FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

一段落

 昨晩は『忘れられた日本人』を読んでしまって校正に手をつけられず、今日は朝からせっせと原稿直しを続ける。夕方までかかって、ようやく一段落つき、取り急ぎメールで校正原稿を送る。少し仕事が遅れた分、向こうの負担も減らせるからと、送ってもらったテキストファイル上で直接修正していたのだ。さて、次はどの仕事を片づけるべきか・・・

 今日から通勤の供はひきつづき宮本常一で、『空から見た民俗学』(岩波現代文庫)である。航空会社の月刊誌に書いた原稿らしく、空から撮した各地の写真とともに、その写真から読みとれることが記される。木の植え方、住まいの込み方、田のかたち・・・そんなところから、生活のしかたが分かるのだ。そして、文章に挿まれている各地の白黒写真を、宮本の文章と行き来して眺めながら、世界を見るにはこういう見方もあるのだなあと思う。

 晩ご飯はブリの照り焼き、ジャガイモと人参と厚揚げの味噌ニンニク炒め(テキトーにつくったおかずだがなかなかいけた)、ナメコの澄まし汁(スッポンの二番だし利用)にご飯。今日は「合同セミナー」があったそうで、めっちゃ疲れたと同居人が帰宅。椅子や机を運んだりというのは、あの足ではやはりきついようだ。

 同居人の母上から「初めての絵手紙」だと、まねき猫を描いた葉書が届く。母の絵を評して「最近はじけてるなあ」とは同居人の弁。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在92号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第69回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ