FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

2月に読んだ本

2月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
○内田樹『期間限定の思想 「おじさん」的思考2』晶文社
○宮本常一『宮本常一、アフリカとアジアを歩く』岩波現代文庫
○宮本常一『塩の道』講談社学術文庫
○レベッカ・ブラウン『家庭の医学』朝日新聞社
○深見じゅん『ぽっかぽか』(1~8)集英社YOU漫画文庫
○南伸坊『仙人の壺』新潮文庫
○吉田秋生『ラヴァーズ・キス』小学館文庫
○中野翠『クダラン』文春文庫
○奥野修司『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年』文春文庫
○ハロルド作石『BECK』(1~14)講談社
○根津八紘『代理出産 不妊患者の切なる願い』小学館文庫
○宮本常一『日本文化の形成』(上)ちくま学芸文庫
○レナーテ・クライン編(「フィンレージの会」訳)『不妊 いま何が行われているのか』晶文社
○松浦幸子『続・不思議なレストラン 君はひとりぼっちじゃない 心の居場所15年』教育史料出版会
○ナンシー関『雨天順延 テレビ消灯時間?』文藝春秋
○ナンシー関『何はさておき』世界文化社
○宮本常一『日本文化の形成』(中)ちくま学芸文庫
○内田樹/鈴木晶『大人は愉しい メル友おじさん交換日記』冬弓舎
○梨木香歩『裏庭』新潮文庫
スポンサーサイト

だりぃ

(2/26)
 一日休養。高校時代の同級生3人と再会。うち2人とは高校卒業以来、初めて会った。しかし、「変わった」感はあまりなかった。私が長髪になっていたことのほうが「変わった」感は大きかったかもしれない。変わったといえば、3人とも結婚してて、うち2人には子どもがいて、ハハの顔もしていた。親と同居や近居ではなく、核家族で子どもを育てていく大変さを少し感じた。
 夕方になって雨。朝からポケットに入れていた梨木香歩の『裏庭』(新潮文庫)を半ばすぎまで読む。入れ子構造の話になっていて、ちょーーーーーっと’説教臭さ’がある。

(2/27)
 レポート採点がすんだせいか、やや腑抜け状態で、ダルい。夕刻はおつかいの外出があって、それがすんで直帰したら、久々に明るいうちに帰宅。晩ご飯は、茄子とインゲンと豚バラをタイ調味料で炒めたのと、人参、大根、すき昆布、ふのりに柚子をきかせたサラダ。ピリ辛の炒めもんでご飯がすすむ。
 梨木香歩の『裏庭』を読み終える。好みの問題だが、『西の魔女が死んだ』や『からくりからくさ』のほうが、私の好み。
 エリック・ホッファーの『エリック・ホッファー自伝 構想された真実』(作品社)と『現代という時代の気質』(晶文社)を入手。布団にはいって『エリック・ホッファー自伝』を少し読んでみる。
▽一九三三年にフランクリン・D・ローズヴェルトが大統領になる前のアメリカは、自己憐憫とはまったく無縁だった。言葉を交わした人間の誰一人として、自分の不幸を他人のせいにする者はいなかった。人生を語るときは、ほとんど例外なしに「悪いのは自分なんですが」と前置きする作法になっていた。(18ページ)

(2/28)
 ひたすらダルく眠い一日で、キツかった。書類かきにもいい加減くたびれて、かなりやる気レス。『エリック・ホッファー自伝』をさらに読みすすむ。
 晩は、近所のOさん宅で鍋。今日は妹2号も合流し、同居人とも3人でお邪魔する。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ