FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

風邪気味

 風邪気味の状態がつづく。今週は昨日から始まって次の土曜出勤まで7連勤で長い。ここで風邪症状をくいとめなければ、後がツラい。思い出したようにケホケホと咳が出る。こじらせずに治さねば。朝からグレープフルーツを食べてみる。青汁も飲んで、ビタミン剤を飲んでみる。

 行き帰りの電車で木下直之の『ハリボテの町 通勤篇』(朝日文庫)を読み終える。こないだ読んだ『美術という見世物』もそうだったが、トマソン風というか路上観察学会風というか、そういうニオイがしていた。果たして、この『ハリボテの町』のあとがきに、藤森照信の名があった。この本がうまれるための種蒔きをしたのが藤森らしい。

▽…そのころにはシオヤでのライフも十年を過ぎ、風景とのつきあいも新しい段階に入っていたのだろう。すなわち、引っ越し直後の見慣れぬものが見慣れてくる段階から、見慣れたものが見慣れぬものへと変貌する段階に進級していたのだった。ここで進級できないと、見慣れたものは見慣れたままで終わってしまう。
 珍しいものを探して歩くのではなく、珍しくもなんともないものが突然気になりだす傾向を、じっと待ってカメラを向ける。それは、通勤の先で私を待っている仕事に通じるものだった。当時の私は美術館に勤めていた。美術館にせよ、博物館にせよ、そこは珍しいものを見せる場所だと思われがちだ。実際、博物館のルーツには珍奇なものを見せた「驚異の部屋」があるわけだし、現代の美術館は名作・名品・傑作といった逸品を見せることに懸命だ。
 しかし、博物館にはもっと大きな魅力がある。当たり前のことを当たり前ではなくしてしまう場所といったらよいだろうか。たとえば食堂のショーケースの食品サンプルを博物館のショーケースに展示したとたん、日本全国の食堂という食堂がなぜそんなものを用意しているのかを考えさせられる。博物館は人を立ち止まらせるのだ。それに比べれば、美術品しか扱わないと宣言する美術館は自分から間口を狭くしているようなものだ。…(273-275ページ)

 晩ご飯は昨日のシチューの残りにキノコあれこれを投入してキノコシチューに化けさせ、サイドメニューはホウレンソウのナムル風。食後にまたグレープフルーツを食べる。
スポンサーサイト



日曜出勤

 ウチの中がさむいせいか、ビミョーーに風邪気味になってしまう。ケホケホと咳が出て、ダルい。休みたいけど日曜出勤。これが、金土と2日休んだだけでチラシ、ポスターがてんこもりになっており、午後の受付当番はなんだかパタパタと忙しく、ヘトヘトになる。

 ダルーくて、帰りの電車でくぅぅぅぅとうたた寝しつつ帰宅。晩ご飯にシェフ同居人作のビーフシチューと手抜きサラダができていた。それ食って、布団にもぐり、とろーっと寝てしまう。

図書館、美術館、アウトレット

 ATCミュージアムの「アートのひとstyle」を見物にいく。行きがけに図書館へ寄って本を返して借りてから、途中の駅でN子と待ち合わせ。ウチの中はひやーっとさむいのに、外はぽかぽかとよい天気である。同居人とも3人で、乗り換えて、乗り換えて、乗り換えてやっと南港につく。まず昼ご飯。セミセルフの店で讃岐うどんを食べる。 
 
 ミュージアムは入ったところから驚き。チラシで「写真や」と思っていたのが、なんと「描いた絵だった」!しかも入ったところの2点。まずこれに驚く。ちょうど木下直之の『美術という見世物』(ちくま学芸文庫)で、“リアリズム”と現実というものについて読んだところだったこともあり、そのあとにいくつか並んでいた「写真みたいな」絵をしげしげと眺める。
 この、「写真みたい」と思わず口にするワレワレの評価って、何なんやろ? 

 自画像ばかりが並べられたエリアもあり、その自画像というのも同じ人の自画像が変化していくのもまたをかし。自画像ばっかり並べてみるというのもおもしろいもんやなあ、と思う。今回の展示は「大阪市がつくろうという近代美術館のためのコレクション」で、大阪出身の作家のものもずいぶん集められていた。吉原治郎が「円」シリーズ以前にこんなにいろいろやってみた人だとは知らなんだ。

 美術館をみてまわったあとは、コーヒー飲んで一休みしてから、ATCアウトレットへいく。うろうろうろうろして、同居人は通勤靴と原付用に風よけ上着を買い、N子はセーターとTシャツを買った。私も何か買えばよかった。梅田へ戻って、そこでまたN子はコートを買い、それから豊中の地中海料理屋へ向かう。あと3人合流してエンカイ。よく食べよく飲み笑った笑った。

年休

 年休とって前の職場へぶらっといく。久々に会った同期の友とのんびり昼ご飯を食べて、夕方彼女が出るのにあわせ、のんびり駅まで一緒に歩いて帰った。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第66回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ