FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

版画、寺山、印象派

 昨晩からシトシト雨降り。ついこないだまでの残暑を思うとすっかり冷えるようになってきた。
 通勤の供には、こないだの坪内本でチェックした『版画-近代日本の自画像-』(小野忠重、岩波新書)を図書館で借りてきて読んでいる。

 今日もノーザンギョーで帰る。その足で図書館へ。館内閲覧の寺山本の続きを読む。7月に読んだときには落丁が多すぎて、プツプツぷつぷつ切れてしまっていたので、読んだような読んでいないような感じだった。

 寺山がドイツで「毛皮のマリー」を演出したときの話。

▽…私は、わが国の演技術というのが「何かに化けることによって自分自身をかくす」のであり、ヨーロッパの演技術というのが「何かに化けることによって自分自身を強調する」のだ、と思っていたことが、実感になってゆくのを感じた。こうした演技術をまったく塗り変えてしまうこともあるだろう。…(エッセン日記、75ページ)

 イスラエルのキブツへ入り込んで生活している日本の若いもんに会ったときの感想。

▽…だが、消費のムダもまた文化なのである。「生産者価格のない一編の詩」でさえも、値ぶみされる時代でもある。すべてが実質と合理化だけをめざしたとき、人は「必要なものの充足」だけで生きがいを満足させることができるだろうか?
 私は、現代の矛盾だらけの経済と搾取経営は根底からくつがえさねばならぬという考え方に異議はないし、官僚化し、搾取団体化した現在の地方の農協のあり方にも否定的である。だが、同時にこうしたキブツ共同体論が社会変革の処方箋として(役立てるための手段として)応用されるあいだ、働く者たちは「ここではない他の土地」を夢見るだろう。人は、手段として仲間を必要とするのではなく、仲間を獲得することが人生の目的であることを知ることが、何より共同体の原理だからである。(心を草原にさまよわせてイスラエルへ渡る青年たち、200-201ページ)

 そして昨晩ネットで予約した本がもう確保されていた!赤瀬川の名画探検シリーズ。しかし今イッパイいっぱいで借りているので全部は借りられず、迷ったあげく『赤瀬川原平の名画探検 印象派の水辺』(講談社)を借りてくる。

 帰りにはやんでいた雨が、また降り出した。
 同居人は夜介護で不在。一人晩ご飯はキムチ鍋焼きうどん(もどき)ともずく。ご飯を食べたらめちゃくちゃ眠くなり、半時間ほど気を失ったように眠っていた。
スポンサーサイト

「御厩」はどう読むか?(その4)

○岐阜・下呂に「御厩野町」がある

岐阜県益田郡下呂町御厩野町
→御厩野は「みまやの」とよむらしい。郵便番号は〒509-2312

→御厩野町の「鳳凰座」

▽「鳳凰座」は、国道257号線舞台峠の麓にある劇場型農村舞台で、文政10年(1827)に現在地に移築されて以来、明治16年と昭和28年に大改築された後、平成10年に回り舞台が復活し現在に至っています。
 この「鳳凰座」では毎年、御厩野の日枝神社と熊野神社の祭礼に合わせて素人歌舞伎の上演が行われます。当歌舞伎は江戸時代より農山村の唯一の娯楽としてと親しまれ「御厩野の芝居」と呼ばれていました。地芝居は、江戸時代の台本とともに県重要有形文化財・重要民俗資料に指定されています。

○神奈川・小田原の御厩小路(おうまやこうじ)

▽御厩小路(おうまやこうじ)
この地名は、「寛文九年火災報告に関する文書」(1669年)に初めて見られます。地名の由来は、西海子小路がこの小路に交差した地点の西側に小田原藩の馬屋があったことによります。
 承応2年(1653年)、小田原藩主稲葉正則がこの地に馬を見に来た記録もあります。この小路は熱海街道(伊豆山、熱海に達する道路)の起点にあたりますが、小田原では御厩小路の名が永く使われていました。(城下町小田原の町名・地名)

「御厩」はどう読むか?(その3)

○東京都千代田区に「御厩谷坂(おんまやだにざか)」という坂がある

▽靖国通りの“靖国神社”交差点から 南に向かい, 大妻女子大前付近が この坂である。 北に向かって 上り坂。
 この坂を御厩谷坂といいます。 『東京名所図会』には “一番町と上六番町との間, すなわち井伊家邸前より南の方に係れり, 厩谷もと御厩谷という。 むかし徳川将軍家の厩舎ありしに因り此名あり。 ” 『新撰江戸志』に“今も紅梅勘左衛門殿やしきに 御馬の足洗いし池残りてあるなり というと見えたり”とかかれています。 御厩谷にかかる坂ということにより坂名となりました…

 というもの
 
○岩手県盛岡市に「御厩(おんまや)橋」がある

▽中津川の最下流にかかる御厩(おんまや)橋。盛岡市大沢川原と馬場町を結び、仙北町、国道4号への最短道路として利用度が高まっている。…「御厩橋」の名は藩制時代、現在の下橋中学校辺りに、「桜の馬場」、馬屋(厩=うまや)があったことにちなむ…

 というもの

以下、つづく

「御厩」はどう読むか?(その2)

 「御厩」の読みについて、さらにネット検索。

○香川県高松市に「御厩天神社古墳」という古墳がある(が、読みは分からず)

▽御厩天神社古墳は古くから知られた前方後円墳で、これまでに採集された埴輪類から5世紀後半(古墳時代中期後半)に築かれたと推定されてきました…

 というもの。

○香川県に「御厩焼(みまややき)」という焼き物がある

▽御厩焼は、素焼きの表面を松の木でいぶした独特の色つやが特徴です…
あるいは
▽御厩焼は、素朴な素焼の焼物で、江戸中期の享保年間に、今の元山町生まれの彦四郎という男が、愛知県の常滑で焼物の技術を覚えて帰り、御厩町の津内山の土で生活雑器を焼いたのが始まりといわれています…

 というもの。

○伊勢神宮の内宮に「御厩(みうまや)」がある

▽内御厩(神楽殿前)と外御厩(参集殿前)があり、皇室から牽進された神馬(しんめ)が飼育されている。神馬は、毎月1日、11日、21日の3度、菊花紋章の馬衣をつけて神前に見参する…

 というもの。

○福島県いわき市に「御厩(みまや)町」や「内郷御厩(うちごうみまや)町」という町名があり、「御厩小学校」などもある

→ここで発見 「みまや」で「御厩」は変換できる(ATOK13)

○香川県高松市にも「御厩(みまや)町」がある
 「御厩焼」の窯元もここにあるらしい
 「御厩池」もあるようだ 

以下、つづく
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ