人が夜介護に出てしまって、静かな夜。雨のおかげもあるのか、昼の暑さを思えば、だいぶ涼しい。ごろごろとしながらミープ・ヒースの『思い出のアンネ・フランク』を読む。眠くなったら寝ようと思ってたら、昼寝のおかげか、つるつると本を読み続けてしまい、結局夜中過ぎて3時ごろ読み終わる。いかんいかんいかん。

松山、3度目

 モーニング
 県美 聖徳太子と国宝法隆寺
 常設も

 衣山 魚うまい

 温泉
 ケーキセット
 宿で休憩

 晩 魚うまい
 宿で休憩 

 ジュース飲みに

 雨が降って蒸し暑い。宿は密閉度が高くて、クーラーをつけると寒く、消すと暑い。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ