読んだり、書いたり、編んだり 

あつ、あつ、あつ

 帰ったらウチの室内温度は32.5度だった。あつーーーーーーー
 ドライでクーラーつけてもほとんど気温が下がらない。

 めずらしく7時半ごろまで残業して帰る。同居人は会社の飲み会だというので、一人メシ。鰹のタタキ(ワカメ、玉ねぎ添え)、トマト、モズク豆腐、昨日の豆サラダの残り…などを並べて、ビールを1本。

 図書館で借りていた『フツーを行きぬく進路術 17歳編』を読む。わるくない。17歳といわず、大人でも知らない人は知らないだろうなと思うことがいろいろ書いてある。青木書店らしく、組合に相談しよう!という路線で、それもいい感じで書いてあるので、若い人にも、若い人とつきあいのある大人にもエエかもなと思う。

べとべと

 暑くてじっとりと目が醒める。ぐっすり寝た気がしない。朝から水浴びしてちょっとはサッパリする。朝ご飯のついでにルビーのグレープフルーツを食べる。ちょっとしゃきっとする。ついでに酢も飲む。この夏も酢を飲む時期になってきた。

 どうせ天気予報で雨と言っても降らんのヤロ、と思っていたら、今日は降った。しかし、しゃーしゃー降ったのは昼間のいっとき。あとはさらさらとわずかな雨が降り、はっきりいって昨日よりも蒸し暑さが増して、べとべと。クーラーのきいた電車を降りたら、眼鏡がくもるほどである。

 納品は近いものの、原稿を出してしまって、制作部からの戻りを待つ状態になり、別のリストづくりもやってしまって、図書館へ行くべく定時でとっとと帰る。で、先週行きそびれた手話サークルへ…と思ったら、今日は休みだった。公民館のホワイトボードをみて、(そうか5週目か)と思い当たる。しゃーないけど、先週休んでしもて、今週も休みになるとイタイ。

 気を取りなおして、また電車に乗り、隣駅の古本屋へ行く。本を3冊買って、折り返しまた帰ってきたら、ちょうど同居人の帰りと同じ電車だった!
「食べて帰ろか」ということで、駅近のイタ飯屋へ近づいてみるも水曜定休。ほな寿司にするかと寿司屋まで歩いてみると、予約でいっぱいと断られる。どないしょうかと、結局駅ビル内のカレー屋へ行く。
 私が頼んだ「薬膳野菜カレー」というのは、イメージしていたのとかなり違っていて、野菜がとにかくテンコモリだった。その野菜もジャガイモ、ピーマン、パプリカ、カボチャ、ズッキーニ、しめじ、舞茸、マッシュルーム、長芋、トマト、ホウレン草…などがわんさか入って、さらにニラとモヤシまで入っていた。このニラとモヤシというあたり、自分ではまず入れないという意味でインパクト大。米は雑穀入りで炊いてあるやつで、とにかく野菜だらけであった。(ちょっとタンパク質が足りないかも…これはカツカレーを頼んだ同居人にカツを少し分けてもらった。)

 それから買い物して帰って、さくらんぼを食べる。

32度

 カラ梅雨にもほどがある。天気予報もほとんど当たらず、雨の降らない日々。暑い暑い日々。もう出勤のとき駅まで歩くだけでじっとり汗ばむ。こんな中、クールビズも何のそので長袖シャツを着て、スーツを上下びちっと着てる同居人がほんまに暑苦しい。鼻の頭に汗がふきだして、イヌみたいやで。

 2日くらい前の虫さされが腫れ上がって水ぶくれになり、会社で机にぶつけて水ぶくれがやぶれた。もうかちかちに腫れて痛い。あーまたこの季節か。

 上司Yさんに頼まれごともあって、6時過ぎにあがって図書館へ行く。叢書点検で昨日まで休みだったので久々。でも返せる本は1冊だけで(ひっしこいて行き帰りに読んだけど読みきれず)、借りられる本も1冊だけ。

 買い物して帰ったら、室内は32度。信じられんな。6月やで。6月末からこんな気温で、いったい8月や9月はどうなるのじゃ。あまりに暑いのでクーラーをドライでつける。1時間ほどつけても室内は31度くらい。

 同居人は今日はわりと早かった。晩ご飯は、厚揚げと葱焼き(おろし生姜とポン酢で)、モズク豆腐、豆サラダ(豆3種、玉ねぎ、セロリ、人参、ツナ缶)、それにご飯。私が麦茶もちゃんと出しておるのに、同居人はビールを出して飲むし。で、ご飯を一人で葱炒飯にして食べてるし。

 今日の行き帰りでひっしこいて読んだのは、メグ・ローゾフの『わたしは生きていける』(理論社)。読みはじめは、レベンクロンみたいな摂食障害の女の子の話かと思ったら、思わぬ展開。戦争の話になった。作風はだいぶ違うけど、『悪童日記』の読後感に似ている。主人公の「あたし」(デージー)は、顔見知りが腐りかけの死体になっているのを見たり、いとも簡単に人が撃たれるのを見たり。

会議、版下

 会社の業務で、S藤孝の講演会。聞いてて、かなりムカつく奴であった。腹とか腰とか言うてるわりに、自分のその声、ぜったい胸式呼吸ヤロ、オマエ腹から声出てへんヤロ。あああつかれた。

 上司Yさんの指令で会社へ戻り、今日発送なのだという印刷物を仕上げる。定時にあがるつもりが、7時過ぎまでかかる。それから、前の職場へちょっと寄って友人iに「ブックマーク」の封筒や切手を預け、それからWeフォーラムの実行委員会へ。

 帰って、閉店間際のスーパーで買ってきた半額の穴子寿司を食べてから、「ブックマーク」の版下づくり。2時頃まで作業。

 ああまだあと1日あるのか。ふぅぅぅ。

ブックマークの印刷と発送

 昨夜は夜中すぎて2時半ごろまで「ブックマーク」の版下づくり。会社の人と飲みにいった同居人はもう帰ってこんのか、どっかで泊まってくるのか(連絡くらい入れろ)と思っていたら、2時半ごろに帰ってきた。「こんな時間になるんやったら帰ってこんでいいから、今日は私も起きてたけど、こんな時間に帰ってくるの迷惑」と言い渡す。

 版下がほぼできて、ヘナヘナで寝る。
 金曜は朝の掃除当番。もうめちゃくちゃにネムイ。
 仕事をさくさくすませて、今日は定時にあがる目標だったが、打ち合わせがちょっと長引き、すぐ横で発送作業がまだ終わらないというので6時半ごろまで、わずかな時間だが手伝って、それで会社をとんで出て、友人iとの待ち合わせ場所へ急ぐ。
 待たせてスマンスマンスマン。
 すぐ「ブックマーク」の印刷にかかる。預けてあった宛名シールと切手はすでに封筒に貼ってもらっていた。ありがたし。

 印刷したものから折り機にかけて二つ折りに。今回は16ページ建てなので、二つ折りにした紙を4枚重ねて「ブックマーク」ができあがる。200部組んで、封筒に詰めて、封をしていく。もうちょっとかかるかと思っていたが、友人iの作業スピードは速く、2人で2時間足らずで終える。

 あーできたできた。夢のような速さである。すげー。封筒を投函して、それからご飯を食べにいく。
 インド料理屋でセットを頼んで、でっかいタンドリーチキンやサモサ、カレーにナンを食べる。私はインドビールを1本飲む。今週は「ブックマーク」もあったし、原稿もちょっと残っていたし、寝るのが遅い日が続き、かなりの疲労感。でもこれで「ブックマーク」もできたし、土日は休養だ!

 ご飯のあと、CD屋をのぞいて、それからまたお茶をちょっと飲んで、2人でうだうだして解散。

線描や粗いタッチで

 日曜美術館(印象派対決)を見てから、朝ご飯食べて、洗濯して干して、ギュスターヴ・モロー展見物に昼頃出発。
 
 電車に乗っていくのはやめて、空港バスで三宮へ。昼ご飯は前にもいちど行ったベトナムカフェで生春巻きとフォー付きのランチプレートを頼む。食べていると汗がでてくる。冷えて寒いくらいの冷房よりは、いいか。

 三宮から美術館までのバスは本数がえらく少ないので、阪神に乗って、駅から歩く。今日も暑い。兵庫県立美術館へ来るのは初めて。「むだにデカい」と思うくらいデカい建物。込んでいたとしてもゴッホ展のようなことはないヤロと思っていたモロー展は、ほどほどの人出で、いいかんじ。これ以上込むとイヤになる。でも私が思っていたよりは客は多かった。モローは子連れで見るのはなかなか難しいのではないかと(サロメの斬首シーンとか、折り重なる殉教者とか)思ったが、子連れの人もいた。

 モローをこんなにまとめて見たことがなかったので、これまでテレビで見たり図録で見たレベルで「細かい細かい絵を描く人」という印象をもっていた。たしかに細かい細かい絵もあったのだが、習作や下書きやそんなのはナイフで絵の具を塗ったか?と思うような粗いタッチのものもたくさんあった。現物を見て初めて気づいたことだが、ある時期以降のモローの絵には輪郭線をとったような線がたくさん描かれている。「こんな描き方なのか、近くに寄って実物見ないとわからんなあ」と思う。

 それとルオーがモローの愛弟子だということを知って、似た雰囲気あるかもなあと思った。

 眠さのあまり常設展はスキップして、喫茶店でコーヒーを飲み、たらたらと駅まで戻る。三宮へ戻って空港バス、という案もでたが、もう少し引き返して高速神戸で阪急の特急に乗り換えて帰ってきた(こういうルートで移動すると精算機が認識できないらしく、出るときに駅員さんに精算してもらった)。

 晩ご飯はお好み焼き。同居人は夜介護。私は読書。

消臭カットガム

 滋賀の近美へ。
 昼から2人で餃子を4人前と野菜炒めと麻婆茄子を食べて、ビール。「消臭カットガムあります」という貼り紙に、「消臭ガムか臭いカットガムか、どっちかにしてほしいなあ」とツッコミ。

 「20世紀の美術」展。

 大観の脇には広重があって、その後ろにはウォーホルやリキテンシュタインがあるという、あまり見ない展示が印象にのこる。

 めちゃくちゃに暑かった。

 トマたま(トマトと卵炒め)、モズク豆腐、大根と人参とワカメとルッコラのサラダ。

ブックマーク62号 発送

「ブックマーク」読者のみなさまへ

62号は、6月24日に印刷・発送しました。
お手元には27日(月曜)くらいに届くかと思います。

タンドリーチキン

 だるだるのねむねむ。同居人は朝になって帰ってきた。私は昼に父ちゃんちでご飯を一緒にという約束だったので(「ブックマーク」の封筒を取りに)、よいこらしょと起きて出かける。あつっ。モノレールで最寄り駅まで出て、20分ほどてくてく歩いて、汗がでた。
 昼ご飯を食べて、しばらくしゃべって、「白バラ」の話や会社の話などをして、めずらしく父ちゃんが送ってやるというので、クルマでウチの最寄り駅まで送ってもらう。父ちゃんが新潮の季刊誌「考える人」の創刊号から4冊くれた。みてみたいというので、私が何度か買っていったやつだ。昨日「鳩よ!」の古雑誌を読んでおもしろかったので、4冊ならもらっとこう、と持って帰る。ちょうど小林秀雄賞をとったときの斎藤美奈子のインタビューも載っていた。

 晩ご飯は買ってあった鶏モモで、シェフ同居人がタンドリーチキンを制作。買ってきたナンを焼いて、サラダ仕立てで、うまかった~。

 で、私は「頭のフタ」原稿を書いてしまう。ああ、今月も原稿書けた。よかったよかった。

納品

 小論教材の納品日。朝から最後の校正をやり、制作部の作業を待ちながら、生物の原稿書き。制作部は仕事がたてこんでいるらしく、夕方になってちょっとあせる。
 さいごは担当してくれていた制作部のKさんがホッチキス止めまで手伝ってくれて、宅配便の最終に間に合った。ああよかった。それから7時半ごろまで、アルバイトのYさんがやっていた封筒詰めの作業を手伝ってから帰る。

 晩ご飯はシェフ同居人のトマト卵炒め。私が大根と人参とワカメとキュウリのサラダをつくり、じゃじゃじゃっと炒めたのをおかずに、ご飯ではなくてナンの残りを食べる。

雨降り

 いちにち原稿書きをして、定時すぎに帰る。同居人は会社の飲み会ということで、一人メシ。トマトを切ったのと、モズクと、大根サラダと、それとピリ辛汁ビーフンをつくって、汗をかきかき食べた。すっきり。

 空梅雨もようなので、帰ってきて洗濯して干しておいた。一風呂浴びていたら、とつぜんバラバラと雨の音。あわてて風呂から出て、洗濯物を取り入れる。
 雨は久々に長く降り、同居人が日付が変わる頃に帰ってきたときにもまだ降っていた。同居人いわく「ショップはたいへん」。服を売るのはたいへんらしい。

 「ブックマーク」を金曜に印刷・発送する予定で、原稿整理と編集にいそしむ。今回は16ページ建て。なんとか間に合いそうだ。

 行き帰りには永江朗の『批評の事情』を読む。三読めか。あーこんなこと書いてあったなとおぼえてるところと、こんなん書いてあったっけとまったく記憶にございませんのところがある。 

つかれた

 午前中は原稿書き。「呼吸」というと、中学生では外呼吸を習って、内呼吸は習わんのやなあ、と改めて気づき、「呼吸」というとガス交換というより主に異化作用だと思うようになっている自分にも気づく。
 明日の準備に昼からビミョウに巻き込まれ、資料の封筒詰めくらいはやったけど、そのあとまた原稿書きにいそしむ。生物の「同化と異化」単元もそろそろ終了。私が習った頃とは、コトバやらその他いろいろ変化もある。いまは「明反応」「暗反応」は言わない方向…らしい。

 2階の事務所で明日の準備とて、段ボールやらパネルやらが広げられている中を帰るのは少々ストレスフルであったが、セイリ痛がひどくて…という顔をして帰る(ほんまにちょっと痛かったし)。それでも会社を出たのは8時前。私にしてはかなり遅い。
 帰り着いて、同居人と外メシ。今日は「すだちおろしうどん」を食べてみた。あっさり。

 「ブックマーク」の版下づくりにいそしむ。同居人が宛名シールをつくってくれたし、これで金曜には作業できるぞ。
 
 久々に本らしい本(単行本)を買う。コスモス会編の『干刈あがたの文学世界』鼎書房。「ブックマーク」ができたら、読むぞう!
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ