FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

大量のポテンシャル(II)

 ここで「運動」と「スポーツ」の違いみたいなものについても考えなければならない。運動能力の特性がどのスポーツに適合するかで、稼げる金額も違ってくる。昔「巨人の星」に短距離選手が代走のスペシャリストとしてジャイアンツに入団してくるというエピソードがあったが、結局足が速いだけでは盗塁はできなかった。ま、漫画の話なんだけどね。ちゃんとした統計などないのだろうが、勉強と運動の「出来」を偏差値化して比べたら、運動の方が「稼ぎ」に直結していないという結果がでそうだ。いろいろ語弊があるとは思うが、たとえば「勉強偏差値70」と「運動偏差値70」では年収は前者のほうが多い、んじゃないかと思う。これがそれぞれ85になったら「運動」の方がひと山当ててるかもしれないけど。なんか偏差値とか年収とかいう言葉を使ったのは失敗かもしれない。どんどん読む人を「そんなもんで人生の幸福が計れるか」という気持ちにさせていっているかも。

 何を言いたいかというと、この「筋肉番付スペシャル サスケ2001」は、そんな金を産むことができなかった「運動能力」の終着の浜辺のようであるなあと思った、ということなのであるが。無駄(という言葉はまた大変に語弊があるが)な「勉強」の能力の漂着先は、かつての難問クイズブームで目撃した。この「サスケ」に代表される「筋肉番付」周辺は、その「運動」版と考えられる。とりあえずこの「サスケ」というゲーム(もう、その範疇にはないが)における優秀は、直接的には何にもつながらない。何の見返りもない。というのとはまた少し違う無駄感。見返りがないというのには、まだその見返りのなさに陶酔することの幸福感もあるだろうが、もうその域を越えてるから。腕立て伏せと腹筋に代表される「筋肉番付」的運動能力は、この一番組がなくなったらどうなるのだろうか。いや、彼等は鍛え続けるに違いない。しかし、相対的な優劣をつけられることが永遠になくなるのである。それが真の鍛錬、己の道、とかいうことなんだろうけど、でも解放されることのない大量のポテンシャルがこの日本列島に蓄積されていく、と考えると何かすごいな。('01・3・29)  (104-107ページ)
スポンサーサイト

大量のポテンシャル(I)

 昼前から雨。でも洗濯して中に干す。この冬はどうも雨が多い。大阪の冬といえば「異常乾燥注意報」だったはずが、しょっちゅう曇天で、週末は雨。週末に洗濯するウチとしては、加湿器加湿器と思いながら干す洗濯物。

 ナンシー関の『雨天順延 テレビ消灯時間?』(文藝春秋)をさらさらと読む。図書館で借りたやつだ。「金にならなかった運動能力が流れ着く浜辺か」が面白かった。

▽<b>金にならなかった運動能力が流れ着く浜辺か</b>
 「勉強ができる」ということと「運動ができる」ということはどう違うのだろうか。「勉強しなさい」の根強さは、やはり勉強ができると食いっぱぐれないという現実があるからだと思う。「勉強しなさい」の「勉強」は、決して山に入って一日中キノコの勉強をすることを指しているのではない。「将来食いっぱぐれない」につながらう「勉強」が何なのかはもう明らかであり、それを勉強と言うことになっている。その勉強ができると先々安定した収入を得られるのである。

 一方「運動ができる」というのはどうか。スポーツのプロ化も進んでいるし、「運動」の能力が稼ぎに直結する機会も増えているわけである。でも、プロスポーツ選手を目指して「運動(練習)しなさい」と言うのは、さっきの「勉強しなさい」に比べると何か射幸性が高い。博打感というかひと山当ててやろう感が感じられる。「勉強」の評価に関しては統一がはかられて久しいが、「運動」の評価(何ができれば金になるのか)に関してはまだ過渡期だからか。サッカー選手にするためには、毎日サッカーボール蹴るのがいいのか、それとも筋トレか。正解がわからない。あと、運動は生来の能力に左右される(いわゆる才能の有無)という考え方も根強い。ここまでの「勉強」と「運動」という言葉は、あくまでも「言うところの」という言い訳つきのそれだと思って読んでください。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ