FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

引き続き風邪気味

 しばらく前にひどかった同居人の風邪症状ほどではないが、ケホケホと思い出したように咳が出て、これがけっこうツラい。今日もザンギョーはせずにとっとと帰る。

 行き帰りの電車で野村一夫の『インフォアーツ論 ネットワーク的知性とはなにか?』(洋泉社新書y)を半分ほど読む。なかなかおもしろい。とくに、ネット上ではこれまでとは違った関係の結び方ができるとか(つまり、参加者がみんな対等だとかオープンだとか)そんなのが可能になるようなことが言われている【けれども】、現実には一部の参加者が大きな声で発言し(ネット上では大量の発言を威嚇的におこない、といおうか)、それを多くの沈黙した読者がよんでいるという構図になっていて、これは結局これまでのメディアと【同じように】ネットが使われているということだ、という話がおもしろかった。

 晩ご飯は鍋。いろいろ買って帰ってみて、レシピ検索して、ピェンロー風。白菜と豚バラと鶏モモと干し椎茸、ビーフンにゴマ油たらたら、塩と唐辛子で食う、ってのが本式らしいが、とりあえず生椎茸しかない。ビーフンがない。土鍋に白菜をぎゅうぎゅう詰め込んで、豚バラと鶏モモと生椎茸を詰め込んで、ゴマ油をたらたら~っとかけてぐつぐつ。塩味の鍋は新鮮で、唐辛子は石川からもらった「なんば」を出す。締めはご飯を入れて雑炊だと多くのレシピは主張していたが、買い置きの「讃岐ほうとう」(しっかりしたきしめん風)を茹でて投入。これもなかなか。よくあたたまる。

 そして今日も朝と晩、グレープフルーツを食べる。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ