FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

類型的概念をつくるということ(III)

 もう一つの点は、「植物には、同じ姿のものは一つもない。そういう風に、一つ一つ違うものを作りたいが、現在の技術は同じ物を作ることに適していて、違うものを作るには不適当な場合が多い」という趣旨であった。そして、池辺先生は私に「どうして、植物はああいうふうに姿勢を直したり、違った形を作れるのか」とたずねられた。
 それまでに、私はこのように植物の本質的な特性をよく理解されている方の話を聞いたことがなかったので、今に至るまで私の脳裏に、このお話が強く印象に残っている。池辺先生の抱かれている『植物』像から、植物人間のイメージを持つ人はおそらく一人もいないのではなかろうか。(223-226ページ)

 マコーレイの『道具と機械の本』は、重い。持ち重りがする。広い机の上で広げてのんびり眺めるのがよさそうで、通勤電車で読んだり、布団のなかでごろごろして読むにはあまりに重い。
 種々の道具と機械の原理と働きを説明していくのに、「マンモスを捕獲し、飼い慣らし、さまざまな業務に従事させる」という風変わりというか、奇想天外というか、ありえないヤロという方法をとっていくこの本(絵本という風情)、いったん返して、図書館でときどき眺めたい。
スポンサーサイト



類型的概念をつくるということ(II)

 それは例えば、あなたがたくさん衣類を持っていて、「どの引き出しに何を納めようか」と迷う場合に似ている。衣類には夏着と冬着もあれば、晴れ着と普段着もある。また保存のことを考えれば、材料別が便利だし、色もたいせつで、紺系統と茶系統をまぜるのは不便である。さて、あなたはたんすのどの引き出しに何を入れているだろうか。ある人は季節の差を最重要と考えて、それに基づいた『しまい方』を考えるだろうし、他の人は色の系統を重視した『しまい方』をするかもしれない。このように『しまい方』の選択は人毎にみな違っている。『しまい方』を一つの累計的概念形成の例とみたてて、その本質をわかってほしい。いずれにせよ、これはどちらが正しいとか、誤っているとかいう問題ではなく、物の有するたくさんの性質の中から、何をたいせつな基準に選ぶか、主観的な価値評価の問題なのだ。(19-21ページ)

 この人は、こんな調子で説明がうまい。「もののたとえ」で説明することで、つまり「その人が見知っているであろう事例を用いて」説明することでかえって物の見方を固定してしまう場合もあるが、この本を読んでいて、(うまいなあ)と思うところがいくつもあった。この人はこの本をつうじて、「植物」というものの見方を揺すってくれる。そういわれたらそうですなあ、と「目」が変わったこともある。

▽『植物人間』と『植物的都市』
 …話は変わるが、一九七二年二月に銀座のヤマハホールで三菱化成生命科学研究所主催の『生命科学と技術』という題のパネル討論会があった。その席で私は『生物と環境』について話をしたのだが、そこで建築学の池辺陽先生が「植物的都市を造りたい」という話をされた。
 そのご趣旨の第一点は、「建築や都市は、新しくでき上がった途端に、古くなり始めて、価値が減少する。古くなったときに、全部モデルチェンジしようと思ってもたいへんででき難いから、なんとか植物的な都市や植物的な建築ができないか」と考えているということであった。つまり、「同じ生物でも、高等動物は腕を失ったり足を無くせば不具になるが、植物のほうは、枝や幹が折れてもだんだん姿勢を直していって、いつの間にかきれいになってしまう。そういう感じの都市は、できないものだろうか」というお話であった。

類型的概念をつくるということ(I)

 いま図書館でリクエストしまくった本の半分ほどは、たしか藤森照信の『建築探偵、本を伐る』で言及されていたもの。古谷雅樹の『植物的生命像』(講談社ブルーバックス)も、マコーレイの『道具と機械の本 てこからコンピューターまで』(岩波書店)も確か藤森本にあった。

 ブルーバックスの本はたまに読むが、10年余り前のこの本は何かのツテがなければ手にとることもなかったと思う。やや黄ばんだ本を、(これは読まずに返すかも)と思っていたが、通勤の供に持って出てみると(やはり電車で読むには新書か文庫がよい)おもしろくて読んでしまった。

▽類型的概念とは?
 現在、地球の上には百万種を越えるたくさんの違った生物が知られている。これらの個個の生物について、具体的な描写をすれば、時代や場所やことばを越えてだれにでもよく伝わる。そうはいっても百万枚の異なる生物を絵を並べて「これが生命の絵だ」というわけにはいかない。ところが、人間の頭脳には、おもしろい働きがある。つまり似たものをまとめて、具体的に存在するものから離れた『概念』をつくる能力である。
 図3は、その思考のプロセスを説明している。つまりイネとムギとタケはよく似ているから仲間としてまとめてイネ科植物とよぶように、しだいに抽象化を進めて、高次の概念を形成していくのである。ここでおぼえておいてほしいことは、よく似ているとか、あまり似ていないという判断の基準となった性質は、植物のもつ数え切れない多くの属性の中から、人間の頭脳が主観的に価値評価して選び出している点である。
 人間はとかく独断的な生き物だから、一度このような知的作業で『概念』が形成されると、あたかもそれが唯一無二の真実と思ったり、客観性の高いものと思いがちである。しかし、仲間のまとめ方は、それぞれが持っている性質の評価によって、いかようにも変わることは、いうまでもない。生物の種類に限らず、物でも知識でもたくさん集積してくると、図3と同じような方式で整理されることになる。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ