FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

11月に読んだ本

11月に読んだ(読み終わった)本のリスト:
○山本夏彦『編集兼発行人』中公文庫
○永倉万治『大熱血闘病記』角川書店
○山本夏彦『日常茶飯事』中公文庫
○林真理子『女文士』新潮文庫
○林真理子『ミカドの淑女』新潮文庫
○林真理子『天鵞絨物語』新潮文庫
○全国郵政女性管理者の会編『郵政れでぃーすへの応援歌』郵研社新書
○深見じゅん『ぽっかぽか?』集英社
○橋本治『生きる歓び』角川文庫
○三本章『肉じゃがは謎がイッパイなのだ!』小学館文庫
○岩崎久美子、中野洋恵『私らしい生きかたを求めて 女性と生涯学習』玉川大学出版部
○朝比奈大作『図書館員のための生涯学習概論』日本図書館協会
○黒田勇『ラジオ体操の誕生』青弓社
○高橋秀実『素晴らしきラジオ体操』小学館
○秋月りす『OL進化論 19』講談社
○内田春菊『南くんの恋人』青林堂
○柳田國男『毎日の言葉』新潮文庫
○松本修『全国アホバカ分布考 はるかなる言葉の旅路』太田出版
○宮本常一『忘れられた日本人』岩波文庫
○宮本常一『空からの民俗学』岩波現代文庫
○内田春菊『愛のせいかしら』文春文庫
○外川正明『教育不平等 同和教育から問う「教育改革」』解放出版社
スポンサーサイト

自転車で図書室へ(II)

 晩ご飯の後、借りてきた別の本、外川正明の『教育不平等 同和教育から問う「教育改革」』(解放出版社、2002年)を読みかける。あまりおもしろくないような、ツッコミを入れたくなるような、そう気合いが入る本ではなく、途中でやめようかと思いながらも、たらたらと読み終えてしまう。

 教育を受ける重要性という筆者の話は、ところによっては「文字文化に親しめるようになって、単純労務者にならないこと」のようにも読める。そこのところ、筆者の意図とは違うのかもしれないが、私には「教育を受けて、成り上がる(成り上がれる)ことに気づくことさえできない(奪われてきた)部落の文化」という風にも読めて、コトバ足らずなのかなあと思えた。

 また「部落出身者のなかの安定層の拡散(部落の外へ出ていく)と生活困難層の部落への凝縮(部落に吹き寄せられてくる)」という話は、感覚的には分からなくもないのだが、この人の用語として、「部落」とは場所を指すコトバであり、かつ、「部落出身者」とは血筋を指すコトバのようである。前者については、これがお役所用語としての「同和地区」ならば、あれは区域を線引きした箇所を指しているからな・・・と思い、とすると、やはり「部落」の出身であるというのは、血筋のことを指すのだろうかと考える。どうなのだろうか。

自転車で図書館へ(I)

 朝から同居人が鼻をかみ、咳をしている。風邪気味らしい。
 同居人が昼介護にでかけて、私は洗濯物を干してから、自転車で2駅向こうの市立図書館へゆく。さすがに歩いてゆくには遠いが、自転車だと程良い距離だ。近所の図書室が2週連続で土曜休室のため、出かけることにした。

 調べてあった本のメモを忘れてしまったので、記憶をたどって図書館でもう一度検索する。近所の図書室は、絶対ウチより本が少ない、としか思えない場所なので、本棚を見てまわれる十分な余裕のあるここの図書館で、久しぶりにぶらぶらと本をみてまわる。あれこれ9冊借りて、4冊をリクエストした。帰路方面へ自転車をこぎ、小さい古本屋の前を通ってワゴンをのぞいたら、帰り道のやや大きいもう1軒へも寄りたくなって、図書館で借りた本を背負ったまま、古本屋をまたうろうろする。結局3冊買った。「1冊買ったら1冊減らす運動」はなかなか難しい。

 帰りに少し買い物をして、帰ってから、まず借りて帰ったガイドブックをさらっと眺め、休憩がてら内田春菊のマンガ『愛のせいかしら』(文春文庫)を読む。タイトルは知っていたが、未読のもの。マンガを読んでいたら、速達で先日送った校正の「2校」が届いた。マンガを読み終えてから、2校に半分くらい目を通す。おそろしいことに先日の初校では本文にばかり気をとられていて、参考文献リストがかなり怪しくなっていたことに気づいていなかった。なんと2冊の本の情報がへんな具合に合体して1行になっていた(気づいてよかった)。
 
 今日は晩ご飯当番のはずの同居人がすっかり日が暮れても帰ってこず、どないなっとんじゃああと思い始めた頃に「遅くなってゴメンナサイ」と帰ってきた。やはりパチスロに引っかかっていたらしい。晩ご飯はトムヤムクンとタイチャーハン。久しぶりにスパイシィな食卓になった。

読み終わるのがもったいない

 いろいろと用事が立て込み、日が暮れてからも打ち合わせなどがあり、職場を出るのがいつもより遅くなった。同居人の帰りの時間とほぼ同じくらいになりそうだったので、駅の改札でしばらく待っていた。落ち合って、今日はなんか食べて帰ろという話になり、もう一度電車に乗って、隣駅の沖縄居酒屋へゆく。久々。

 ミミガー、ジーマミ豆腐、島らっきょ、ラフテー、たら白子ポン酢、スヌイ(沖縄もずく)、ゴーヤサラダ、ソーキそば、スヌイ雑炊に生ビール。同居人は2杯目に焼酎のウコン茶割り。職場のことなどちょろちょろ話して、来週のKa女子大の授業のネタについて相談し、おなかがふくれてから早めに切り上げる。同居人は昨日は合同セミナーというものがあって忙しかった(し、肉体疲労もあった)というが、今日は「ゆるかった」らしい。「ゆるゆる」と言って、にこにこビールを飲んでいた。私は今日はいろいろと精神的に疲れた。

 ワレワレが座っていたカウンターの後ろの、男女5人ほどのグループがえらくうるさく、とくにその中の20代前半とおぼしき女性の物言いが耳についた。「あれって、典型的な”男がいる場でのしゃべり方”やで、うるさいわ、女ばっかりやったら絶対あんなしゃべり方せーへんねんで」と同居人に言うと、「ウチの職場なんか圧倒的に女の人が多いから、もうスゴイ」と言うのだった。

 11月もあと1日。もう週末。1週間がほんとうに速く過ぎてゆく。行き帰りにも読んだ『空からの民俗学』を帰ってからも読み続けて、終わってしまった。読み終わるのがもったいないような、でもどんどん先を読みたいような、そういう感じは久しぶりやなあと思う。

 居酒屋の帰りに、本屋で(買わずに)ぶらぶらと本を眺めていたら、沖縄でかつて起こった「赤ん坊の取り違え事件」を取材したノンフィクションがあった。読んでみたいなあとも思い、そのうち手にいれようかと思いながら、買わずに帰った。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ