FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

8月に読んだ本

8月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
○林真理子『ファニーフェイスの死』集英社
○山下裕二『日本美術の二〇世紀』晶文社
○はな『ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう』東京書籍
○中川李枝子(中川宗弥・え)『ももいろのきりん』福音館
○ルース・スタイルス・ガネット、ルース・クリスマン・ガネット(え)『エルマーの冒険』福音館
○ルース・スタイルス・ガネット、ルース・クリスマン・ガネット『エルマーとりゅう』福音館
○ルース・スタイルス・ガネット、ルース・クリスマン・ガネット『エルマーと16ぴきのりゅう』福音館
○リンドグレーン『ピッピ 船に乗る』岩波少年文庫
○浅田次郎『天切り松 闇がたり 第1巻 闇の花道』集英社
○浅田次郎『天切り松 闇がたり 第2巻 残侠』集英社
○浅田次郎『天切り松 闇がたり 第3巻 初湯千両』集英社
○鶴見俊輔『夢野久作 迷宮の住人』双葉文庫
○小林忠『伊藤若沖』新潮日本美術文庫
○新藤謙『きだ みのる 放浪のエピキュリアン』リブロポート
○有吉玉青『身がわり 母・有吉佐和子との日日』新潮文庫
○辛淑玉『怒りの方法』岩波新書
○辺見じゅん『戦場から届いた遺書』文春文庫
○辺見じゅん『レクイエム・太平洋戦争 愛しき命のかたみに』PHP文庫
○辺見じゅん『花子のくにの歳時記』ハルキ文庫
○辺見じゅん『収容所から来た遺書』文春文庫

拇痛し、月末

 月末月初にチラシやらポスターが多いのはいつものことだが、このところほんとうに多い。チラシを置いてまわって、期限がすぎたのを抜いてまわって、席へ戻るともう次のチラシの山ができている、という感じである。賽の河原というのは、こんなんかもしれんのーと思う。余裕があると思っていた館内のチラシ架も、最近は満杯で、うんざりしてくる。
 今日は貼り替えるポスターもかなりあって、押しピンを抜き刺ししていると、拇がすっかり痛くなった。クソなメールも入るし、ああもううんざり。

 なんとか定時までに終わって、ベルサッサで帰る。帰るが、同居人がなっかなか帰ってこない。いったいいつになったら帰ってくるんじゃボケと思っていたら、フロアを替わるため社内で机の引っ越しをしていたと言って9時頃やっと帰ってきた。

 晩ご飯は、生姜と人参と豚バラ炒め、モズク豆腐、蒸し茄子の冷製。昨日から読みはじめた辺見じゅんの『完本 男たちの大和』(上)を半ば過ぎまで読む。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ