FC2ブログ
 
読んだり、書いたり、編んだり 

ご立腹

 昨晩はK女子大の通勤費問題で頭にきて、寝付きがひどくわるく、朝はヨレヨレ。弁当も休業。その通勤費問題は、「通勤費算定の方法と根拠となる規定を伺いたい」「この算定額には納得がいかない」「私としては公共交通機関を用いて、K女子大まで最短かつ最速の経路を合理的に選択しているつもりだ」「経済的かつ合理的という基準はどこで定めているのか、納得のいく説明をいただきたい」という意味のことを作文して、K女子大の人事課へでろでろとファックスを送る。その後、K女子大に勤める先輩から電話があり、人事課長から近いうちに直々に連絡があると聞く。自分でもつくづくクレーマー体質だと思うものの、いろいろ思うところがあっても言いづらい人や言えない人もいるだろうなとも思う。私の場合は「本務」があっての「副業」だから、かなり強気である。これが「専業」の非常勤講師の場合だったら、なかなか言いたい文句も言えないかもしれない(それでも私は言うような気がするが)。ともかく、言いたいことは言ったので、今晩はすっきり眠れそうである。もっともK女子大の回答次第ではキレるかもしれないが---。

 教職科目の事務作業が続く。合間にエイゴ文献の予習。合間に来週のK女子大の授業をどうしようかと思案する。

 帰りに頼まれていた本やCDを届けに父ちゃんちへ寄る。つい先日届けたばかりの某対談集にご立腹で、「こういうテープにとったのを起こしたような本はほとんどが滅茶苦茶だ、日本語がなっとらん、おまえらもうちょっとマシな日本語をしゃべれんのかと思う、こんなんでようショウバイするなあ、信じられない」などと罵詈雑言。いやぁ元気そうでよろしいなあと思いつつ、その某対談集は「確かに帯を見ただけで、分かりましたというような作りやし」と合いの手を入れる。同居人の里から送られてきた空豆を少しばかりお裾分けして、帰宅。

 阪神-横浜戦は延長になり、阪神が制した。たいへんな試合であった。つかれた。また少しエイゴの予習。 
スポンサーサイト



ねむいー

 昨日はめちゃくちゃに眠気があった。K女子大への出稼ぎへ向かう途中も空港バス車内でぐうぐう寝た。月曜の疲労のためか、とにかく眠い。
 K女子大からの帰り道、「5月は赤十字なんたら月間」と血液センターに横断幕がかかっているのを見て、世界赤十字デー生まれの私はまたふらふらと献血ルームへ入ってしまった。ちょっと横になっていこうかなと思って。昨日もばっちり成分献血をすることができた。今まであれだけ「やめておきましょう」と言われてきたこの細い血管も、歳とって多少はゆるんできたんやろか。それでも腕のまんなかの血管はまったく見えず、いつもどおり腕のワキの血管から採血。ごろ~んと転がって、そのあとには飲み物もいただけて、血液検査もついてくる。なかなか街中で横になれるところは少ないが、献血ルームは狙い目かもしれない。
 ごろ~んと横になって、のんびりとした後は、時間がわるかったのか、市バスがまた超満員で3台も通過されてしまった。バス停には学校帰りの小学生から大学生までうじゃうじゃとたまって、ようやく来たバスにやっとこさ乗る。この市バスの混雑だけでうんざりするのに、K女子大からもらった給与明細をみると、なんということか通勤費がめちゃくちゃに少ない!空港バス→市バスと乗り継いでいく私の通勤ルートにかかる費用の片道分も出ていない。どういうことやねん!!1コマの授業時間の倍以上の時間をかけて往復しているのに、いったいどんなルートで通勤したらこんな通勤費で行けるのかっっ。ひどすぎる。こんなに「足」を出してまで行く気になれん、どういうことやっ、とかなり怒って、先輩にメールを書く。

 晩ご飯は肉ッッの気分のシェフ・同居人がステーキを焼いた。シェフはたいへん満足そうである。私は口内炎のせいでちょっと口の中がつらい。
 布団でごろんとして久しぶりに斎藤美奈子の『紅一点論』(ビレッジセンター出版局、1998年)を読む。おもしろい。しかしひどく眠く、もうろうとしてきて、かなり早く寝た。

 今日も暑くなり、6限には再びの教職科目ガイダンスでくたびれる。履修登録の事務作業でデータ登録をしていたら、手がしびれてきた。今年度は昨年度の1.5倍くらいの人数になりそうである。年度末のレポート採点も今からちょっとぞっとする。
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在91号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第65回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ