読んだり、書いたり、編んだり 

マリネ・焼き肉・連休前半(III)

 帰ってから、『たのしい不便』の続きを読み、前半の「一年間の実体験ルポ」のところを読んでしまう。自転車通勤か~、それもいいかな、でも坂道多いしな、などと思う。クルマはやはり今のが本格的にあかんようになるまで乗って、あとはそのときの状況にもよるが、クルマ無し生活になってもいいなと考える。

 筆者の福岡賢正さんは、アイガモ農法をやってみたろと思い、教えを請いに人に会いにゆく。そこからつるつると人とのつながりが伸びてゆくことをうれしそうに書いている。
▽畑での野菜づくりの時も感じたことだが、金銭や欲得がからまないこういうふれあいこそ、実は人に満足感をもたらす最大の要素なのではないか。世の中が便利になり、相互扶助が金銭を介するサービスに取って代わられるにつれ、そうした付き合いは急速になくなっていった。そのためにポッカリと空いた心の隙間を埋めようと、さして必要でもないモノや刺激を求めるというのが、現代の消費の一つの側面なのかもしれない。
 「環境にやさしいとか、安全な食べ物ができるとか言うけど、そんなんで有機農業をやってるわけじゃないんです。単純に楽しいからやるんですよ。意義がどうこうじゃなくて、本来農業は楽しいんです。今、ガーデニングがブームになっていますが、ガーデニングの次にくるのはきっとファーミングですよ」
 自信たっぷりに古野さん[筆者のアイガモ農法の師匠]はそう言った。
 社会が消費化するというのは、こんなふうに楽しいから働いている人が減り、金銭を得るために働き、そのお金で安楽や快楽を買う人が増えることでもある。(62-63ページ)

 福岡さんはきっと「環境にやさしいとか安全な食べ物とか」の理屈のほうから入っていったくちなのだが、畑を耕し田んぼをつくりながら楽しさのほうを感じていっている。あーーキモチよさそうだあ

 晩ご飯にもまたマリネを堪能して、阪神戦を見届けて(勝った)、「私の青空2002」を見て、「紙切れ一枚(婚姻届)ってもんなのかねえ」と思う。子どもをもつかもたないか、もあるのだろうが。
 本読み風呂で清水ちなみ『OL委員会 おしりの秘密』(文春文庫、1999年)を途中まで読む。笑ってはいかんが、笑ってしまう。それにしても痔主のみなみな様の苦労がしのばれる。たいへんだ。
 そして原稿に意識は向かいつつ、ひとつも手をつけずに連休前半が終わる。

マリネ・焼き肉・連休前半(II)

 日が暮れ始めた頃、モノレールで7駅向こうの焼き肉屋へ遠征。今にも降りそうな空で、折り畳み傘を2本背負っていったら、向こうの駅ではすでに一雨降ったあとだった。「肉との対話」をテーマにした5名の集い。目的地の焼き肉屋は人気店のようで、半時間ほど待つ。空腹は最高の調味料だ、うまかった。とくにホルモンのおいしさにはうなった。うちの近所にもおいしい店はあるが、ホルモンのおいしさではここに負ける。キムチもうまかった。久々に「とらじの唄」(中埜酒店が製造しているマッコリの商品名)を飲んだ。広島でよく通った韓国料理屋にも常備されていて(そこでは「初恋の味」とメニューに書かれていた)、すきでよく飲んだやつ。昨日の焼き肉屋のメニューには「焼き肉専用酒」と書かれていた。合うとは思うけど、専用酒かなー
 帰りには、同居人がモノレールの駅の自販機であんパンを買って食べ(ひとつめ)、うちの最寄り駅まで帰ってきたところでコンビニに寄ってまたあんパンを買って食べ(ふたつめ)、「甘いものは別腹」とぬかすので、「別腹大きすぎじゃ」と思う。

 ***

 朝から曇り空。昨日よりは天気わるし。朝ご飯のあと、『身体感覚を取り戻す』 を読んでしまい、眠気におそわれてしばらく昼寝。明日が締め切りの原稿が1本あるのだが、チラチラとこないだ買った『たのしい不便』(南方新社、2000年)をめくる。福岡賢正という新聞記者が、時計の針をちょっとばかり戻して、自給自足風のことをやってみたり、自転車通勤をしてみたり、生活実験をしたことの記録。先日、在九州の元同級生が読んだと聞き、おもしろそうなので買ってみたやつである。
 天気がいまいちなせいか、散歩行ことさわいでいた同居人も「ごろごろ」と言うなり昼寝にはいってしまった。しかし、連休に入って2日続けて歩いたキモチよさと、隣駅の古本屋へ行きたい欲が勝って、キムチ炒飯を昼ご飯に食べたあと散歩に出る。一人で歩くのも久しぶりである。同居人のリュックを背負って、さくさく歩く。昨日より風が涼しい。
 ときどき同居人と散歩に出たときにも本屋や古本屋へ行くが、私より本買い欲が小さいのであろう、とくに古本屋では「まだー」と言われてしまうので、未練が残ることが多かった。今日は一人だ。ふだんは見ないような棚までじっくりと眺めてまわる。欲しかった絶版本があったのをゲットしたほか、文庫本など数冊を買った。

マリネ・焼き肉・連休前半(I)

 昨日は、豪華朝飯で、前日から仕込んでおいた野菜マリネを朝からばくばく食べた。ほかにチーズトーストと、牛乳と、ヨーグルト、それからコーヒー。野菜マリネは、酸っぱいもの苦手の同居人に配慮してマイルドな酸っぱさでつくったつもりだったが、それでもかなり酸っぱかったらしく「ぜんぶ食べていいよ」と言われる。オリーブオイルと酢とバジル塩、粗挽き胡椒、大きく切ったニンニクをまぜたところへ、今回は「グリル焼き野菜」をせっせと漬けた。焼いたのは、パプリカ(黄)、赤ピーマン、茄子、エノキ。それから人参とキャベツは軽く茹でて漬けた。前日の仕込みのときから、食いてぇーと思うニオイがしていたが、ぐっとこらえて、一晩漬けた。同居人が遠慮するので、たくさん食べた。

 曇りだが雨は降りそうにないというくらいの天気で、朝ご飯のあと、同居人が散歩行こ行こというのについて出かける。引っ越してからまる2年のあいだ蛍光灯を交換していないので、M電化の売り出し広告をチェックして蛍光灯を買う目的をつくり、歩いていった。曇っていると思ったら途中で晴れて陽が射し、かなり暑い。店先でソフトクリームを食べ、蛍光灯を背負って帰る。
 往復で2時間半くらいの散歩がおわるころには、空はかなり暗くなり、雨が降りそうな雲が出てきた。遅い昼ご飯を食べ、斎藤孝の『身体感覚を取り戻す』(NHKブックス、2000年)を読みつつ、阪神戦をちらちら見る。この人は『声に出して読みたい日本語』を出した人で、この『身体感覚を取り戻す』もかなり売れているらしく、私が買った本は1年半ほどの間にすでに15刷になっていた。阪神は負けた。

ウマそう・散歩・風俗系(II)

 そして終盤で出てくるべてるの家につながるのは、「できない自分を伝えれば、だれかが手を貸してくれる」という話。そういう話もよかったけど、こないだ買ったべてるの家の昆布や燻製、ウマいな~と思って食べている私には、共働学舎でつくっているチーズがうまそうというのが実はいちばん残っていて、Webサイトまで探しだして、そのうまそうなチーズの数々を眺め、注文しようかな~ともだえているのであった。
 写真の美しい本である。

 昼過ぎ、近所までちょいと知人のアッシーをした後は、めちゃくちゃ天気がいいから散歩に出た。隣駅のほうまで、またまた歩いたことのない道を歩いてみる。2日ほど冷やっとした気温が続いたあとだからか、さんさんと陽が照って、暑いくらいだ。さすがにお腹が減って、本屋をのぞいた後に蕎麦を食べに入る。その後もう1軒本屋をのぞくが、「鳩よ!」を置いてない。「鳩よ!」はこの5月号をもって休刊(事実上の廃刊だろう)になる。私も定期購読をやめて2年になる。ときどき特集によっては買ってきたが、さすがに休刊となるとさびしい。定期購読をする前も、何度かリニューアルをするのを眺めつつ、時々買ってきた雑誌だった。・・・暑いので、途中でアイスを買って、食べながらまたてくてくと帰る。
 
 久々に鰺が出ていて、今晩は鰺のたたき・キムチ和え。明日食べようと張り切って野菜のマリネもつくる。酸っぱいおかず(シェフ同居人が酸味嫌いなので自作するしかないのだ)が食べたくて、切り干し大根の酢の物と、キノコをチンしてポン酢&レモンかけしたのをつくる。
 
 『もうひとつの道』と一緒に買った、阪井由佳子の『親子じゃないけど家族です』(雲母書房、2002年)、これを晩ご飯の前後に読む。“「訓練しない第二の我が家」と感じてもらえるよう、家族以上にお互いをいたわり、支えあう「デイケアハウス・にぎやか」を運営してきた”という阪井さんの話。歳は私のたった(?)一つ上!
 「にぎやか」の日常であろうスケベじじいの話がたくさんあって、阪井さんは笑いころげ、泣きじょうごの感動屋。帯の文句は「老人介護 風俗系!?」だ。
 そして今日も一日が終わる。30日締め切りの原稿は、、、、、

ウマそう・散歩・風俗系(I)

 今日は起きたのが昼前、たらたらと朝飯を食って、コーヒーを飲みつつ、昨日の晩から読みかけていた横川和夫の『もうひとつの道』(共同通信社、1999年)を読んでしまう。べてるの家のことが書かれているというので買ってしまった本。第1部はシュタイナー教育の話で、長くマスコミの取材を断ってきた日本のシュタイナー学校・東京シュタイナーシューレが、授業や職員会議を初めて公開したそうだ。シュタイナー学校やシュタイナーの思想については、古くは子安美知子の『ミュンヘンの小学生』や子安文の『私のミュンヘン日記』などで読み、その後もときどき関連書を読んでいた。シュタイナー学校のことが書いてあるとは思わずに買ったので、ひさびさに読んだかんじだ。
 シュタイナーの思想は神がかり風なところもあり、名前からして神秘学とアヤしい。が、その教育思想や学校は、「バカの行く学校」だの「勉強を教えない学校」だの言われながらも、支持層がそれなりにあるようだ。日本の文部省は認可しない学校であるが、各地でシュタイナー学校をつくろうという動きもいくつかあるし、横川の本にもこんなことが書いてある。
▽シュタイナー教育についての理解が日本でも広がるにつれ、シュタイナー校に入れたいという親の問いあわせや、毎月開く「出会いの会」への参加者も増えている。
 「ともすれば子どもをシュタイナー校に入れさえすれば親は安心してしまいがちですが、親もそれまで培ってきた価値観や意識を積極的に変えていく努力をしていかなければなりません」と、竹田さん[東京シュタイナーシューレ設立以来音楽の専科を担当してきた先生]は親の意識改革が必要だと訴える。(73-74ページ)

 この横川の本、第2部の保育所の話にしても、第3部の競争から共生へというところにしても、大人や親の意識改革ということが地下水脈として流れている。
 大阪のアトム保育所の保母・市原さんはこう言う。
▽「いまの大人は子どもがあこがれるような大人になっていない。大人じゃない大人が保母となり、親になっているのが現実です。だから毎日、人間関係で悩んだり、四苦八苦している。年齢を重ねたから大人になれるのでも、子どもを産んだから親になれるのでもない。大人になりきれていない自分を自覚し、受けいれながら、大人自身が人間的に成長しようと努力をすることが必要だと、ますます思うようになりました」(105-106ページ)

 

対話からそだつ

 今日も朝から事務作業が続き、かなり疲れる。合間にK女子大の先輩からあちらの「個人情報の扱い」の件で、数度の電話。けっこうな長話(トータルで1時間余り)でちょっと疲労。これまで非常勤に行ってた人でぶりぶり文句をたれた奴は初めてだったらしいが、あちらにとっては「こういっちゃ悪いけど、いい機会だった」そうで、私がぶりぶり言ったためもあるのか、正式に「非常勤講師は職員録へ掲載しない」ことに決定したと聞く。夕方には人事課長からも直々に電話があった。「たまたま私も職員録に載せているらしいと知ったからいろいろ申し上げましたけれども、たまたま知っただけで、知らなかったらいつの間にか私の自宅住所なども勝手にそちらの職員録に載ってたということではないんでしょうか。聞いてねえよって思いますよ、やはり。載せるとか載せてもいいかというレベルが全くないんですから、こっちが載せてもいいとか載せないでくれという希望を言う以前の問題でなんじゃないでしょうか」などと申し上げる。教務のほうからM社へ自宅住所などが流れたらしい件については真相不明。先輩から又聞きしたところでは「M社との信頼関係で」とかなんとか言ってるらしい。怪しい。

 昼にひきとってきた本は3冊。そのうち上野千鶴子の『サヨナラ、学校化社会』(太郎次郎社、2002年)を昼ご飯を食べながらチラチラ読む。私のヘンケンとは思うが、“太郎次郎社”ぽくない装幀がイイ。おばはん顔になった上野千鶴子が羽根つけて「もおええわ」と飛んでるのが表紙だ。いいセンスだ。この本、笑えるし、ブラックなところもあるし、ぐっとくるところもある。
 私がぐっときたところ。
▽ひとつだいじなことは、どんなアイデアもモノローグの世界からはぜったいに拡がらない、対話のなかからしかアイデアは育たない、ということです。自分のアイデアを聞いてくれる質の高い聴衆をもつということは、仕事をする人や研究者には--ほんとうはどんな仕事をする人にとっても、ぜったいに不可欠なことです。(151ページ)

 阪神-広島戦を見ながら、また焼き焼きとビール。アリアスの動きがおもしろすぎる。とってとられてが続いたあとに阪神がががっと得点して、結果的には“圧勝”。

疲労感

 今日は朝から事務仕事が続く。5月に実施する行事や教職科目の履修ガイダンスのための依頼文書やら掲示物やら案内文書やら、、、。その合間に電話応対や発送作業。文書の確認をするため1階へ降り、4階へ上がり、あっちへコピーに行き、こっちへ封筒を出しに行き、、、、、。書いてしまいたい原稿があったのだが、全く手を出せず。
 ああもう後は明日にしよ、と帰りがけ、猛烈な疲労感。クルマの運転もちょっとやばいかなというダルダル状態。あー疲れた、うー疲れた、うきーー疲れた、もう今日はほんとにツカレター。ぶつぶつと言いながら、晩ご飯を待つ。この数日、寝るのが遅かったのが響いているようだ。アーーー疲れた。

 同居人が買ってきた「週刊マガジン」などをぱらぱらとやって、もう布団に入ってごろごろしてやるー。昨晩は本読み風呂のあと、結局酒井順子を読んでしまった。今晩はなにを読もうかな、と。

 昨晩はもう蚊がとんでいた。こういう場合はたいてい私の耳元でプィ~ンとうるさく眠れないものなのだが、昨日はアルコール摂取量と汗かき具合の違いか、同居人の枕元でプィ~ンと飛んでいたらしい。おかげで私は安眠。しかし、もう蚊が出てくるとは早すぎる。

成分献血・私らしい葬式(III)

 昨日の「クローズアップ現代」では「私らしいお葬式」という話、今朝の「生活ほっとモーニング」では「伴侶をなくしたとき」という話だった。みまかりネタの連発だ。昨日のは、お仕着せでないとか慣習にとらわれない“私らしい”葬式というのが前面に押し出された構成になっていた。今朝のは、同じ立場の人と語り合って、復活!というような話だった。

 「まおさん、どんな葬式がいい?」「そうやねえ、、、キミの葬式は?」「酒池肉林」「それは、酒池肉林にしてくれたまえっておカネぽんと置いて死んでいくのか?」「いやそれは、集う人たちで」「葬式ってのこった人間のためのものやもんなー」
 同居人は、「“私らしい”葬式とはいうけど、葬式はしません、にはならへんねんなあ」と言っている。そのへんがまだ結婚式とは違うのかもしれない。しかし、“私らしい”がキーワードになっているあたり、葬式も結婚式風になっていくのかもしれない。

 この10年ほどのあいだに「身内」では3度の葬式。やりかたはいろいろだったが、やはり最初の「喪の作業」かもしれんなあと思う。そこからいうと、“私らしい”葬式というのも、送る側の負担にならない程度、という気がする。

成分献血・私らしい葬式(II)

 問診をうけて、血圧測って、血液比重をみて、条件はOK。テレビ付きの(成分献血は、血を採って→成分を分離して→戻すものは戻す、という作業を何度か繰り返すので時間がかかる)台に横になり、ちっくり針を刺される。あとは、ぎゅうぎゅう腕を締め上げられての採血→でれっとして分離した後の赤血球などを戻す、を数度繰り返す。とくに気になるのは「戻す」ところだ。液漏れが案じられる。腕が腫れ上がったらちょっとつらいな。まあでも初めてやしな。テレビを見ながら、ちょっと看護婦さんと世間話などしつつ、思っていたよりはやく(1時間弱で)終了した。赤血球は戻すという方式だからか、くらくらっとすることもないし、心配していた「戻す」ほうもうまくいって、カラダは楽である。すんでから、ジュースをもらう。

 献血ルームを出たら、目の前を空いたバスが走っていった。もう修学旅行生も宿に戻ったか、と思い、バス停で次のバスを待っていた。すると何だかものすごい込みようのバスがやってきた。(さっきのバスはあんなに空いてたのになんでこんなに込んでるんじゃ)と思いながら無理からステップにもぐりこむと、修学旅行生とおぼしき制服の群でぎゅうぎゅうである。停留所にしたら4つくらい、歩けない距離ではないが、献血もしたし、仕事の後やし、歩くのもナー。

 帰ってきたらやはり疲れた。今日は「世代別にみた労働力率のM字型グラフ」を読みとり、世代間の「Mの谷の切れ込み具合、その変動」について、グループで「どう説明できるか」を話し合うかたちをとってみた。昭和1桁生まれから、若いほうは私の同世代まで、「どの世代もM字になっているのには驚き」とか「自分ひとりでは思いつかないような考えを、友達から聞くことができた」とか、私もなかなかおもしろかった。

 授業のあと、閲覧証をゲットしたK女子大図書館で何冊か文庫本を借りる。ウトウトしながら、晩ご飯のあとに借りてきた泉麻人の『コラムダス』(新潮文庫、1997年)をぱらぱらっと読んでみる。本読み風呂では酒井順子の『おかげさま』(新潮文庫、1992年)を途中まで読んでみる。 

 今日はだらだらとグリル焼きした野菜などをつまみながらビール、こないだべてるの家から買った「さけくん(鮭の薫製)」をあぶって泡盛(同居人両親の石垣島土産)、鰹のたたき(初鰹!)でご飯、というような晩飯。ほどよくアルコールが入って眠い。

成分献血・私らしい葬式(I)

 K女子大への出稼ぎ日。修学旅行シーズンとあって、市バス付近にはこのクソ暑いのにセーラー服や詰め襟姿の「修学旅行生」が群がっていて、バスが超満員。K女子大へ向かうのに、行きは駅が始発で何とか乗れたが、帰りはすでにステップまでぎゅうぎゅうのバスがやってきて、乗るに乗れない状態。あまりの込みように、バス停近くの献血ルームへ入って、ひさびさに献血をすることにした。
 献血はかなりやっているのだが、これまで200mlか400mlの全血献血しかしたことがなかった。献血に行くと、暇そうに見えるのか「お時間ありますか」と聞かれるので「はいはい」と答えると「成分献血はいかがですか」と勧められる。しかし、両腕を見せて、血管の見え具合を確認されると、「ちょっと細いんで、やめておきましょう、戻すときに液漏れするおそれもありますし」などと言って、断られるのである。
 献血マニアとしては、いちどあの成分献血(血液のなかから血漿や血小板だけとりだして、赤血球などは戻すという仕組みの献血)をしてみたかった。しかし、液漏れはこわい。腕が腫れ上がったり、青じんだりするという。献血ではないが、点滴の液漏れ経験では、針を刺していた近くだった手首が腫れ上がったことがある。血を採るだけなら針が刺さっていればいいらしいが、戻すとなると血管にずぶりとしっかり針が入っていないとまずいらしい。そういう作業をするには私の血管は細くて不向きだ、という風に「いかがですか」と勧められるたびに、説明されて断られていた。

 今日も「どうですか」と勧められて、「このあと時間はありますし、採れるんなら成分でも全血でもなんでもいいんですけど、これまでいつも血管見て、やめときましょうと言われ続けてるんで」と述べた。すると奥から看護婦さんが出てきて、両腕の血管をしげしげと観察、ちょっとさすってみたりして、「いけると思いますけどお」と言ってくれるのだ。「いや、できるんなら、いちどしてみたかったんで、ええ、はい、いくらでも」。

初夏の陽気

 昨日とうってかわって晴天。暑いくらいの陽差し。
 午前中のあいだに、先日の盗難さわぎでエライ目にあった机を入れ替えてもらった。これまで袖無しの机だったが、一回り広くなり、鍵付きの袖引き出しがついたものになった。
 明日の授業をどないしょうと思案しながら、「女性労働白書」や「婦人労働の実情」を繰ってみたり、落合恵美子の『21世紀家族へ[新版]』(有斐閣、1994年)を久方ぶりにとりだしてみたり、天野正子と桜井厚の『「モノと女」の戦後史』(有信堂、1992年)を読んでみたり、、、、していた。
 先週の授業後に書いてもらったコメントを読んでみる。なかなかおもしろい。(そうか、こういう説明のしかたもあるなあ)とベンキョウになるのもある。気合いを入れて、こちらも赤でコメントを書いてみる。「女子大だから、“女性”をテーマにした授業がたくさんある」と書いていた子もいた。そうなのか、女子大だと“女性”がテーマになるのか、、、。「女子大だから、【女性と】教育なんじゃないでしょうか」というコメントもあった。なるほど。さらには、「女性【と教育】」という方向もあるよなあ、そういえば、と思わせてくれるコメントもあって、刺激的だ。

 帰宅。私が帰るコールをするまで、同居人はパソコンの前でニヤニヤしていたらしく、やや貧相な晩ご飯。買い物にも出ていないというので(この天気のいい日に何をしていたのか)、食後かるく買い物に。戻って、「私の青空2002」。アタリマエの前で、太陽が突っ張っている。

 『「モノと女」の戦後史』を最初から読み直す。トイレ話は、酒井順子の観察力もやはり秀逸だ、と思う。

雨・酒池肉林

 昨晩からの続きで、朝からしとしと雨が降っていた。今日は結局いちにちうちで過ごした。火曜の授業はどんなふうにしようかと思いながら、斎藤美奈子の『モダンガール論』を読み、これも何年ぶりかに鹿野政直・堀場清子の『祖母・母・娘の時代』(岩波ジュニア新書、1985年)を読む。さすがに『祖母・母・娘の時代』は古さを感じるところもある。

 不規則に、お腹が減っては食べていた。夕方になってお腹が減ったので、グリルでつくる「ガーリックライス」をやってみた。調子に乗ってご飯の量を多くしたせいか、どうもうまく加熱されず、「ニンニクの刻み方が大きすぎる」と同居人に文句を言われる。私も残してしまい、8時をすぎてまたお腹が減ったので、フライパンでネギも入れて炒めてから食べた。

 K女子大で先週とったアンケートをぱらぱらと眺めてみる。同居人案で入れておいた「あなたにとって幸せとは?」「あなたにとっての幸せを実現するためには?」を、同居人がおもしろがって読んでいる。「家族」「愛する人」とかいう答えが多い。カネにまつわることがほとんど出てこないのは、そんなもんなのか。同居人にたずねてみる。「あなたにとって幸せとは?」「酒池肉林」「それを実現するためには?」「おかね」。 
 
 
プロフィール
 
 

乱読ぴょん

Author:乱読ぴょん
    乱読ブログバナー
本ネタのミニコミ誌『ブックマーク』を編集発行しています(1990年9月創刊~ 昔は隔月発行でしたが、今は年2回発行で、現在87号)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2014年4月(313号)より「本の道草」を連載中(現在、第39回)。

月刊誌『ヒューマンライツ』で、2004年3月(192号)より2014年3月(312号)まで、本ネタ「頭のフタを開けたりしめたり」を連載(全119回、連載終了)。

『くらしと教育をつなぐWe』誌で、1999年4月(71号)より2014年2月(188号)まで、本ネタ「乱読大魔王日記」を連載(全118回、連載終了)。

amazonへリンク

 
 
最新記事
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
Google検索
 
 


WWW検索
ブログ内検索
Google
 
 
本棚
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
 
月別アーカイブ